エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

劇団わらく『第三定食の豆腐と蓮根』公演内容変更!

劇団わらく『第三帝国の恐怖と貧困』

先日当サイトでも紹介した、劇団わらく『第三定食の豆腐と蓮根』が公演内容を変更し、ベルトルト・ブレヒト作の『第三帝国の恐怖と貧困』を上演することとなった。

ブレヒトの『第三帝国の恐怖と貧困』とは、ナチス政権下のファシズムのドイツで、実際に目撃、体験した情報、ニュースや新聞記事に載っていた事を元に、あらゆる職業、階層の人々がどんな生活をしていたかをオムニバスで描いた作品。ブレヒトが、実際にヒトラーが生きている時にこの作品を手掛け、現在まで世界各国で上演されている。

ファシズムとはどう台頭してくるのか?日本に置き換えるとどこから出てくるのか?もしかしてファシズムを生み出すのは自分たち自身かもしれない!?

出演は、赤塚友美・大迫綾乃・勝俣美秋・小島寿美子・小島千朋・友澤宗秋・長橋佳奈・由谷青波、川崎勇人(劇団東京乾電池)・柴山美保・楢原秀佳(Studio Life)・山下修吾(声のみの出演)。演出、構成は、勝俣美秋が務める。

『第三帝国の恐怖と貧困』は、10月2日(木)~10月6日(月)、SPACE雑遊にて上演される。

(文/エンタステージ編集部)

この記事の画像一覧(全1枚)

  • 劇団わらく『第三帝国の恐怖と貧困』

関連タグ

関連記事

トップへ戻る