HEADLINE

ニュース

宮沢りえ、映画『紙の月』で山路ふみ子女優賞受賞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

宮沢りえ『紙の月』

『八日目の蟬』など女性層に抜群の人気を誇る直木賞作家・角田光代の同名ベストセラー小説を、『桐島、部活やめるってよ』の吉田大八監督がメガホンをとり映画化した『紙の月』が、11月15日(土)より公開となるが、本作の主演・宮沢りえが第28回山路ふみ子女優賞を受賞した事が発表された。

山路ふみ子賞とは、映画人の育成、功績を称える目的で毎年開催している賞。映画『紙の月』での平凡な主婦が無自覚の内に変貌していく姿を、美しくも重厚に描き、圧倒的な演技を披露したことを評価されて、今回の受賞となった。

関連記事:大竹しのぶ、宮沢りえ舞台初共演『火のようにさみしい姉がいて』

宮沢が同賞を受賞したのは、2004年の『父と暮せば』以来2度目。女優賞を2度受賞するのは、吉永小百合に続き、史上2人目の快挙となる。

平凡な主婦が起こした巨額横領事件を描いた映画『紙の月』は、11月15日(土)から全国にてロードショー。出演は宮沢のほか、池松壮亮、大島優子、田辺誠一、近藤芳正、石橋蓮司、小林聡美ほか。

Photo:(C)2014「紙の月」製作委員会

(文/エンタステージ編集部)

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP