HEADLINE

ニュース

筧ワールド炸裂!?『ミス・サイゴン』特別カーテンコール開催

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『ミス・サイゴン』笹本玲奈、筧利夫、原田優一

帝国劇場にて7月25日(金)より上演中の『ミス・サイゴン』。ところがエンジニア役・市村正親が初期の胃がんと診断され、7月29日(火)より今回の公演を休演することになった。急遽代役として決定したのは、2004年版と2008年版で同役を演じた筧利夫。ということで、8月2日(土)、筧エンジニアの初日ということで、特別カーテンコールが行われました。

筧が登場するとひときわ大きな拍手が! 一言挨拶を、と促されての第一声は「こんなに短い期間で舞台に立ったの初めてです」…この言葉に会場からはまた大きな拍手が。「今日より明日、明日より明後日、千秋楽へ向け、いい芝居をしていくことが術後の市村さんの一番の特効薬と信じて一生懸命頑張っていきます」と挨拶しつつ「…なので皆様も『いい作品だな』と思ったらご友人ご親戚を誘い二度三度…」と再び"筧節"で締め。降板となった市村氏を気遣いつつ、客席を盛り上げた。

終演後、笹本玲奈、原田優一とともに行われた記者会見では、代役の詳しい経緯に質問が集中。7月14日(月)に市村から「体調が思わしくない」という申し出が東宝側にあり、その段階から筧に打診は進めていたそう。しかし今回の『ミス・サイゴン』は新演出版ということもあり、筧のプレッシャーや苦労は相当のものだったはず。そんなピンチを支えたのは笹本、原田含むカンパニーの面々。両名ともに前回上演で共演済みとあり「筧さんワールド炸裂の初日でしたね。楽しかったです」(原田)「いろいろ新鮮で、その新鮮さにのっかっていこうと」(笹本)と筧エンジニアを支えつつ、全幅の信頼を寄せている様子がかいま見えた。会見では、実は筧が他のキャストときちんと稽古を合わせたのは前日・当日だけと言う話が出て、「ミュージカルの凄いところですよね(笑)」と筧は笑っていた。

『ミス・サイゴン』は帝国劇場で8月26日(火)まで上演、その後10月まで全国にて公演される。

(文/エンタステージ編集部)

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のニュース

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP