HEADLINE

ニュース

『キャシーのbig C』ローラ・リニー、舞台『Switzerland』に出演決定!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ローラ・リニー

癌を宣告されながらも、明るくめげずに生きるキャシーの姿を描く人気海外ドラマ『キャシーのbig C いま私にできること』で、主役を演じたローラ・リニー。ロサンゼルスで上演される舞台『Switzerland』に、ローラが出演することが明らかとなった。米BROADWAY.COMが報じている。本作でローラが演じるのは、サスペンス小説「太陽がいっぱい」の作者として知られるパトリシア・ハイスミス役だ。

関連記事:海外ドラマで有名なあの人も、ブロードウェイやウェストエンドで活躍中!その一部をエンタステージでチェック!

『Switzerland』の主人公パトリシアが住むスイスの自宅に、ある日ニューヨークから来たというエドワード・リッジウェイと名乗る若い編集者が訪れる。彼の使命は、パトリシアに「太陽がいっぱい」の主役トム・リプリーをシリーズとした作品の完結編を書かせることだった…。パトリシア本人を思わせるドライなユーモアと死を予感させるストーリー展開の中で、二人の緊張感漂う関係が描かれる。若く魅力的なエドワード役には、『グッド・ワイフ』シーズン4にゲスト出演した新進イケメン俳優セス・ニュームリックがキャスティングされている。

ローラは、2002年に舞台『るつぼ』、そして2005年の『Sight Unseen』、2010年には『Time Stands Still』の演技で、トニー賞演劇部門主演女優賞にノミネート。また、映画『ユー・キャン・カウント・オン・ミー』と『愛についてのキンゼイ・レポート』『マイ・ライフ、マイ・ファミリー』(いずれも日本では劇場未公開。DVDで販売・レンタル中)の演技で、アカデミー賞主演女優賞にノミネートされた演技賞の常連だ。いっぽうのセスは、舞台『Golden Boy』と『ヴェニスの商人』でブロードウェイの舞台を踏んでいる。

劇作家ジョアンナ・マリー=スミスによる『Switzerland』は、ロサンゼルスのゲフィン・プレイハウスにて、3月6日(金)からプレビュー公演が始まり、3月13日(金)から開幕する本公演は4月19日(日)まで上演される。ローラが出演する『キャシーのbig C いま私にできること』は、動画配信サービスHuluでシーズン1が、U-NEXTではシーズン1から4を配信中。

Photo:ローラ・リニー
(c)Ima Kuroda/www.HollywoodNewsWire.net

(文/エンタステージ編集部)

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP