エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

舞台『私のホストちゃん REBORN ~絶唱!大阪ミナミ編~』古屋敬多&米原幸佑インタビュー!今回は「“かっこいい”を求められている」

2018年1月19日(金)に開幕する舞台『私のホストちゃん REBORN ~絶唱!大阪ミナミ編~』。「REBORN」として生まれ変わった新シリーズ第2弾は、主演に古屋敬多(Lead)を迎え、大阪を舞台に新たなバトルを繰り広げる。古屋をはじめとする新ホストちゃんだけでなく、前作から参加している米原幸佑も、新たな面を求められているという。今回のホストちゃんは、どうなっているのか?二人に話を聞いた。

舞台『私のホストちゃん REBORN ~絶唱!大阪ミナミ編~』古屋敬多&米原幸佑インタビュー

関連記事:歌って踊って一味違う?!『私のホストちゃん REBORN ~絶唱!大阪ミナミ編~』稽古場レポート

――本番が間近に迫っておりますが、稽古は順調ですか?

米原:稽古は・・・バタバタですね!相変わらずのホストちゃん感です。

古屋:毎回こんな感じですか?

米原:俺は前作からの参加やけど、前回もこんな感じだった(笑)。ギリギリまで新しいことを試して入れていく、みたいな。

古屋:確かに、初の通し稽古の前に新しい歌が決まりましたもんね。

米原:そうそう(笑)。そういう感じもなんか懐かしくて、このバタバタ感含めてた盛りだくさんの感じが、『私のホストちゃん』やなって思います。

――古屋さんは今回『私のホストちゃん』初参加ですね。稽古での感触はいかがですか?

古屋:とにかくプレッシャーがすごいです・・・。アドリブの口説きがあったり、終演後にお客様と1対1でお話する機会もあったりすると聞いていますし、本当になりきらないとダメだなと感じています。

――—製作発表の時も、かなり緊張されていたようにお見受けしました。

古屋:そうですね(笑)。初体験のことだらけなので。客席に降りてお客様と触れ合う機会も、今までにないことなので、まったく新しいことをやっている感じなんです。でも逆に、それをうまくできた時に成長できそうだなとも思います。度胸もつきそうですしね!だから、本番がすごく楽しみです。

舞台『私のホストちゃん REBORN ~絶唱!大阪ミナミ編~』古屋敬多&米原幸佑インタビュー_3

――米原さんは、2回目なので前回とは心づもりが違いますか?

米原:それが~・・・。前作の『私のホストちゃんREBORN』では、僕が演じる茶々彦は“オラオラ系で口説く”みたいなチームだったんですけど、今回は(脚本・演出の)村上大樹さんから「とことんかっこ良くやって」と言われているので、前回の教訓をまったく活かせそうにないです(笑)。

古屋:えっ、茶々彦のキャラが変わっちゃってるんですか?

米原:そう。だから、同じ役なんだけどゼロからキャラクター作っている感じ(笑)。「前回を忘れていいよ」って言われたもん。

古屋:あはは(笑)!

――古屋さんは、紫音という役とどのように向き合われていますか?

古屋:苦戦してます・・・。今は、もっとキャラをはっきりさせていかないと、お客様に伝わらないなと思うところが大きくて。紫音は、兄貴肌で、皆をまとめる感じの男なんです。普段の僕はまったく逆なので・・・。

――確かに、Leadの中でもずっと末っ子ポジションのイメージです(笑)。

古屋:そうなんですよ~。グループの中でも、事務所の中でもずっと末っ子キャラだったので。米原さんも年上だし・・・。

米原:でも、僕も実際は末っ子キャラよ。僕と敬多は、「TOPSTAR」というお店に所属するホストちゃんなんですが、この「TOPSTAR」には末っ子的な子しかいないんですよ。末っ子キャラの集まりにかっこ良さを求められると・・・なかなか難しい(笑)。

古屋:難しいですね~。そういう意味でも苦戦してます。「とにかくかっこ良くいてください」って言われるのも初めてなので、今はまだ戸惑うことも多くて。本番までに、色をはっきりさせていかないとなって思っています。

舞台『私のホストちゃん REBORN ~絶唱!大阪ミナミ編~』古屋敬多&米原幸佑インタビュー_2

――今回、グループに所属されていて、音楽活動をされているキャストの方が多いですね。お二人も音楽活動をされていますが、ステージでの共演経験は?

古屋:1回ぐらいですかね?

米原:Leadと、僕がココア男。だった時かな?でも、共演とまではいかへんよね、同じイベントに出てた、ぐらいで、あんまりしゃべったりもしてへんかった気がする。お芝居でがっつりLeadの子と絡むのも初めてです。敬多はすごく気さくな子なので、やりやすくて楽しいですね。

古屋:そう言っていただけて嬉しいです!

――古屋さんの他にも、新ホストちゃんがたくさん加わっていますが、米原さんから見た新ホストちゃんたちの印象は?

米原:全体的に、前回より皆若い!フレッシュ感が強いし、皆キラキラしていて、素敵です。しかも今回、歌って踊れる方が多いので、ショー的な部分が、より華やかで見応えのあるものになると思いますよ。あとは、17人の個々のホストちゃんがいかに“キャラ立ち”していくか。これが本番までの課題かなと。

――今回、歌とダンスがかなり多いと聞きました。

米原:前作の倍ぐらいあるかも。ソロもあったり、お店ごとに一つのグループのようになって歌ったり。今回、僕らのいる「TOPSTAR」のメンバーは、皆、現役で歌って踊っている方たちなので・・・僕はすごく困っています(笑)。

古屋:いやいやいや!何を言ってるんですか(笑)。

米原:もう、歌って踊ることからドロップアウトした人間だから(笑)。だから、僕自身はそういう部分でも追い込まれているんですよ。なんとかついていかな・・・と必死です。ここまで踊る舞台は、最近だと『Club SLAZY』ぐらいだし。

古屋:幸佑さんは、稽古終わりとかに「もう少しやろう」って声をかけてくれたり、僕らをまとめたり、引っ張ってくださっているんですよ。そういう気持ちだとは知らなかった。

米原:それから、「かっこいいってなんやろ・・・」ってずっと考えてます。30歳を超えてから、かっこいいを求められると思ってなかったんで、そこもどうしようかって困ってる(笑)。

古屋:そんな幸佑さんに、火をつけたいですね~・・・!

米原:あはは(笑)。こう言ってますが、本番は「全然困ってへんし」みたいな顔をしてやりますので。

舞台『私のホストちゃん REBORN ~絶唱!大阪ミナミ編~』古屋敬多&米原幸佑インタビュー_4

――火のついた米原さん、観たいですね~(笑)。もう一つ、ホストちゃんと言えば“口説き”ですが・・・。

古屋:今回、17人のホストちゃんが一斉に口説くっていう場面が出てくるんですよ。

米原:そうそう、それ今回初やわ。

古屋:実際に劇場入ってやってみないと、僕らもまだ分からないことが多いんですが、きっとお客様はドキドキしたり、ワクワクしたり、いろんな気持ちになるんじゃないかなと思います。

米原:カオスな時間になるのは間違いないね。

古屋:確かに(笑)。

――ちなみに、口説きの必勝法は整っていますか?

米原:僕は、前作で編み出した“複数人口説き”をどこかで入れてみようと思っています。

古屋:複数人口説き?!

米原:4、5人のお客さんをまとめて口説くの。最大「この1列のお客さん全部!」とか言って(笑)。

古屋:すごいな、ディフェンダーに囲まれたメッシみたいなことしますね(笑)!

米原:ほら、オラオラやったから(笑)。でも、今回の茶々彦はオラオラ系じゃないから、ちゃんとかっこ良く、その技を使えないかな、と思いながら・・・。

古屋:僕はまだ、模索中です・・・。

米原:ホストちゃんは、本番を重ねていくことでより完成していく部分もあるからね。

古屋:口説きは、きっと特にそうでしょうね。お客様を実際に目の前にしないと、分からないことがきっとたくさんあるから。回を重ねるごとに、要領を掴んでだんだんうまくできるようになりたいです。

舞台『私のホストちゃん REBORN ~絶唱!大阪ミナミ編~』古屋敬多&米原幸佑インタビュー_5

――それでは、本番に向けて意気込みをお願いします。

米原:タイトルに“絶唱”と付いているだけある楽曲の多さと、ただかっこいいだけじゃない“狂ってる”感を楽しんでもらえたらと思います。普通に、演劇としてもおもしろいものになっているので!口説きタイムなどを含めた、ぶっ飛んでる世界観を楽しんでください。

古屋:若い子を含め、周りの皆さんの巧い部分を見て、学びながら自分の武器を見つけていこうと思います!

米原:きっと、本番をやっていく中でも個性が出てくるから、それをチームの中でうまく色分けできたらいいよね。前作の時も、そのバランスが見えてきたのは本番入ってからだったから。「TOPSTAR」というお店の名前のように、スター感を出せるようにしたいね。

舞台『私のホストちゃん REBORN ~絶唱!大阪ミナミ編~』メインビジュアル

◆公演情報
舞台『私のホストちゃん REBORN ~絶唱!大阪ミナミ編~』
【東京公演】2018年1月19日(金)~1月28日(日) サンシャイン劇場
【愛知公演】2018年1月31日(水)・2月1日(木) 東海市芸術劇場
【広島公演】2018年2月6日(火) 上野学園ホール(広島県立文化芸術ホール)
【大阪公演】2018年2月10日(土)・2月11日(日) サンケイホールブリーゼ

【総合プロデュース】鈴木おさむ
【脚本・演出】村上大樹

【出演】
古屋敬多(Lead)、寺田拓哉、小坂涼太郎、三浦海里、小林亮太、釣本南(Candy Boy)、杉江優篤、TAKA(CUBERS)/米原幸佑、松井勇歩、吉田広大、森田桐矢、佐々木和也(SOLIDEMO)、蔵田尚樹、糸川耀士郎、藤戸佑飛、橋本全一/
LiLiCo・大林素子(Wキャスト)/悠未ひろ/緒方雅史/野口かおる、鬼頭真也/小柳ゆき/三ツ矢雄二

◆歴代ホストちゃんゲスト出演日程
1月21日(日)17:30公演 荒木宏文(時桜)
1月23日(火)13:30公演/18:30公演 久保田秀敏(流星)
1月24日(水)18:30公演 染谷俊之(深雪)
1月25日(木)13:30公演/18:30公演 井澤勇貴(光星)・杉江大志(大湖)
1月27日(土)12:30公演/17:30公演 五十嵐麻朝(隼人)・塩川渉(蓮)
1月31日(木)13:30公演/18:30公演 黒羽麻璃央(璃来哉)

【公式HP】http://www.hostchan.jp/

(撮影/エンタステージ編集部)

(文/エンタステージ編集部)

舞台「私のホストちゃんREBORN」~絶唱!大阪ミナミ編~

作品情報舞台「私のホストちゃんREBORN」~絶唱!大阪ミナミ編~

今度の戦いの場は大阪ミナミだ!

  • 公演:
  • キャスト:古屋敬多、寺田拓哉、小坂涼太郎、三浦海里、小林亮太、釣本南、杉江優篤、TAKA、米原幸佑、松井勇歩、吉田広大、森田桐矢、佐々木和也、蔵田尚樹、糸川耀士郎、藤戸佑飛、橋本全一、LiLiCo、大林素子、悠未ひろ、緒方雅史、野口かおる、鬼頭真也、小柳ゆき、三ツ矢雄二 、荒木宏文、久保田秀敏、染谷俊之、井澤勇貴、杉江大志、五十嵐麻朝、塩川渉、黒羽麻璃央

この記事の画像一覧(全6枚)

  • 舞台『私のホストちゃん REBORN ~絶唱!大阪ミナミ編~』古屋敬多&米原幸佑インタビュー
  • 舞台『私のホストちゃん REBORN ~絶唱!大阪ミナミ編~』古屋敬多&米原幸佑インタビュー_4
  • 舞台『私のホストちゃん REBORN ~絶唱!大阪ミナミ編~』古屋敬多&米原幸佑インタビュー_5
  • 舞台『私のホストちゃん REBORN ~絶唱!大阪ミナミ編~』メインビジュアル
  • 舞台『私のホストちゃん REBORN ~絶唱!大阪ミナミ編~』古屋敬多&米原幸佑インタビュー_2
  • 舞台『私のホストちゃん REBORN ~絶唱!大阪ミナミ編~』古屋敬多&米原幸佑インタビュー_3

関連タグ

関連記事

トップへ戻る