HEADLINE

ニュース

鳥の劇場も参画!「あいサポート・アートとっとりフェスタ」は11月3日まで!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あいサポート・アートとっとりフェスタ

第14回全国障がい者芸術・文化祭とっとり大会「あいサポート・アートとっとりフェスタ」のクライマックスイベントが11月1日(土)~11月3日(月・祝)に開催される。全国障がい者芸術・文化祭は、芸術及び文化活動への参加を通じて、国民の障がいへの理解と認識を深め、障がい者の生活を豊かにし、自立と社会参加の促進に寄与することを目的としたイベントである。毎年全国持ち回りで開催されており、鳥取県で開催する本大会は「障がいを知り、共に生きる」をテーマとし、これまで開催してきた県の多くが3日間だけだった開催期間を約4か月間に拡大して行われている。

関連記事:こちらは愛知県!名古屋文化の祭典『やっとかめ文化祭』10月末開催

11月1日(土)のクライマックスイベント初日には、シンガーソングライター・川嶋あいのミニコンサートをはじめ、世界的にも活躍する視覚障がいの天才ヴァイオリニスト・川畠成道によるヴァイオリンコンサートや、県立米子養護学校と県立日野高校の生徒が合同で演じる伝統芸能「荒神神楽」が上演される。

2日目は鳥取県で活躍する演劇団体「鳥の劇場」がプロデュースをした、障がい者と健常者が共に作る「じゆう劇場による演劇」や手話の魅力あふれる「日韓手話演劇」が上演され、また左手のみで演奏を行うピアニスト・舘野泉氏によるリサイタルが催される。

最終日には世界的に活躍をするコメディーデュオ・が~まるちょばによるステージ、そして出演者、イベント参加者全員が手話で「ふるさと」を大合唱するグランドフィナーレを迎える。明日からの連休で観に行く方はぜひ、(エンタステージ)のTwitterやFacebookへ体感したことをつぶやいてほしい。

< ステージイベント >
【1日目】
■出演者:川嶋あい、もう中学生、川畠成道、県立米子養護学校、県立日野高校 他
【2日目】
■出演者:じゆう演劇、日韓手話演劇、ジェネシスオブエンターテイメント、花*花 他
【3日目】
■出演者:が〜まるちょば、ハンドサイン、Paix2(ペペ)、デフ・パペットシアター・ひとみ、金澤翔子 他

(文/エンタステージ編集部)

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP