HEADLINE

ニュース

キュートで切ないコメディ『シアワセでなくちゃいけないリユウ』2作、同時上演決定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

村井良大、植原卓也、吉川友、村川絵梨

ニール・ラビュートのブラック・ラブ・コメディ『シアワセでなくちゃいけないリユウ(原題:Reasons to be happy)』と『カワイクなくちゃいけないリユウ(原題:Reasons to be Pretty)』が、2015年1月22日(木)より東京・大阪にて、2作品同時上演されることとなった。今回初演の『シアワセでなくちゃいけないリユウ』は、2012年に上演された『カワイクなくちゃいけないリユウ』の続編。今回は新作上演にあわせて前編も再演となるスペシャル企画となる。

コメディの魅力に取りつかれたらもう引き返せません!劇場で存分に笑ってみませんか?

グレッグ、ケント、カーリー、ステッフ――登場人物は4人だけ。2組のカップルが繰り広げるおかしくて不思議な物語。若さゆえの勢いや切なさ、恋や友情のもろさなど、4人の赤裸々な本音のぶつかり合いと、そこから芽生える人間的な成長を描く。あの日別れてしまった2組のカップル、その3年後はどうなったのか?それぞれの道を歩み始めたように見えた4人だったが、そこにはおかしくて意外な展開が待ち受けていた――。

出演は前回同様、村井良大、植原卓也、吉川友、村川絵梨の4人。演出は、舞台『里見八犬伝』を手掛けた深作健太が務める。

2作品とも劇場にはセンターステージを特設し、前編同様、舞台の周囲は四方向全てが客席となる。1ミリも油断できないステージで展開するコメディを堪能してほしい。舞台『シアワセでなくちゃいけないリユウ』『カワイクなくちゃいけないリユウ』は、2015年1月22日(木)~2月1日(日)東京・新国立劇場 小劇場にて、2015年2月7日(土)~2月8日(日)大阪・松下IMPホールにて上演される。

(文/エンタステージ編集部)

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP