HEADLINE

インタビュー

柚希礼音×加藤和樹『マタ・ハリ』対談「柚希礼音の純粋な部分が活かされるかも」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年1月から2月にかけて大阪と東京でミュージカル『マタ・ハリ』が上演される。『スカーレット・ピンパーネル』『ジキル&ハイド』などの作曲で知られるフランク・ワイルドホーンが手掛けた最新作で、2016年に韓国で世界初演された本作が、新たに日本版として生まれ変わる。人、国家、時代をも翻弄した女スパイ、マタ・ハリを演じるのは柚希礼音。マタ・ハリの運命を変える二人の男、ラドゥーとアルマンを日替わりで演じるのは加藤和樹。本作が初共演となる二人にインタビューを行った。

『マタ・ハリ』柚希礼音×加藤和樹インタビュー画像_4.jpg

インタビュー前の撮影で「恋人のように肩や腰に手を回して」「二人見つめあって」などとリクエストをすると、照れて真っ赤になってしまった柚希と、そんな彼女に「かわいいですね」に声をかけていた加藤。この二人からどんな話が飛び出すのだろうか。

第一印象は?「あの方が加藤和樹さんか・・・」(柚希)

――お二人はこれが初共演となります。まずは共演が決まった時のお気持ちを聞かせてください。

柚希:加藤さんが、ミュージカル 『バイオハザード ~ヴォイス・オブ・ガイア~』を観にいらっしゃった時「あ、あの方が加藤和樹さんか・・・」と楽屋でこっそり思っていました(笑)。でもそれは(本作での)共演が発表されるずっと前でしたし、今から挨拶しに行くのも変だなぁと思って。その後、『1789』を観た時も「あの方と共演するのか」と想像を膨らませる日々を過ごしておりました。ついに『マタ・ハリ』の上演が発表され、正式にご挨拶できるようになってからお話ししたんですけど、とっても優しい方で。加藤さんとの舞台がどうなるのか、今から楽しみです。

加藤:ちえちゃん(=柚希)は、ご覧のとおり、かわいらしい方で・・・失礼な言い方になってごめんなさい(笑)。『バイオハザード』で激しいアクションもされていたので、そこから勝手に強い女性像をイメージしていたんです。でもいざ、会ってみると・・・宝塚歌劇団の方は、男役だった方が実際は女の子らしいのかも?と感じました。以前、音月桂ちゃんと舞台(『フランケンシュタイン』)をやらせていただいた時、桂ちゃんもすごい女子度が高くてかわいいなって思ったので。だから、ちえちゃんのかわいらしさを、今回の作品でどこまで引き出せるのかをとても楽しみにしています。

稽古中に混乱させてしまうかも!?(加藤)

――柚希さんは今回、「色気」「妖しさ」「謎」・・・という言葉が似合う女性を演じることになるんですね。

柚希:ええ。まずは、マタ・ハリという絶世の美女を演じないとならないことが、自分にとって、大きな挑戦だなと思っています。でも過去作られた映画『マタ・ハリ』や韓国版(ミュージカル)を観ているうちに、過去にいろいろあって、そこから逃げるためにマタ・ハリという名前になり、一人でがんばって生きている姿に強さや苦労を感じました。

――マタ・ハリの弱みを握って揺さぶる男ラドゥーと、マタ・ハリが恋に落ちる男アルマン、この二役を日替わりで演じる加藤さんですが、一つの作品で二役を演じるのは『フランケンシュタイン』以来となりますか?

加藤:そうですね。とはいえ『フランケンシュタイン』の場合、僕が演じた博士と怪物は、どこかで繋がっている存在でした。でも今回はまったく別の役。自分としてもまた新しい挑戦だなと思いますし、いろいろ難しいことが出てくると思います。マタ・ハリとラドゥーとアルマン、3人の掛け合いの歌もあったりするので。

柚希:わあ、歌が混ざってしまいそう(笑)。

加藤:自分もそうなりそうな気がします(笑)。でもビジュアル撮影の時もそうだったんですが、アルマンはまだ若いパイロットの戦闘員なので、その若さの部分がないといけない。一方ラドゥーは、ある意味マタ・ハリをクラっとさせるような大人の魅力が多分なければいけないと思うので、その両極端な違いを自分でどう演じ分けるか、非常に苦労しそうです。佐藤(隆紀/LE VELVETS)くんと東(啓介)くんに助けてもらおうと思っています(笑)。

――逆に佐藤さんと東さんは加藤さんに合わせていこう、と思っているかもしれませんね(笑)。

加藤:(笑)。以前、『ロミオとジュリエット』をやった時に、城田(優)がロミオとティボルトの二役を日替わりでやっていて、その時僕はティボルト役でした。その時感じたのは、やっぱり同じ役の人間同士で寄り添う気持ちがないと、芝居を作り上げられないような気がしたんです。だから『マタ・ハリ』でも、自分なりのアルマンやラドゥーの役作りがあっていいと思うんですけど、そこは同じ役をやる者同士、佐藤くんや東くんと一緒に作り上げていこうと強く思っています。 ・・・一つ気がかりなのは、稽古中、ちえちゃんを混乱させてしまうかも、ってこと。

――稽古の時はまだ衣裳を着ていませんし、どちらの役を演じていても見た目は加藤さんですもんね。

加藤:今どちらの役を演じているか、パッと見、表現できているのか少し心配です(笑)。首から役名を書いた札を、ぶら下げておきます?それとも胸に役名を書いて貼っておきますか?「アルマン」とか「ラドゥー」とか(笑)。

柚希:アルマンの日だったら話しかけたいけど、ラドゥーの日ならちょっと距離を置きたい・・・みたいなことになりそう(笑)。

『マタ・ハリ』柚希礼音×加藤和樹インタビュー画像_2.jpg

巨匠ワイルドホーン作品に挑む!

――本作は、フランク・ワイルドホーンさんの最新作となりますが、実際に韓国版をご覧になって、楽曲面で感じたことは?

柚希:ただただ、すごかったです。

加藤:あれだけのメロディーラインを歌いこなせる役者さんもすごいなと思いましたね。僕はワイルドホーンさんの楽曲に生で触れたのはその時が初めてだったんですが、繊細なところはすごく繊細だし、パワフルなところは役者さんとの相乗効果で何倍にもなるんです。とにかく楽曲の持つ振り幅が広いと感じました。

柚希:私は『スカーレット・ピンパーネル』初演の際に、ワイルドホーンさんの楽曲に触れましたが、一見複雑な音符ではないのに、歌ってみたらとても難しくて・・・しかもドラマティックにできあがっているので、歌い手に相当力がないと楽曲の世界観を表現しつくせないと痛感しました。当時大苦戦したので、今回も絶対に大苦戦すると思うんですが(笑)、がんばらないと!と思っています。

加藤:僕はまだ彼の楽曲を歌うのが初めてなんですが、「これ、歌えるのか?」ってくらい難しいですよね(笑)。聴く分には心地良いんですけどね。

――そんな難曲の数々をいかにお客さんに気持ち良く聴かせるか、が大きな課題なんですね。

加藤:しかも「役として」それを歌えるかってところがね。

柚希:そうそう!

『マタ・ハリ』柚希礼音×加藤和樹インタビュー画像_3.jpg

マタ・ハリとラドゥー、アルマンは日本版でどう描かれる?

――正直なところ、男性としては、マタ・ハリのような女性は放っておけない存在なんでしょうか?

加藤:どうですかね。ラドゥーは彼女の素性を知った上で近づいていますが、それを知らない世の男性たちは、やはり彼女が持つ何かエロティックな部分に惹かれていると思うんです。それはただ単に踊りということだけではなく、女性として、そして人間として男性を惹きつける何かがないと、やはりそこまでの存在になれないと思うんです。「魔性」とは、またちょっと違うかもしれないですけど。彼女のために何かをしてあげたい、という気持ちは、ひょっとしたらアルマンがマタ・ハリに惹かれていった理由の一つかもしれないですね。

そしてラドゥーも、案外任務は口実なんじゃないかなと思うんです(笑)。日本版でそれがどう描かれるかはこれからですが、芝居の部分に重きを置いて描かれることになると思うので、3人の関係性がより浮き彫りになって見えてくると思います。

『マタ・ハリ』柚希礼音×加藤和樹インタビュー画像.jpg

――加藤さんが「かわいらしい」とおっしゃた柚希さんの純粋な部分が、マタ・ハリの役作りにどう影響をもたらすのか興味深いです。

加藤:マタ・ハリに、そういう純粋な部分があってもいいと俺は思うんです。韓国版を観た時、マタ・ハリ自身も忘れかけていた「女性としての悦び」のようなものを感じたんですよ。アルマンとの出会いは、すごく純粋なラブに見えましたね。なんだか、青春っぽい瞬間で。だから柚希さんが持つ純粋さはいいと思います。そういう部分にアルマンもドキッとしたり、観ているお客さんにも「ああ、マタ・ハリってそんな一面もあるんだ」と感じてもらえたら、それが柚希さんならではのマタ・ハリにもなるだろうし。

――アルマンとの出会いが、パブリックイメージとしての「マタ・ハリ」と一人の女性である「自分」との間で葛藤していく要因になると思ったのですが、その辺はどのように演じていこうと考えていますか?

柚希:韓国版を観た際には、マタ・ハリが純粋なアルマンに出会い、本当は自分も普通の生活をしてみたかった、という部分が強く描かれていました。とはいえ、男を翻弄するマタ・ハリがあってこそ、アルマンとの出会いの場面が活きてくるので、まずはその違いをきっちり作りこみたいです。過去の自分に戻りたくないからスパイを一度だけやろうと決意する、その心情作りからがんばりたいですね。

ヘアメイク:CHIHARU
スタイリスト:仙波レナ(柚希)、立山功(加藤)
SEVESKIG (STUDIO FABWORK tel 03-6438-9575)、
Bennu(D,E.N inc. tel 03-6447-5685)、JUHA(tel 03-6659-9915)

『マタ・ハリ』柚希礼音×加藤和樹インタビュー画像_5.jpg

◆公演情報
ミュージカル『マタ・ハリ』
【大阪公演】2018年1月21日(日)~1月28日(日) 梅田芸術劇場メインホール
【東京公演】2018年2月3日(土)~2月18日(日) 東京国際フォーラム ホールC

【脚本】アイヴァン・メンチェル
【作曲】フランク・ワイルドホーン
【歌詞】ジャック・マーフィー
【オリジナル編曲・オーケストレーション】ジェイソン・ホーランド
【訳詞・翻訳・演出】石丸さち子
【出演】
柚希礼音:マタ・ハリ役
加藤和樹:ラドゥー/アルマン役

佐藤隆紀 (LE VELVETS):ラドゥー役 (Wキャスト)
東 啓介:アルマン 役(Wキャスト)
西川大貴:ピエール役 (Wキャスト)
百名ヒロキ:ピエール役 (Wキャスト)

栗原英雄:パンルヴェ
和音美桜:アンナ
福井晶一:ヴォン・ビッシング

ほか

(撮影/エンタステージ編集部)

  • 1

(文/エンタステージ編集部)

マタ・ハリ

作品情報マタ・ハリ

運命に翻弄される謎の女性。彼女の名はマタ・ハリ。

  • 公演:
  • キャスト:柚希礼音、加藤和樹、佐藤隆紀、東啓介、西川大貴、百名ヒロキ、和音美桜、栗原英雄、福井晶一、ほか

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のインタビュー

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP