HEADLINE

ニュース

尾野真千子主演!WOWOWシナリオ大賞受賞作「十月十日の進化論」がドラマ化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

尾野真千子「十月十日の進化論」

優れたシナリオ作品の発掘、脚本家の育成、そして受賞作品の映像化を目的に創設されたWOWOWシナリオ大賞。第7回の受賞作となった、栄弥生の脚本「十月十日(とつきとおか)の進化論」がドラマ化される。主演は、実力派女優の尾野真千子。『ドラマWスペシャル パンドラ~永遠の命~』で快活なジャーナリストを演じた彼女が、今度は不器用で偏屈な昆虫分類学博士の役に挑む。

関連記事:WOWOWはステージ放送はもちろん、舞台出身の俳優・女優が多数オリジナルドラマに出演しているんです!気になる方はぜひチェックを。

東京で独身生活を送る昆虫分類学博士・小林鈴(尾野)は、ある日突然勤めていた大学を解雇される。研究分野の狭さと偏屈な性格が災いしたのだ。その夜、鈴は、訳あって同じ戸籍には入っていない実父・中村保(でんでん)が営む喫茶店で昔の恋人・安藤武(田中圭)と再会する。武は、酔いつぶれた鈴を家まで送っていくことに。果たして、二人は酔った勢いで一夜をともにし、それから約5週間後、鈴の妊娠が発覚する。人間は胎児の間の十月十日で生命30数億年の進化を再現するという神秘を書物から知り、産む決意を固めていく鈴。だが、武には子どものことを切り出せない。ようやく決まった仕事も思うようにいかず、ふてくされる日が続く中、母親・小林文子(りりィ)が実家から上京してくることに。そこで妊娠がばれるが、子どもをひとりで産み育てる気持ちに変わりはない鈴。その意固地なまでの想いの裏には、ある秘められた過去があった。

監督を務めるのは、映画『箱入り息子の恋』『無防備』を手掛けた市井昌秀。今、最も将来を嘱望されている若手監督の彼が、WOWOWで初めてテレビドラマを手がける点にも注目したい。そして本作は、主人公が生き物の進化の過程を想像するシーンを、新進気鋭の映像作家・加藤隆のアニメーションで表現するほか、自然案内の専門家“プロ・ナチュラリスト”の佐々木洋が昆虫監修を手がけるなど、新しい試みに挑戦している。音楽を手掛けるのは、サニーデイ・サービスの曽我部恵一。温かな世界観で包み込む。

出演は、尾野真千子、田中圭、でんでん、りりィ/佐々木すみ江、斉木しげる、佐藤仁美、嶋田久作、志賀廣太郎 ほか。

『第7回WOWOWシナリオ大賞受賞作 ドラマW 十月十日の進化論』は、WOWOWプライムにて3月28日(土)22:00放送。

(文/エンタステージ編集部)

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP