HEADLINE

ニュース

相武紗季が官能的なシーンに挑む!連続ドラマW『硝子の葦 ~garasu no ashi~』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『硝子の葦 ~garasu no ashi~』相武紗季

直木賞作家・桜木紫乃のミステリー小説『硝子の葦(がらすのあし)』がWOWOWでドラマ化されることとなった。桜木作品の映像化は今回が初めてで、エロスに対し独自の視点から綴られる作風が多くの女性の支持を得ているが、本作も女性の業と情念から生まれる犯罪を性愛シーンを絡めながら巧みに描いている。この作品に主演として挑戦するのが女優・相武紗季だ。

関連記事:WOWOWで放送される番組は、他とはちょっと違う切り口の作品ばかり!その一部をエンタステージでチェック!

釧路湿原を臨むラブホテル「ホテルローヤル」のオーナーの妻・幸田節子(相武)は、親子ほど年齢が離れた夫・喜一郎と朝食をとっていた。節子の趣味は短歌。喜一郎は自らの勧めで節子が出版した歌集「硝子の葦」に収録されたお気に入りの歌を一首口ずさむ。その歌には、節子の虚無感と退屈、一方で心の奥底に流れる激情がすべて込められているように喜一郎は感じていた。

その日の午後、不倫相手の顧問税理士・澤木昌弘とベッドをともにしていた節子のもとに、警察から喜一郎が運転する車が事故に遭ったという知らせが届く。医師によると、脳の損傷がひどく意識が回復する見込みはないという。そこへ実母・藤島律子がやってきた。奔放な性格の律子は実は喜一郎の元愛人。幼少期に虐待をうけて育った節子は律子を激しく憎悪している。病院で律子から罵声を浴びせられた節子は――。

監督は、映画『しあわせのパン』『ぶどうのなみだ』など、人の「再生」を描いた作品で高い評価を得ている三島有紀子。脚本は「恋愛ニート~忘れた恋のはじめ方~」等で知られる永田優子。女性クリエーター陣によって桜木の世界がどう具現化されていくか、大きな見どころのひとつだ。

主演を務める相武は、NHK連続テレビ小説『マッサン』で主人公の敵役の演技が話題を呼んでいる。夫は実母の元愛人で、元雇用主とも不倫関係にあり、誘拐事件を起こした上、焼身自殺を図る…というあまりに複雑な境遇のヒロインをどのように演じるのか。本作の出演について相武は、「一番衝撃的なのはラブシーンであったり、人を殺すシーンだったりだと思います。こういう役をやったことは本当になかったので、内容がショッキングなことはもちろん、節子という役を私が演じているということでも視聴者の皆さんにいろんな驚きを感じてもらえるんじゃないかと思います」とコメントしている。官能的なシーンにもひるむことなく臨む相武のこれまでのイメージを覆す新たな挑戦にも注目だ。

連続ドラマW『硝子の葦 ~garasu no ashi~』は、WOWOWプライムにて2015年2月21日(土)スタート。毎週土曜22:00から放送。(全4話・第1話無料放送)

(文/エンタステージ編集部)

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP