エンタステージ

演劇の楽しさを提案する総合情報サイト

『ミュージカル「黒執事」-Tango on the Campania-』植原卓也インタビュー!「やっとこの台詞を言える」

2017年12月31日(日)に東京・TBS赤坂ACTシアターにて開幕する『ミュージカル「黒執事」-Tango on the Campania-』。今作で、約2年ぶりにグレル・サトクリフ役で植原卓也が復活。今回描かれる“豪華客船編”は、原作ではグレルの見せ場が用意されており、これまで役作りで何度も読み返して来たという。いよいよその物語を演じることに「来るべき時が来た」と語る植原に、本作に向けての現在の心境と意気込みを聞いた。

『ミュージカル「黒執事」-Tango on the Campania-』植原卓也インタビュー

関連記事:ミュージカル「黒執事」豪華客船編に植原卓也、佐々木喜英、和泉宗兵!味方良介、原嶋元久ら新キャストも

――『ミュージカル「黒執事」-地に燃えるリコリス2015-』から2年ぶりの復活ということで、植原さん演じるグレル復活にファンの皆さんも喜んでいますね。

キャスト発表前から「グレルはたっくん(植原)だよね」って皆さんが期待してくださっていて、本当に幸せだなと思いました。実は僕自身も気持ちが高ぶっているので、早く皆さんに出演のお知らせをしたくて、スタッフさんに「もう発表していいですか」ってしつこく聞いてたくらいです(笑)。発表後、ファンの皆さんにもすごく喜んでいただけていると感じていますし、一人一人に直接感謝の気持ちは伝えられないですが、その想いも込めて舞台では爆発したいなと思っています。「見ていてください、間違いないものをやるので」という思いです。自分を信じて堂々と演じたいです。

――共演する皆さんとは会いましたか?(※本インタビューは稽古が始まる前に行われた)

こうした取材の場などではちょこちょこと会っています。“ミスター黒執事”の和泉さん(葬儀屋役の和泉宗兵さんは初演から全公演に出演、次に多く出演が植原さん)にも会いました。和泉さんは『黒執事』で会える人、というか、なかなか自分が普段出演させていただいている作品ではお会いできないので、お会いできた時には『黒執事』に対する思いがお互い爆発します。話し出すと止まらなくて、「話しすぎちゃったね」なんていうこともよくあります(笑)。セバスチャン・ミカエリス役の雄大くん(古川雄大)とは年齢が近いし、普段からけっこう会う機会もあって仕事の話もよくするので、それを踏まえて「また『黒執事』やれるね」と話していました。

『ミュージカル「黒執事」-Tango on the Campania-』植原卓也インタビュー_3

――初参加の皆さんと会うのはこれから?

そうですね。ロナルド・ノックス役の味方くん(味方良介)とは今回、コンビとして仕事をする立ち位置で、二人で作っていく部分が多くなると思うので、仲良くなりたいです。グイグイ来るタイプらしいからちょうどいいかも(笑)。わりと僕やヒデくん(佐々木喜英=ドルイット子爵役)、雄大くんは普段は意外と静かなので、この3人だと盛り上げる人がいないんです。ロナルドらしく、稽古場を盛り上げてくれることを期待しています。

――普段はグレルのテンションではないんですね・・・。

もちろんですよ(笑)!でも、グレルのテンションと違うと、必要以上に驚かれることは多いですね。「疲れてる?」と聞かれることもあります(笑)。僕自身は、直前に役のスイッチが入るタイプなんです。

――本作ではグレルと葬儀屋が対決する山場が待っていますね。

和泉さんとお互い「大変そうだね」って、他人事みたいに話していました(笑)。絶対に大変になることは分かっているので、そこにどう向き合っていくかですね。稽古が始まる前は、単純に体力を作っていくということだったり、「もしこういう楽曲が来たら」とか、想像することくらいしかできないですが、新しいものが作れるワクワク感っていいですね。

――そのほかの共演者でいうと、高木さんと寺山武志さんの“アバハン”(アバーライン&ハンクス)コンビは作品には欠かせない存在で、ハンクスは原作には登場しないミュージカルオリジナルキャラですけど、いないのが想像できないですよね。

前回の『ミュージカル「黒執事」~NOAH'S ARK CIRCUS~』(2016年上演)もおもしろかったですね。この作品にいなければいけない二人だと思います。今回も、二人はどういう設定になるのか僕も楽しみにしています(笑)。でも、お二人とも本当にかわいいのですけが、僕より年上なんですよ(笑)。

『ミュージカル「黒執事」-Tango on the Campania-』植原卓也インタビュー_4

――2年ぶりの参加ということで、期待していることもいろいろあると思います。

原作でグレルが登場しているのは、『ミュージカル「黒執事」-地に燃えるリコリス-』にあたる部分と、今回の『豪華客船編』だけということに驚きますね。なので、毎回出演させていただくにあたって、『リコリス』のところだけではなく「豪華客船編」も役のヒントを得るために自然と読み込んでいて、シーンや台詞が自分のなかに染みついています。僕としては「やっとこの台詞を言えるんだ」という感覚がすごくあります。『ミュージカル「黒執事」-The Most Beautiful DEATH in The World-』(2013年上演)に出演していた時、「いつか豪華客船編をする日が来るのかな」と稽古場で盛り上がって、「その日が来たら俺がやりたい!」と言っていたんです・・・あれから4年、時間が経つのは早いなと思いますね。

――キャラクターを深めてきたと共に、グレルはダンスパフォーマンスも進化してきましたよね。

不思議ですよね、本来グレルがダンスする描写は原作にないのに。舞台ならではの、僕が演じるグレルというキャラクターが受け入れられていることが本当にありがたいですし、だからこそ、パフォーマンスのレベルもさらに上げていきたいと思います。

『ミュージカル「黒執事」-Tango on the Campania-』植原卓也インタビュー_5

――公演が年末から始まりますが、今作に向けて考えているご自身の課題とかはありますか?

皆さんに観ていただいた時に「成長した」と思っていただきたいから秘めておきたいのですが・・・歌とダンスです。

――まだ思い描く場所に到達していない感じですか。

それもあります。芝居でグレルらしさを出すことについては、おこがましいですが、演じきれているかなと思っているんです。そこから上を目指さないということではないですが、ちゃんと突き詰めた自信があります。そうでなければ、これまで観ていただいた方々に申し訳ないですし。でも、本来原作にはないものというか、ミュージカルだからこそ存在するファンタジーの部分、皆さんが知っているストーリーの中に、知らない歌詞や動きが出てきて、そうした部分が加わってさらに感動してもらうという部分はもっと突き詰められると思っています。

原作の「黒執事」を好きな皆さんは、もちろん歌とダンスがないところで好きだと思っていて、それらがあるからこそ“生執事”(ミュージカル『黒執事』の通称)は2倍、3倍になって楽しめる。そこが醍醐味だと思います。今はいろんな2.5次元の舞台がありますが、その中でも「ミュージカル『黒執事』が最高峰だ」と思われ続けるように毎回最高のものを追求していきたいというか・・・この作品は、2.5次元と言われる舞台がまだあまりなかった10年前から始まっていて、だからこそ、積み上げてきたものはやはり違うなと思っていただかなければ、という緊張感は常に持ってます。ただ、だからといって変化球は投げたくないんです。「今回のグレルはやるぞ!」と意気込んだって絶対空回りするから(笑)。これまでちゃんとストーリーを繋いできているので、その流れに乗って、僕は歌やダンス、アクションまで何一つ逃さないでしっかりやりたいと思っています。

『ミュージカル「黒執事」-Tango on the Campania-』植原卓也インタビュー_2

――シリーズを一度お休みして、観客にもなれたわけですが、植原さんが今思うミュージカル『黒執事』の魅力って、どう感じています?

さっき話したことにもつながりますが、普段見ている原作の大好きなキャラクターがそのままいて、実際に動いている不思議感。でも、読んでいたストーリーが違和感なく目の前で進んでる、というところが楽しいのではないかなと。照明が当たってキラキラしている中で、グレルが派手に動くとか、それだけでも魅力的だと思います。

――では、最後に公演を楽しみにしている方々へメッセージをお願いします。

2年経って、グレルとしてミュージカル「黒執事」に復活させていただきます。もう一度しっかりと彼というか彼女というか、向き合って、しっかり世界を引っ張っていけるような存在感を披露していけたらと思っています。39公演、体を壊さないように、葬儀屋との対決はハードだと思いますが、皆さん楽しみにしてくださっていると思うのでしっかり演じたいです。どうぞ、めちゃくちゃ楽しんでください!

『ミュージカル「黒執事」-Tango on the Campania-』_グレル・植原卓也

◆公演情報
『ミュージカル「黒執事」-Tango on the Campania-』
東京公演】2017年12月31日(日)~2018年1月14日(日) TBS赤坂ACTシアター
【兵庫公演】2018年1月19日(金)~1月22日(月) 神戸国際会館こくさいホール
【愛知公演】2018年1月26日(金)~1月28日(日) 江南市民文化会館
【石川公演】2018年2月3 日(土)・2月4日(日) 本多の森ホール
【福岡公演】2018年2月10日(土)~2月12日(月・休) 久留米シティプラザ

【原作】枢やな(掲載「月刊G ファンタジー」スクウェア・エニックス刊)
【脚本】Two hats Ltd.
【演出】児玉明子
【出演】
古川雄大 内川蓮生
植原卓也 味方良介 原嶋元久 岡崎百々子 高木俊 寺山武志
内海啓貴 秋園美緒 那須幸蔵 河合龍之介/和泉宗兵/佐々木喜英 ほか

※高木俊の「高」は「はしごだか」が正式表記

【公式HP】http://www.namashitsuji.jp/

『ミュージカル「黒執事」-Tango on the Campania-』植原卓也インタビュー_7

(C)2017 枢やな/ミュージカル黒執事プロジェクト

(ヘアメイク:AOKI/HIKOHO)
(撮影/エンタステージ編集部)

(文/金本美代)

『ミュージカル「黒執事」-Tango on the Campania-』

作品情報『ミュージカル「黒執事」-Tango on the Campania-』

待望の新作公演は「豪華客船編」!

  • 公演:
  • キャスト:古川雄大、内川蓮生、植原卓也、味方良介、原嶋元久、岡崎百々子、高木俊、寺山武志、内海啓貴、秋園美緒、那須幸蔵、河合龍之介、和泉宗兵、佐々木喜英、ほか

この記事の画像一覧(全7枚)

  • 『ミュージカル「黒執事」-Tango on the Campania-』植原卓也インタビュー
  • 『ミュージカル「黒執事」-Tango on the Campania-』植原卓也インタビュー_2
  • 『ミュージカル「黒執事」-Tango on the Campania-』植原卓也インタビュー_7
  • 『ミュージカル「黒執事」-Tango on the Campania-』_グレル・植原卓也
  • 『ミュージカル「黒執事」-Tango on the Campania-』植原卓也インタビュー_3
  • 『ミュージカル「黒執事」-Tango on the Campania-』植原卓也インタビュー_4
  • 『ミュージカル「黒執事」-Tango on the Campania-』植原卓也インタビュー_5

関連タグ

関連記事

トップへ戻る