HEADLINE

ニュース

松たか子×長塚圭史×首藤康之×近藤良平がラジオドラマに出演!『音のいない世界で』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

松たか子、長塚圭史、首藤康之、近藤良平『音のいない世界で』

劇作家・演出家の長塚圭史が脚本・出演するラジオドラマ『三菱UFJモルガン・スタンレー証券presents 音のいない世界で』が、12月28日(日)19:00~19:55 TOKYO FMで放送される。このラジオドラマは、昨冬、新国立劇場で上演された同タイトルの舞台を、長塚圭史がラジオドラマとして新たに脚本を書下ろしたもの。長塚圭史がラジオドラマの脚本を手掛けるのはこれが初となる。

関連記事:長塚圭史演出の舞台情報はエンタステージで検索を!

大切なカバンを盗まれてしまったために「音」を失ってしまったセイ(松)と、カバンを取り戻すために旅へ出たセイを追う旦那さん(首藤)が、季節をめぐって不思議な旅をする一夜の物語。旅の途中で出会う人々を舞台版と同じく、女優・松たか子、長塚圭史、バレエ・ダンサーの首藤康之、ダンス集団「コンドルズ」の近藤良平の4人が交互に演じる。

舞台をラジオドラマ化するにあたり、新たに脚本を書下ろした長塚圭史は「舞台とラジオは全く違う。イメージが広がる言葉を選んだり、あえてカタい言葉を入れたり…新しい“音の世界”を立ち上げていくつもりで書いた」とコメント。収録は、気心の知れた4人が、アイデアを出し合い、試行錯誤をしながら進んだという。「子どもの頃、友だちとお話を作ってカセットに録音したのを思い出した」という長塚。「音の世界であるラジオで、音のいない世界へ堕ちて行く夫婦を描く。ラジオ的にはなかなか珍しい世界観が、聴く人にどう届くか楽しみ」と語っている。

さらにこのラジオドラマを締めくくるのは、長塚圭史作詞・佐橋佳幸編曲の主題歌「記憶(とき)のうた」。キャスト全員で、今回、新たに収録されている。

演劇界・ダンス界の実力派キャストの貴重な歌声も楽しめるラジオドラマ 『三菱UFJモルガン・スタンレー証券 presents 音のいない世界で』は、以下の局で放送される。

TOKYO FM 12月28日(日)19:00~19:55、
AIR-G'(FM北海道) 12月31日(水)20:00~20:55
Date fm (エフエム仙台) 12月28日(日)20:00~20:55
FM AICHI 12月30日(火)19:00~19:55
FM OSAKA 12月29日(月) 18:55~19:50
広島FM 12月30日(火)18:00~18:55、
FM FUKUOKA 12月28日(日)20:00~20:55

(文/エンタステージ編集部)

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP