HEADLINE

インタビュー

セーラーギャラクシア&セーラーアニマメイツに一問一答!ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」-Le Mouvement Final-連続インタビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「セラミュー」シリーズの最終章となるミュージカル「美少女戦士セーラームーン」-Le Mouvement Final-。キャストの想いを聞く連続インタビュー企画第3弾には、本作の中で同じセーラー戦士でありながら、セーラームーンたちの前に立ちはだかるセーラーギャラクシア&セーラーアニマメイツに登場してもらった。

ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」-Le Mouvement Final-連続インタビュー_ギャラクシア&アニマメイツ

セーラーギャラクシアを演じる五十嵐ココ、そして、ギャラクシア率いる戦士セーラーアニマメイツを演じる青木志穏、橋垣美佑、小林由佳、悠斗イリヤに、原作との出会いや役への想い、秋の公演に向けた意気込みなどを一問一答形式で聞いた。

ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」-Le Mouvement Final-連続インタビュー_セーラーギャラクシア

セーラーギャラクシア 五十鈴ココ

――原作の「美少女戦士セーラームーン」との出会いや思い出はありますか?

「美少女戦士セーラームーン」との出会いは、小学校の時でしたね。「月にかわっておしおきよ!」というあの有名な台詞は、当時の私にとっても衝撃でした。「なかよし」を毎月読むのを、楽しみにしていたことを覚えています。それから、子どもながらにセーラー戦士たちの恋愛事情にドキドキしていましたね。

――今回、ココさんはセーラームーンの最大の敵となるセーラーギャラクシア役を演じられます。役の好きなところや、役と出会ってご自身が変わったところを教えてください。

セーラーギャラクシアは“銀河系最強の戦士”にして冷酷で孤独なセーラー戦士です。今回演じるにあたり、彼女の心の中に秘めた思いを知るにつれ、セーラームーンのような仲間がいなかった寂しさ、彼女なりのひたむきさ、情熱を知れば知るほど、愛おしさを感じています。変わったところは・・・常に戦闘態勢になったところかな(笑)。

――本作で「セラミュー」は最終章を迎えます。公演に向け、意気込みをお願いいたします。

日本だけでなく、海外の方々にも人気な「セラミュー」の最終章で、大好きなギャラクシアを演じられる喜びと、セーラームーンファンの方々へのご期待に添いたいという熱意で身が引き締まる思いです。私の力を出し尽くして、精一杯努めたいと思います。

ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」-Le Mouvement Final-連続インタビュー_セーラーアイアンマウス

セーラーアイアンマウス 青木志穏

――原作の「美少女戦士セーラームーン」との出会いや思い出はありますか?

最初の出会いは、幼少期です。記憶は曖昧なんですが、セーラームーンの下敷きを持っていました。お気に入りは、ちびうさちゃんだったと思います。
大きくなって、ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」のオーディションを受けさせていただくことになり、改めてアニメを観ました。それからは、セーラームーンの魅力に取り憑かれ、グッズを集めたり、コミックを購入したり・・・今では大ファンです。

――演じられるセーラーアイアンマウスの印象や、敵役を演じるにあたりご自身にあった変化がありましたら、教えてください。

セーラーアイアンマウスは、かわいらしいビジュアルで憎めないキャラだなと思いました。特に、アニメではおっちょこちょいな部分が描かれていて(笑)。敵とは思えないほど、愛嬌のある可愛らしいキャラクターです。
変化を感じるところは、悪役や敵役への見方ですね。今までは正義の味方が好きでしたが、セーラームーンに出てくる敵役には、一人一人抱えているものやバックグラウンドがあって、共感できる部分があるなと思いました。敵役も、大好きになりました!

――最後に、最終章へ向けた意気込みをお願いいたします。

ずっと憧れていた、ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」。その「最終章」に携われること、大変嬉しく思います。最終章に相応しい、セーラー戦士とセーラー戦士の戦い。とても熱いものになること間違いなしです!ギャラクシア様の元で、誰にも負けないくらい精一杯がんばります!!

ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」-Le Mouvement Final-連続インタビュー_セーラーティンにゃんこ

セーラーティンにゃんこ 橋垣美佑

――原作の「美少女戦士セーラームーン」との出会いや思い出はありますか?

物心ついた頃にはアニメを観ていて、セーラームーンと共に育ちました。スーパーセーラームーンの変身セットも持ってましたし、ロッドもシリーズが変わる度に買ってもらってよく変身していました(笑)。中学生になってから単行本の原作を読んで、また小さかった頃とは違った感覚で「美少女戦士セーラームーン」の世界に魅了されたのを覚えています。

――セーラーティンにゃんこの役の印象や、敵役を演じる上で自分に感じる変化がありましたら教えてください。

セーラーティンにゃんこは、自分の目的のためなら手段を選ばない!そんな気持ちの強いところが好きです。少しイジワルなところもあるけれど(笑)。もちろん、見た目やコスチュームもかわいくて大好きです!
子供の頃は、自分がセーラー戦士の気持ちで見ていた作品ですが、敵役として作品を改めて見ると、それぞれに強い気持ちがあって一人一人がとても魅力的であることが実感できました。

――最後に、最終章へ向けた意気込みをお願いいたします。

まず、この記念すべき最終章に参加させていただける事がとても嬉しいですし、光栄に思っております!どんどんパワーアップして強くなっているセーラー戦士たちに立ち向かうということで自分たちもそれ相応の敵でなければならない。個々はもちろんですが、チームワークを大事にして取り組んで行きたいです!

ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」-Le Mouvement Final-連続インタビュー_セーラーアル―ミナムセイレーン

セーラーアルーミナムセイレーン 小林由佳

――原作の「美少女戦士セーラームーン」との出会いや思い出はありますか?

私は少年漫画を多く読んでいたのですが、「美少女戦士セーラームーン」には夢中になり、「なかよし」の発売を毎月楽しみにしていました。変身シーンに憧れを持ったりして、付録や全員応募のグッズを集めていたし、単行本は今も実家に残っています。セーラームーンがきっかけで星が好きになり、よく空を見上げて星や星座を覚えていました。ルナみたいな猫を飼いたいな・・・なんて夢も持っていたことを思い出し、とても懐かしくなります。

――小林さんは前作に続いて2度目の出演です。セーラーアルーミナムセイレーンの印象や、今回の役を演じることでご自身の変化がありましたら、教えてください。

セーラーアルーミナムセイレーンは、まずは大好きな青系の容姿、さらにマーメイド星出身という点が、私の好きなものに共通していてすぐに愛着が湧きました。それから「母親に挨拶が出来ないとろくな大人になれないと言い聞かせられて育った」という話には、私の親も挨拶に厳しかったので共感してしまいました。今回演じるセイレーンに近づくためにも、礼儀正しく、丁寧な口調、綺麗好きというところを、私生活の中でも改めて意識してみたいと思っています。

――最後に、最終章へ向けた意気込みをお願いいたします。

前回に引き続き、また憧れていた「セラミュー」の世界に生きることが出来るなんて、とても幸せです。最終章という言葉にとてもプレッシャーも感じますが、目の前の相手にセイレーンの立場でしっかり向き合い、そしてお客様にこの作品のメッセージを届けられたらと思っています。皆様に愛されるセーラームーンの世界のエネルギーが舞台から届くようがんばります。

ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」-Le Mouvement Final-連続インタビュー_セーラーレッドクロウ

セーラーレッドクロウ 悠斗イリヤ

――原作の「美少女戦士セーラームーン」との出会いや思い出はありますか?

私の「美少女戦士セーラームーン」との出会いは、とても幼い頃です。「何歳のころ」みたいに、正確には覚えてないのですが・・・友達とセーラームーンごっこをしたり、着せ替えの塗り絵をしたり、家の中ではセーラームーンの衣裳がデザインされたワンピースとカツラを被って、ムーンスティックを振り回し、完璧にセーラームーンになりきっていました。でも、なぜか長袖だったんですけど(笑)。
アニメのオープニング曲であった「ムーンライト伝説」が大好きなので、カラオケに行くと必ず歌いますし、朝からテンションを上げたい時には目覚ましの曲に設定している時もあります。

――演じられるセーラーレッドクロウへの印象を教えてください。

演じさせていただくセーラーレッドクロウは、コミックではあまり描かれていないのですが、アニメではセーラーアルーミナムセイレーンとコンビのように描かれていますよね。見た目はとても怖く強そうで「ザ・悪役」というイメージなんですが、自分が消滅する直前までセイレーンのことを気遣う優しいところに意外性を感じて、とても好きです。

――最後に、最終章へ向けた意気込みをお願いいたします。

実を言うと、一作目の「-La Reconquista-」から全作品、AiiA 2.5 Theater Tokyoに観に行っていました。まさかこの作品の、しかも最終章に自分が携わることが出来るなんて、本当に夢のようです。劇場で「セラミュー」の世界を初めて観た時の、あの感動を忘れずに、次は私自身が皆様に“夢と感動”をお伝えできるように、精一杯務めて参りたいと思います。

ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」-Le Mouvement Final-

◆公演情報
ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」-Le Mouvement Final-(ル ムヴマン フィナール)
【東京公演】9月8日(金)~9月18日(月・祝) AiiA 2.5 Theater Tokyo
【愛知公演】9月23日(土・祝)・9月24日(日) アイプラザ豊橋
【大阪公演】9月29日(金)~10月1日(日) 梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ

【原作】武内直子
【脚本・演出】平光琢也
【音楽】佐橋俊彦

【出演】
セーラームーン/月野うさぎ 野本ほたる
セーラーマーキュリー/水野亜美 竹内 夢
セーラーマーズ/火野レイ 小林かれん
セーラージュピター/木野まこと 楓
セーラーヴィーナス/愛野美奈子 長谷川里桃

セーラーウラヌス/天王はるか 汐月しゅう
セーラーネプチューン/海王みちる 藤岡沙也香
セーラープルート/冥王せつな 石井美絵子
セーラーサターン/土萠ほたる 未来
セーラーちびムーン/ちびうさ 神田愛莉

セーラースターファイター/星野 光 春川芽生
セーラースターメイカー/大気 光 立道梨緒奈
セーラースターヒーラー/夜天 光 松田彩希
火球皇女 岡村麻未

セーラーギャラクシア 五十鈴ココ
セーラーアイアンマウス 青木志穏
セーラーティンにゃんこ 橋垣美佑
セーラーアルーミナムセイレーン 小林由佳
セーラーレッドクロウ 悠斗イリヤ
シャドウ・ギャラクティカ 肥田野好美 椎原夕加里 匂坂あゆ美 長澤綾乃

ちびちび(Wキャスト) 山口陽愛/新津ちせ
セーラーコスモス 大久保聡美

タキシード仮面/地場 衛 大和悠河

【公式HP】http://sailormoon-official.com/musical/

【チケット】各プレイガイドにて発売中

(C)武内直子・PNP/ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」製作委員会2017

  • 1

(文/エンタステージ編集部)

ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」-Le Mouvement Final-

作品情報ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」-Le Mouvement Final-

ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」最終章!

  • 公演:
  • キャスト:野本ほたる、竹内夢、小林かれん、楓、長谷川里桃、汐月しゅう、藤岡沙也香、石井美絵子、未来、神田愛莉、五十鈴ココ、大和悠河、ほか

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のインタビュー

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP