HEADLINE

ニュース

渋谷円山町に新しいエンタメスペース「EURO LIVE」が誕生!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「EURO LIVE」いとうせいこう、湯山玲子、町山智浩、サンキュータツオ

30年にわたり世界のアート系映画を配給・製作し、日本のインディーズ監督たちの拠点となったユーロスペースが、11月5日(水)に渋谷に文化発信基地となるライブホール、EURO LIVE(ユーロライブ)を開館する。

かつて渋谷には数多くの文化発信基地があった。ミニシアターブーム全盛期の映画館には若者が溢れ、“渋谷系”と言われるカルチャーが日本を席巻。幅広い年齢の人々に向けて独自の文化を発信する街として常に注目され続けてきた渋谷。その後大規模開発で「ふつう」の街に変わりつつある渋谷にサブカルチャーの火種を残したいという思いが、EURO LIVEの開館に結びついたという。

EURO LIVE の最新情報はこちらから!

座席数が180席というEURO LIVEでは、ジャンルも形式も自由。寄席、コント、映画、音楽、一人芝居など自由なジャンルの公演と、それぞれの領域に関するトークライブ、講座などのプログラムをジャンルごとに集まったキュレーターたちが組んでいくという。コントの定期公演を「渋谷コントセンター」と命名した“コント・コミッティ”のいとうせいこう、倉本美津留、大林素子は、ここで面白いコントユニットを発見し、彼らに場を提供するだけでなく、新しいコント作家と新しいユニットとのコラボレーションなどにも取り組みたいと語っている。
またEURO LIVEでは、毎月第2週目に「渋谷らくご(シブラク)」が開催される。キュレーターは自身も芸人であり研究者でもあるサンキュータツオ。寄席のない渋谷に新しい寄席を提案する。

今回、オープニングイベントとしてWOWOW『町山智浩の映画塾!』公開収録とトークイベントを三日間行う予定。町山は米国在住の映画評論家で、様々なメディアを通じて精力的に映画評論を行っている。そんな町山が長谷川町蔵や切通理作とともに、未公開のアメリカン・コメディやゴジラ、宮崎駿について奔放に語りおろすことになるそうだ。さらに今後は、放送作家の鶴間政行のラジオではおなじみのコンビによる映画トークや、テレビや雑誌で大活躍の人気編集者湯山玲子も登場するという。

関連記事:WOWOW『大人番組リーグPresents秘密のアクトちゃん』放送決定

EURO LIVE(ユーロライブ)は、2014年11月5日(水)にオープンする。
(所在地:東京都渋谷区円山町1-5 KINOHAUS2階) 

Photo:(左上から)いとうせいこう、湯山玲子、町山智浩、サンキュータツオ

(文/エンタステージ編集部)

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP