エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

『ヴェローナの二紳士』プロテュース役・西川貴教にインタビュー

西川貴教

シェイクスピアの初期の喜劇をミュージカル化した『ヴェローナの二紳士』が、宮本亜門の演出により12月7日(日)から東京・日生劇場で上演される。ポップスやロック調の音楽に加え、ラテンミュージックの要素が足されたカーニバルのような本作で主演を務める西川貴教に話を聞いた。

『ヴェローナの二紳士』製作発表会見の模様を動画でお楽しみください!

「稽古場全体が亜門さんの熱量に引っ張られているところもある」と語る西川。初の宮本亜門演出参加で、様々な刺激をうけているようだ。

インタビューでは、『ヴェローナの二紳士』という物語と物語の軸となるプロテュースという男について、演じる側として想うこと、さらにはこれまで西川が出演した舞台の中で、自身を大きく変えた作品についても話が及んでいる。

このインタビューの模様を、本日公開!詳しく読みたい方はこちらからどうぞ!

(文/エンタステージ編集部)

ヴェローナの二紳士

作品情報ヴェローナの二紳士

イタリア・ヴェローナとミラノをまたぎ、“恋”に翻弄される若者たちの運命はいかに!?

  • 公演:
  • キャスト:西川貴教、堂珍嘉邦、島袋寛子、霧矢大夢、武田真治、斉藤暁、ほか

この記事の画像一覧(全1枚)

  • 西川貴教

関連タグ

関連記事

トップへ戻る