HEADLINE

ニュース

いしいしんじ原作『麦ふみクーツェ』、渡部豪太主演で初の舞台化!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『麦ふみクーツェ』渡部豪太、皆本麻帆

2005年にスタートした大阪・シアターBRAVA!が、2015年に10周年を迎える。10周年記念シリーズの一つとして、劇場プロデュースにより、2003年に坪田譲治文学賞を受賞したいしいしんじの作品をもとにした、「つながる音楽劇『麦ふみクーツェ』~everything is symphony!!~」が上演されることになった。また本作の主演を俳優・渡部豪太が務めることとなった。

渡部豪太といえば、先日までこちらの舞台に出演していました。「あなたがいたから私がいた」

物語の根幹をなすのが音楽。その音楽監督を務めるのはアーティストのトクマルシューゴ。ギターと玩具を主軸に無数の楽器を操り、レコーディングからミックスまで全てを一人でおこなっており、ニューズウィーク誌「世界が尊敬する日本人100人」にも選出されている。演出は、関西を中心に活躍するウォーリー木下。演劇と音楽やパフォーマンス、映像などを融合させた演出に定評があり、本作においても、観客も巻き込んだユニークな音楽劇に仕立てるという。本作のチラシには、「観客はそれぞれ、一人が一個ずつ、何か音の発するものを持参すること(ただしサイレンのみ禁止)」と記されており、実は観客もこの作品における重要な出演者となるのだ。どんな音楽と演出で舞台と観客がつながり、一体となるのか期待が高まる。

とある港町が舞台。心臓の音のように繰り返される「とん、たたん、とん」というクーツェの足踏みのリズムにのって、とびぬけて大きなからだをもつ少年ねこを軸にして、物語が紡がれていく。頑固なおじいさんと麦ふみ楽団のドラマチックな出会い、ねこの生い立ち、チェロ弾きの先生と少女みどり色との出会いに、ねことみどり色とのちょっとしたラブロマンス…指揮者になることをめざすねこの身にふりかかる、人生のでたらめな悲喜劇を表現していく。

出演は、渡部豪太、皆本麻帆、朴 璐美、植本潤、木戸邑弥、小松利昌、田中利花、松尾貴史/尾藤イサオほか。

シアターBRAVA!10周年記念シリーズ「つながる音楽劇『麦ふみクーツェ』~everything is symphony!!~」は、2015 年 4 月 10 日(金)~19 日(日)まで、世田谷パブリックシアターにて、2015 年 4 月 23 日(木)~26 日(日)まで、シアターBRAVA!にて上演される。

(文/エンタステージ編集部)

Sorry, no image.

作品情報麦ふみクーツェ

‟この世でおよそ打楽器でないものはない“-。ヘンテコな人々が織りなす音溢れる空間、響き合う至福の時。

  • 公演:
  • キャスト:渡部豪太、皆本麻帆、朴璐美、植本潤、木戸邑弥、小松利昌、田中利花、松尾貴史、尾藤イサオ、ほか

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP