エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

リンジー・ローハン「『キャバレー』のような作品のオーディションを受けたい!」

ロンドンのウエストエンドで上演され、11月29日(土)に閉幕した舞台『Speed‐the‐Plow』に出演していたリンジー・ローハン。本作での演技が好評を博したリンジーだが、次はブロードウェイ進出を狙っているようだ。米In Touch Weeklyが伝えている。これに絡んでいるのが人気TV番組の司会者兼プロデューサーのオプラ・ウィンフリーとのこと。

関連記事:ロンドンのウエストエンド関連のステージ情報はエンタステージでチェックを!

情報筋が同サイトに語ったところによると、オプラが所有するTVネットワークOWN局で、リンジーの日常を追ったリアリティ番組『Lindsay』が放送されて以来、二人は親しい間柄にある。リンジーが困った時に、何かと救いの手を差し伸べてくれる存在がオプラなのだ。そんなオプラが、先日舞台化できそうな小説数冊の権利を買い取ったのだが、いずれ彼女が舞台化するだろう作品に、自分をキャスティングするようにと、リンジーはオプラに頼み込んでいるのだという。舞台出演が無理なら『キャバレー』のような作品のオーディションを手配してくれることも期待しているそうだ。実のところ『Speed‐the‐Plow』への出演も、オプラが一役買って出たことで実現しているのだ。

米劇作家デヴィッド・マメットによる『Speed‐the‐Plow』で、舞台デビューを飾ったリンジー。本作で、ハリウッドの映画会社の重役秘書カレンに扮したリンジーの演技は、批評家から高い評価を得ている。果たしてリンジーがブロードウェイデビューできるのか、今後の展開に注目したい。

(文/エンタステージ編集部)

この記事の画像一覧(全0枚)

関連タグ

関連記事

トップへ戻る