HEADLINE

動画

【動画】アニメの世界観を松村龍之介と石渡真修が体現!PREMIUM 3D STAGE『残響のテロル』公開ゲネプロをチラッと見せ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年3月2日より東京・Zeppブルーシアター六本木にてPREMIUM 3D STAGE『残響のテロル』が開幕しました。原作は、『カウボーイビバップ』の監督・渡辺信一郎と、同作の音楽を担当した管野よう子がタッグを組み、2014年にフジテレビ「ノイタミナ」枠で放送された同名TVアニメで、今回が初の舞台化となります。ある夏の日、突然東京を襲った大規模な爆弾テロ、事件の犯人はスピンクスと名乗る二人の少年―ナイン(松村龍之介)とツエルブ(石渡真修)。爆発に巻き込まれた少女・三島リサ(桃瀬美咲)、リサやナイン、ツエルブと同じ施設で育ったハイヴ(藩めぐみ)、そして事件を解決しようと奔走する警察官の柴崎(滝川栄治)らなどが、3D演出の中でアニメと同じように作品の世界観を作り上げていきます。その公開ゲネプロの模様を、少しですがお届けします。3月6日(日)まで上演中の舞台とともに、世界観に浸ってみてください。

関連記事:PREMIUM 3D STAGE『残響のテロル』これまでの記事はこちらから

(文/エンタステージ編集部)

残響のテロル

作品情報残響のテロル

  • 公演:
  • キャスト:松村龍之介、石渡真修、滝川英治、潘めぐみ、桃瀬美咲、井深克彦、郷本直也、かぬか光明、チャド・マレーン、ほか

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目の動画

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP