HEADLINE

ニュース

トニー賞&グラミー賞受賞作品『Once ダブリンの街角で』上演中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『Once ダブリンの街角で』

2012年にはトニー賞で8部門を受賞、2013年にはグラミー賞でベスト・ミュージカル・シアター・アルバム賞、そして2014年にはローレンス・オリヴィエ賞で部門を受賞し、各界が大絶賛するブロードウェイミュージカル『Once ダブリンの街角で』が日本初上陸!東京・EXシアター六本木にて、開業1周年企画として上演真っ最中だ。

ブロードウェイミュージカルの迫力を体感してほしい!こちらの作品もオススメします!

『Once』は低予算の製作費、短期間の撮影という条件で製作されたにも関わらず、口コミで人気が広がり、世界で約20億円の興行収入の大ヒットを記録した同名の映画をもとにしたミュージカル作品。映画版ではアイルランドの人気バンド“ザ・フレイムス”のフロントマン、グレン・ハンサードが主人公を演じ、同バンドの元ベーシストでもあるジョン・カーニーが監督を務めている。また、本作のメインともいえる楽曲“Falling Slowly”は、主演のグレンとヒロイン役を務めたチェコ人のシンガーソングライター、マルケタ・イルグロヴァが作曲作詞を務め、2007年度アカデミー賞歌曲賞も受賞している。

舞台はアイルランドの首都ダブリン。音楽への夢、そして愛することを諦めたアイルランド人のストリート・ミュージシャンでの男と、楽器店でピアノを弾くことを楽しみにしているチェコ移民の女が、偶然ダブリンの街角で出会う。二人は音楽を通して心を通わせ、男は再び夢を抱くようになるが…。甘く切ない恋愛ストーリーや作曲・レコーディングといった音楽が作られていく過程を、美しい楽曲を通じて描き出した作品だ。

Once

ミュージカル版で舞台に用意されたセットは、アイリッシュバーカウンターが一つ。オーケストラやバンドではなく、出演者がギターやピアノ、バイオリンといった楽器を演奏しながら歌やダンスを披露する。さらに、開演前には、舞台上にあがり実際にバーで飲み物を買うこともできるようになっている。観客が飲み物を楽しんでいるうちに、キャストの生演奏が始まり、自然に舞台が始まるという、まさに身も心も本作の世界観に浸ることができそうな演出だ。

Once

ブロードウェイミュージカル『Once(ワンス) ダブリンの街角で』は、12月14日(日)まで、東京・EX シアター六本木にて公演。

ONCE Tour Company(c)Joan Marcus

(文/エンタステージ編集部)

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP