エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

『It's Only a Play』、ネイサン・レインの代打でマーティン・ショートが出演か!?

2015年1月4日に閉幕予定だった脚本家テレンス・マクナリーによるブロードウェイの舞台『It's Only a Play』。大ヒットミュージカル『プロデューサーズ』でコンビを組んだネイサン・レイン&マシュー・ブロデリックをはじめとするスター総出演の本作が、好評につき上演延長が検討されている。だが、スケジュールの関係でネイサンが降板し、“マーティン・ショート(『ダメージ』)が代打で出演するのでは?”と噂されている。

関連記事:ブロードウェイ発!この秋冬のステージをピックアップ!!<1>

『It's Only a Play』は、マシュー扮する劇作家ピーター・オースティンによる舞台の初公演日に、バックステージで起こる出来事が描かれる。米BROADWAY.COMによると、ネイサンはブルックリン・アカデミー・オブ・ミュージックにて、2015年2月2日(月)に開幕する舞台『The Iceman Cometh』に出演が決定している。よって『It's Only a Play』の上演が延長されると、こちらには出演不可能となってしまう。そこで白羽の矢が立ったのがマーティンのようだが、今のところ噂の段階にすぎないとのこと。1999年マーティンは『Little Me』の演技で、第53回トニー賞ミュージカル部門主演男優賞を受賞。このほか93年には、『The Goodbye Girl』で同賞にノミネートされており、ミュージカルの実力は実証済みだ。

そして『It's Only a Play』の残りの出演者、ルパート・グリント(『ハリー・ポッター』シリーズ)、F・マーリー・エイブラハム(『アマデウス』)、ストッカード・チャニング(『ザ・ホワイトハウス』)らは、続投について交渉中だとも報じられている。本作は、現在ジェラルド・シェーンフェルド劇場にて上演中だ。

(文/エンタステージ編集部)

この記事の画像一覧(全0枚)

関連タグ

関連記事

トップへ戻る