HEADLINE

ニュース

汗だくの139変化にご注目!『THE 39 STEPS』開幕

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『THE 39 STEPS』渡部篤郎、安田顕、佐藤二朗

10月23日(木)から天王洲 銀河劇場にて、『THE 39 STEPS』の上演がスタートした。
本作は、アルフレッド・ヒッチコック監督による映画『三十九夜』を原作にして、2005年にイギリスで舞台化されたもの。日本版公演は、福田雄一が台本・演出を手がけ、主人公ハネイ役を渡部篤郎が務め、そして4役を演じる水川あさみ、二人で134役を演じる安田顕(TEAM NACS)と佐藤二朗が出演する。

関連記事:福田雄一が手掛けるステージといえばこちらも!『モンティ・パイソンのスパマロケット』

舞台は1935年のロンドン。ハネイは気分転換で訪れた劇場で銃の発砲騒ぎに遭遇し、アナベラと名乗る謎の女に助けを求められる。彼女は「自分はスパイで、国の重要な機密情報を守るために命を狙われている」とハネイに告白するが、何者かによって刺殺される。ハネイはアナベラを追っていた二人の男たちから追われ、アナベラ殺害の容疑者として警察から指名手配されてしまう。アナベラが言い残した秘密の暗号THE 39 STEPSの謎を解き、真犯人を突き止めるため、スパイや警察に追われつつ、スコットランドへ向かう大逃亡劇が始まった…!

『THE 39 STEPS』渡部篤郎、水川あさみ

23日の初日の前に行われた公開ゲネプロでは、上演前の福田からの指示に舞台両袖から気合の入った返事とともに、「Yes!×××」など場を和ませようとする返事も混ざり、福田を苦笑させる一幕も。事実、互いの掛け合いが少しでもズレると、おもしろさを崩しかねない場面の連続で、ゲネプロとはいえキャストは本番さながらの緊張感を持ちつつ演じ、特に二人で134役を演じる安田と佐藤は序盤から汗だくとなっていた。ストーリーの柱を守る渡部、場面転換のキーとなる水川、そして人間からそうでないもの(!?)までとことん演じる安田・佐藤に注目してほしい。

『THE 39 STEPS』渡部篤郎、水川あさみ、安田顕、佐藤二朗

『THE 39 STEPS』は、10月23日(木)~11月3日(月・祝)に東京・天王洲銀河劇場にて上演された後、11月7日(金)~9日(日)に大阪・サンケイホールブリーゼで、11月12日(水)に名古屋(詳細後日発表)、11月15日(土)に福岡・キャナルシティ劇場で上演される。

Photo:(c)引地信彦

(文/エンタステージ編集部)

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP