HEADLINE

ニュース

『アグリー・ベディ』マイケル・ユーリー、ミュージカル『Shows For Days』に出演決定!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マイケル・ユーリー

アカ抜けないジャーナリスト志望のベティが、ファッション出版業界で奮闘する姿を描く大人気コメディドラマ『アグリー・ベディ』。本作で、ちょっと意地悪だけど憎めない同僚マーク役を演じたマイケル・ユーリーが、ブロードウェイの大スター、パティ・ルポーンとミュージカル『Shows For Days』で共演することがわかった。

関連記事:演劇ファンなら、海外ミュージカル情報は日本上陸前にチェック!エンタステージがお手伝いします!

米BROADWAY.COMによると、『Shows For Days』でマイケルが演じるのは、ペンシルバニア州レディングのプロメテウス劇場で、演劇と出会う14歳の少年カー。劇場を切り盛りし、演出と舞台デザイン、出演を兼ねて演劇に打ち込む女性アイリーンにパティが扮し、アイリーンと少年の触れ合いが描かれる作品だ。『アグリー・ベディ』で、マークの母親役としてゲスト出演したパティとマイケルは共演済みなのもあり、息の合った舞台が期待できそうだ。すでに34歳のマイケルが、どのように14歳の少年を演じるのかも見どころだ。

マイケルは、オフ&オンブロードウェイで数多くの作品に出演しており、一番最近では、オフ・ブロードウェイの『Alex in Buyer and Cellar』の舞台を踏み、『The Cherry Orchard』『エンジェルス・イン・アメリカ』などにも出演。ブロードウェイでも『ハウ・トゥー・サクシード』にクレジットされている。ちなみにマイケルが共演するパティは、1979年にブロードウェイで『エビータ』が上演された際、主役のエビータ役を演じ、トニー賞ミュージカル主演女優賞に輝いている。その後も『ジプシー』『レ・ミゼラブル』『エニシング・ゴーズ』『サンセット大通り』(※2015年7月4日(土)から赤坂ACTシアターにて上演!)など、日本にも上陸している数々の名作に出演した名女優である。

劇作家ダグラス・カーター・ビーンによる半自叙伝的ストーリー『Shows For Days』は、ミツィー・E•ニューハウス劇場にて6月6日(土)よりプレビュー公演が始まり、6月29日(月)から本公演が開幕する予定。本作はジェリー・ザックスの演出で、リンカーン・センター・シアターによって製作される。

(文/エンタステージ編集部)

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP