HEADLINE

ニュース

元“宝塚の妖精”涼風真世が23年ぶりにオスカルを演じる!?「チャンネル5.5」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

涼風真世『ベルサイユのばら』

バランス栄養食「カロリーメイト」×FROGMAN(『秘密結社 鷹の爪』)によるパロディアニメシリーズ「チャンネル5.5」が、11月17日(月)よりシーズン4へ突入した。今回のコラボタイトルは不朽の名作『ベルサイユのばら』。主人公オスカル・フランソワ・ド・ジャルジェを務めるのは、元宝塚歌劇のトップスター・涼風真世。宝塚版『ベルばら』から実に23年ぶりに、オスカルを演じることとなった。

宝塚OGの活躍は連日記事になっていますね!ここで最近の情報を確認してください!

前述のとおり、アニメーション、しかもパロディ作品でオスカルを演じることになった涼風。「とっても楽しみにしていました。私はいつも『さまざまな役柄にチャレンジしたい!』
『枠にとらわれずに演じてみたい!』と思っているので、新しいオスカルにチャレンジできることにワクワクしました。今は誰よりも早く、完成した映像を見てみたいです」と語る。

宝塚プルミエール

これまで声の出演では、『るろうに剣心』の緋村剣心役として人気を博している涼風だが、舞台での演技と声優としての演技の違いについては、「舞台では、私自身が役柄を演じるのですが、声優の仕事は“声”のみで演じなくてはなりません。声を通してその人物の想いを伝える、“声に魂を吹き込む”ことが声優の仕事だと考えています。パロディ版『ベルサイユのばら』第2話では、オスカルがとんでもない姿になっているそうなのですが、オスカルとして「オスカルの心」を演じてみました」と苦笑まじりにコメント。

涼風真世といえば『るろうに剣心』…ということで、佐藤健の記事もいかがですか?

なお、王妃マリー・アントワネット役にはTVアニメ『アルドノア・ゼロ』のアセイラムや、『七つの大罪』のエリザベスなど、近年“姫役”で大人気の声優雨宮天さんが起用された。「これまでやったことがないくらい、ノリノリで演じました」と語るマリーの弾けた演技も注目してほしい。

宝塚プルミエール

チャンネル5.5版『ベルサイユのばら』第1話「ベルサイユのマリモ」は、 本日よりYouTube公式チャンネルで公開。また、変人揃いの零細テレビ局「チャンネル5.5」がいかにして超人気作のリメイク化権を得たかを描いたプロローグ動画も同日公開されている。

宝塚プルミエール

(文/エンタステージ編集部)

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP