エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

花組芝居・加納幸和と田中真弓が声の出演!『世襲戦隊カゾクマン』

『世襲戦隊カゾクマン』

12月19日(金)から東京・赤坂レッドシアターにて上演される第一回お茶の間サミット『世襲戦隊 カゾクマン』。本作に劇団「花組芝居」主宰であり、俳優・脚本・演出と活躍する加納幸和と、アニメ『ONE PIECE』シリーズのモンキー・D・ルフィ役をはじめ数々の人気キャラを担当する田中真弓が声の出演をする。

関連記事:『世襲戦隊カゾクマン』とはこんな作品だ!エンタステージで検索!

“ゴレンジャー”が家族として存在していたら…ヒーローは本当は先代からの世襲制度に従って、仕方なくヒーローとして働いているのだとしたら…本作は、そんな構想から生まれた作品である。出演は山口良一(東京ヴォードヴィルショー)、熊谷真実、芋洗坂係長、西山水木、岡田達也(演劇集団キャラメルボックス)、曽世海司(スタジオライフ)、上田桃子(文学座)、梨澤慧以子(張ち切れパンダ)。本日よりスタートする埼玉・志木市民会館でのプレビュー公演を皮切りに、新潟、栃木公演を経て、赤坂レッドシアターにて12月19日から12月28日(日)まで上演される。

エンタステージでは、本公演の出演者にインタビューを敢行。後ほどたっぷりお届けします!

(文/エンタステージ編集部)

この記事の画像一覧(全1枚)

  • 『世襲戦隊カゾクマン』

関連タグ

関連記事

トップへ戻る