HEADLINE

ニュース

ももクロが映画&舞台の主役に大抜擢!平田オリザ原作『幕が上がる』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

映画『幕が上がる』

2015年2月28日(土)より映画『幕が上がる』が全国公開される。本作は劇作家・平田オリザの青春小説をもとに、弱小の高校演劇部が、元・学生演劇の女王だった新任教師と共に、全国大会を目指す物語。『踊る大捜査線』シリーズの本広克行監督により映画化、さらに舞台化される。そして、両作品の主役にももいろクローバーZ(以下、ももクロ)の5人が抜擢されたことが本日発表された。

関連記事:海外ドラマの青春カテゴリといえば、やはりこの作品ですね!『Glee』マシュー・モリソン、シリーズ終了後はブロードウェイに復帰予定!

弱小演劇部の少女たちが全国大会を目指し、本当の喜び、本当の悲しみ、本当に大切なことに気づいていく。主演である演劇部の高校生たちには「今、もっとも輝いている少女たちに演じてもらいたい」という想いからもももクロの5人に白羽の矢がたった。圧倒的なライブパフォーマンス、従来のアイドルから一線を画す劇的な成長、そんな彼女達から放たれる輝きが、『幕が上がる』の登場人物に重なることだろう。

映画版での配役は以下のとおり。すべて原作にある役・設定と同じ。
百田夏菜子:高橋さおり(さおり)県立富士ケ丘高等学校演劇部部長。3年生/作・演出を務める
玉井詩織:橋爪裕子(ユッコ)県立富士ケ丘高等学校演劇部3年生/演劇部の看板女優。
高城れに:西条美紀(がるる)県立富士ケ丘高等学校演劇部3年生/部内のムードメーカー
有安杏果:中西悦子(中西さん)県内演劇強豪校からの転校生/県立富士ケ丘高等学校演劇部3年生
佐々木彩夏:加藤明美(明美ちゃん)県立富士ケ丘高等学校演劇部2年生 /さおりを慕う後輩部員
黒木華:吉岡美佐子(吉岡先生) 県立富士ケ丘高等学校 新任の先生 元・学生演劇の女王
ムロツヨシ:溝口先生 県立富士ケ丘高等学校演劇部 顧問
清水ミチコ:さおりの母
志賀廣太郎:滝田先生 県立富士ケ丘高等学校 国語教師

今回の出演について、ももクロの百田夏菜子は、次のようにコメントしている。
「普段はアイドル、映画の現場も初めて、お芝居の経験も全然ない。そんな私達が映画の主演。撮影が始まる前にオリザさんのワークショップを受けさせていただいて、最初聞いたときはお芝居のレッスンをするもんだと思っていました。でも、オリザさんが教えてくれたのはお芝居の根本の部分。台本をもってここのセリフをこうしろじゃない。お芝居とはなんなのか、そこから教えてくれました!お芝居はこうでなくちゃダメとかない。アイドルがこうでなくちゃってのもない。その時、ジャンルを通り越してなにか新しいものが作れる気がしました!」

映画『幕が上がる』

映画『幕が上がる』は、2015年2月28日(土)から新宿バルト9他全国で公開される。舞台版は映画版と同様、本広克行監督の演出、ももクロ5人の主演により2015年5月の公演予定。

Photo:(C)2015「幕が上がる」製作委員会

(文/エンタステージ編集部)

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP