HEADLINE

ニュース

ミュージカル『忍たま乱太郎』第6弾、2015年1月上演!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

忍たま乱太郎

ミュージカル『忍たま乱太郎』第6弾~凶悪なる幻影!~が、2015年1月9日(金)から1月23日(金)まで、サンシャイン劇場にて行うことが決定した。

関連記事:漫画・アニメ発のミュージカルといえばこちらも!『テニスの王子様』コンサート Dream Live 2014開催決定

1993年、NHKで放送開始となったギャグと笑い満載の忍者アニメーション番組『忍たま乱太郎』。番組発のミュージカルとして、2010年の初演以来、毎年2回公演を行い、今回6年目となるシリーズ作品である。

アニメとは異なり、舞台では六年生がメインキャストになる。前作品から引き続き、善法寺伊作役を安達勇人、食満留三郎役を小野一貴、立花仙蔵役を荒牧慶彦、七松小平太役を早乙女じょうじが演じる。
そして新キャストとして、潮江文次郎役にはスーパー戦隊シリーズ『炎神戦隊ゴーオンジャー』や舞台『4つの駒 -THE FOUR PIECES-』で初主演を務めた海老澤健次が、学園一無口で無表情、笑っているときは逆に不気味で怖い中在家長次役を本作が本格的デビュー作品となる北園涼が務めることとなった。

また、一年生役の乱太郎(大西統眞)、きり丸(細川晴太)、しんべヱ(藤村真優)もキャストが一新。さらに忍術学園一年 鶴町伏木蔵(古賀瑠)、ドクタケ忍者隊 幻術使いの雪鬼(横井寛典)、タソガレドキ忍者の諸泉尊奈門(小林亮太)がミュージカル初登場のキャラクターとなり、こちらも新キャストが演じる。

物語は忍術学園と敵対しているドクタケ城の雪鬼の幻術に六年生の仙蔵、文次郎、小平太、長次がかかってしまい、忍術学園を裏切ってしまう。忍術学園のみんなを救うべく、敢然と立ち上がった伊作と留三郎が、裏切り者の同級生と偽の先生たちに戦いを挑む。はたして仲間との絆を取り戻すことができるのだろうか――。

ミュージカル「『忍たま乱太郎』第6弾~凶悪なる幻影!~」は、2015年1月9日(金)~1月23日(金)に東京・サンシャイン劇場にて上演される。

(文/エンタステージ編集部)

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP