HEADLINE

ニュース

『大人番組リーグPresents秘密のアクトちゃん』放送決定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『秘密のアクトちゃん』生瀬勝久、小池栄子

2014年の2月から5月にかけて放送された、オリジナルエンターテインメントを模索する実験枠『大人番組リーグ2』。予選番組として放送された13本の中から、視聴者投票のもとに晴れてレギュラー番組化された『秘密のアクトちゃん』。11月9日(日)から全5回にわたりWOWOWプライムにて放送される同番組の収録が都内で行われ、案内役の生瀬勝久・小池栄子がインタビューに応じた。

劇作家・宮沢章夫が書き下ろした戯曲を二人の俳優が演じる、というこの番組。台本を前日にもらい、当日に配役が発表される。演出家もなしに2人だけでですべての表現方法を考え、2時間後にはお客様の前で披露する…という俳優にとっては非常にハードルが高い条件だ。上演後は、案内役の二人と一緒に演じることや俳優としての“秘密”を探っていく、という構成となっている。

関連記事:『クジカン×キカク~朝10時に稽古を開始した役者が19時に本番を迎えることは本当にできるのか?』

番組について、生瀬は「(笑福亭)鶴瓶さんの『スジナシ』の亜流、と思われるかもしれませんが、台本があるという点で全く違うんです。演出家不在で、俳優同士のケミストリーを、ということだから。面白いと思いますよ」と語る。

11月9日(日)に放送されるレギュラー化第1回のゲストは映画『愛を乞うひと』で第22回日本アカデミー賞新人賞・助演女優賞など多数の受賞歴を持つ野波麻帆と連続テレビ小説『純と愛』のヒロインを務めた夏菜。脚本は、演劇界の鬼才・宮沢章夫によるオリジナル短編「ネジと紫陽花」だ。男性用に書かれた脚本で、せりふも男性の言葉になっている。二人は、内容を変えずに女性の言葉に置き換え、たった2時間で舞台に立てるよう稽古をしなければならない。二人は与えられた作品をどう演じきるのか。

トーク部分では映像、演劇界の裏側や有名演出家などのエピソードも数多く飛び出すので、観ているうちに“俳優”についてますます興味深くなっていくこと間違いなし。ちなみに「怖いのはいつか私たちも経験しろと言われるんじゃないかと。そう思ってビクビクしてます(小池)」とのこと。最終回まで要注目となりそうだ

『大人番組リーグPresents 秘密のアクトちゃん』は、11月9日(日)より毎月第2日曜日、23:00よりWOWOWプライムにて放送。

Photo: (c)Takashi Okamoto

(文/エンタステージ編集部)

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP