HEADLINE

インタビュー

舞台『PERSONA3 the Weird Masquerade』第4弾「藍の誓約」 最終章「碧空の彼方へ」藤原祐規&藤田 玲インタビュー!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大人気ゲーム『ペルソナ3』を舞台化した舞台『PERSONA3 the Weird Masquerade』シリーズ。これまでに2014年1月に第1弾「青の覚醒」、2014年9月に第2弾「群青の迷宮」、2015年6月に第3弾「蒼鉛の結晶」を上演。そして遂に2017年4月から、続編となる第4弾「藍の誓約」と最終章「碧空の彼方へ」が上演される。

今回のインタビューでは、真田明彦役の藤原祐規と荒垣真次郎役の藤田 玲に、過去公演の思い出や、舞台版の魅力、第4弾と最終章への意気込みなどを楽しく語ってもらった。

舞台『PERSONA3 the Weird Masquerade』第4弾「藍の誓約」 最終章「碧空の彼方へ」藤原祐規&藤田 玲インタビュー

――いよいよ第4弾、そして最終章となりますが、ラストを迎える今のご心境は?

藤原:実は、個人的にシリーズ物の舞台を完結までやったことがなかったんですよ。

藤田:そうなの?やってそうだけどね。

藤原:ううん、これが初めて。だから、そういった意味では、すごく感慨深いですね。第1弾からずいぶん時間が経っているから、本読みとか、顔合わせの段階で、すでに懐かしい気持ちになりました。

藤田:僕は第2弾から登場して、男性主人公版と女性主人公版では違う展開になっているんですよね。今回のも男性主人公と女性主人公で展開は違うのですが、女性主人公版の最終章で、また皆とステージに立てることが嬉しいですね。

――過去の公演を振り返って、印象的な思い出はありますか?

舞台『PERSONA3 the Weird Masquerade』第4弾「藍の誓約」 最終章「碧空の彼方へ」藤原祐規&藤田 玲インタビュー_6

藤原:印象深いことだらけでしたね(笑)。

藤田:色々とあったよね~。

藤原:第1弾では、映像で表現される大型シャドウや、シャドウを演じるアンサンブルの人たちと戦っていたんですよね。第2弾から、ストレガという敵組織的なものも登場して、さらに玲くん演じる荒垣やアイギスも仲間として加わって、一気に人数が増えたことで第1弾と第2弾でガラッと変わったな、新しい風が吹いたなと思っていたんですよ。イイ意味で、色々な色が混ざり合って新しい色になったなと。そして、第3弾ではファルロス役の植ちゃん(植田圭輔)が望月綾時として登場してね。

藤田:それまでは、寝間着みたいな格好で歩いているだけだったからね(笑)。

藤原:一人でしゃべって、一人で舞台をはける役だったからね(笑)。誰とも会話しない役だったけど、ついに第3弾で皆としゃべれるようになりました。でも、しゃべれるようになったと思ったら、最終章ですごいことになるんですけどね・・・。そういう風に、回を重ねるごとに広がりを見せられてきたなと思いますね。今回、時が経ったことで皆が成長してきている分、皆が一緒になった時に何が起こるのか、今から楽しみですね。

藤田:僕は、みんなが第1弾で作り上げた中に、第2弾で加わるということで、ちゃんと役を作っていかないといけないなと思っていたんです。ゲームも全部プレイして、映画も観に行きました。それで、台詞回しも、ある程度はちゃんとしてから挑んで、自分的には身構えた感じで稽古場に行ったんです。フッキー(藤原)のことはよく知っていましたけど、はじめましての方も多いカンパニーだったんですよね。でも、すごく許容する幅を持っている方々ばかりだったので、すんなり入れた感じがしました。

舞台『PERSONA3 the Weird Masquerade』第4弾「藍の誓約」 最終章「碧空の彼方へ」藤原祐規&藤田 玲インタビュー_7

藤原:その稽古の時は、玲くんは違う舞台と(日程が)かぶっていたんだよね。

藤田:地方に行っては舞台『ペルソナ3』の稽古のために帰ってくるみたいな感じでした(笑)。

藤原:そうそう、その忙しいスケジュールの合間を縫って、稽古に来てた気がする。・・・それなのに、台詞がちゃんと入っているんですよ!

藤田:いや、そこで台詞が入ってなかったら「何だアイツ」ってなるじゃん(笑)!

藤原:しかも、最初の立ち稽古の時点で、役がピタッと決まっていたからね。
許容せざるを得ないものを持ってきていたんです(笑)。

――カンパニーとしても、受け入れてくれる形が出来ていたんですね。

藤田:そうですね。その雰囲気はすごく感じました。だから、本当に良いカンパニーだなと。特に、第2弾は荒垣がストーリーの中心にいたので、真田役のフッキーと、天田役Wキャストの二人(坂口湧久/鈴木知憲)と、どのように仲良くしていこうかずっと考えていました。フッキーはこの感じなので、心配しなくて大丈夫なんですけどね(笑)。荒垣と真田のデュエットもあって、楽しい思い出がいっぱいです。

――真田と荒垣は幼馴染の設定で、劇中でも友情などが描かれてきましたが、お二人のインタビュー中の仲の良さを見ていると、役にピッタリですね。

藤田:ウェーイ!ウェーイ!(藤原さんに向かって)

藤原:ウェーイ!(藤田さんに向かって)・・・「ウェーイ!」って言い合うような絡みは、今、初めてしました(笑)。

藤田:確かにしたことないね(笑)。

舞台『PERSONA3 the Weird Masquerade』第4弾「藍の誓約」 最終章「碧空の彼方へ」藤原祐規&藤田 玲インタビュー_3

――とっさに初めてのやり取りでも返せるところに、仲の良さを感じます(笑)。

藤原:でも、初めて共演した時から、何か合うなという感じがしていたんですよ。その時はまったく絡みはなかったんですけどね。

藤田:そうだね、なかったね。

藤原:稽古場の隅で話したりするだけだったんです。その時から、個人的に気が合うな~と思っていて、その後にまた共演して、その感覚が間違っていなかったなと感じました。だから、第2弾の時も忙しいスケジュールの中、稽古に来てくれていたと思うんですけど、打ち合わせなどをあまりしなくても合わせられたのは嬉しかったですね。

藤田:僕も“藤原祐規さん”というのは、好きな役者さんの一人だったので、会ってみたらイメージどおりというか、僕の好きな変な人だと思いました(笑)。

藤原:何それ(笑)。

藤田:すごく努力家で、僕が持っていないものをいっぱい持っていて、安心して一緒に演じられる方なんです。だから、真田がフッキーで本当に良かったなと。それは、ステージ上で、フッキーが一人で歌っている時でも、すごく感じていました。

舞台『PERSONA3 the Weird Masquerade』第4弾「藍の誓約」 最終章「碧空の彼方へ」藤原祐規&藤田 玲インタビュー_4

――舞台『ペルソナ3』のキャスティングをされた方は、お二人の関係を知っていたのでしょうか?

藤原:プロデューサーさんが、『MASHUP!』で僕らのことを観ていいんじゃないかと思ってくださったそうです。荒垣は俺とすごく絡む役なので(キャスティング前に)「荒垣役に玲くん、どうかな?」と声を掛けてくださったんですよ。だから、「絶対にイイと思います!」って答えたんです。

藤田:ありがとうございます(笑)。

――藤田さんはその話をご存じでしたか?

藤田:どこかで聞いたことがあります(笑)。

藤原:公の場で言うのは初めてかも。

藤田:僕をキャスティングしてくれて、フッキーには本当に感謝ですね!

藤原:いやいや、俺の力じゃないから(笑)。プロデューサーにイイよって言っただけだから(笑)!

――今回の、第4弾と最終章におけるご自身の役の見どころは?

藤原:舞台『ペルソナ3』の大きなテーマとしては、“絆”とか“成長”がキーワードになっているんですよね。登場人物たちが成長すると、ペルソナが覚醒して進化していくんですけど、第3弾までで、(岳羽)ゆかり、(桐条)美鶴、真田、天田たちはもう覚醒していて、ゲームで言うとキャラクターたちの大きなイベントが終わっている状態なんですよ。だけど、第4弾と最終章で、また新たな大きな問題が、特別課外活動部(S.E.E.S.)のメンバーに降りかかってくるんですね。さらにその降りかかってきた大きな問題が「もう、どうしようもねぇじゃん」みたいな状況になっていくんですけど・・・。テーマとしては、主人公、(伊織)順平、(山岸)風花、アイギスの4人の成長物語がメインにあって、その絶望の中から立ち上がる特別課外活動部(S.E.E.S.)のメンバーたちの姿が見どころになると思います。そして、そこに荒垣がどう関わってくるのか・・・ですね。

舞台『PERSONA3 the Weird Masquerade』第4弾「藍の誓約」 最終章「碧空の彼方へ」藤原祐規&藤田 玲インタビュー_5

藤田:僕は、第3弾を観に行けなかったんです。だから、本当に荒垣と一緒の状態。でもそれが、僕と荒垣がリンクするようで、ある意味で良かったのかなと思っていますね。だから、成長した皆に出会った時に、どういう言葉を掛けるのか。言葉を掛けなかったとしても、どういう風に接するのか。たとえ台詞を交わさない役の人にも、一人一人に荒垣としての思いがあるはずなので、原作の奥まで感じさせられるようなものを出せればいいなと思っています。もちろん、原作に対して忠実であることを守りつつ、それを超えて、観ている方々が納得してくださるような、成長した皆に対する荒垣としての接し方を表現できたら楽しいものになるだろうと考えています。

――真田は、第4弾と最終章に加えて、それぞれに男性主人公版と女性主人公版と4つの台本がありますよね。

藤原:こんなことは初めてですよ!まず、カバンが重いんです(笑)。演じる上でも、男性主人公と女性主人公で感情の持っていき方が違うので、蒼井翔太がこうやったから、阿澄佳奈にこういう風にやって・・・ということでもないんです。だから、同じシーンなのに二人が違うことをするというシーンもあるんですよね。その時に、僕らが同じ感情ではダメなわけで。

公演スケジュールを見ると、最初に第4弾の公演が集中していて、それから休演日を挟んで最終章を上演して、4月22日(土)・23日(日)のマチネが第4弾、ソワレが最終章なんです。この日に両方ご覧になるお客様も多いでしょうし、お客様にもダイレクトに理解していただけると思うんですけど、初めてのことだらけなので緊張しそうです。だけど、このメンバーならきっと出来ると信じています!この“信じています”にはビックリマークを付けておいてください(笑)。

――逆に荒垣は出番が限られていますが。

藤田:今回、第2弾で立てたフラグを男性主人公版では回収できないですけど、女性主人公版では回収できるんですよね。回収できなかった切なさと、回収できる、ある意味でのハッピーエンド、どちらもお客様に観ていただけるんですよ。そういう意味で、大きな流れを大事にしつつ、自分のフラグの回収と、皆との友情を育んでいくことに徹したいですね。

舞台『PERSONA3 the Weird Masquerade』第4弾「藍の誓約」 最終章「碧空の彼方へ」藤原祐規&藤田 玲インタビュー_2

――まもなく開幕ですが、楽しみにしている皆さんへメッセージをお願いします。

藤原:舞台『ペルソナ3』が、ついに完結となります。第1弾から参加している身としては、良い終わらせ方をしたいと心から思っております。ずっと観てくれてきたお客様もいらっしゃるでしょうから、そのためにも、原作で得た感動を超えられるものを出したいなと。そして、せっかく玲くんが出演するので、真田としても荒垣との関係性を、どこかで出せたらいいなと目論んでいます。真田と荒垣が好きな方には、ぜひ、注目して欲しいですね。

藤田:インタビューで言ったからには、そこは作らないとね!

藤原:そうだね。最終的にはカーテンコールで出してもいいよね(笑)。

藤田:何かしら、お見せします(笑)!最後になりますが、一人一人が積み上げてきて、愛される理由を持っているキャラクターたちが、最後に集合して見せる物語を見届けて欲しいと思っております。原作ファンの方にも、舞台を観て「『ペルソナ3』は舞台版も最高だよね」と言ってもらえるように、キャラクターたちの生き様が、観に来てくださる方々に伝わればいいなと思っております。そして、カーテンコールでは真田に絡みにいきます(笑)!

『PERSONA3』_ビジュアル

【公演情報】
舞台『PERSONA3 the Weird Masquerade』 第4弾「藍の誓約」 最終章「碧空の彼方へ」
4 月14 日(金)~4月23 日(日) シアターGロッソ

【CAST】
蒼井翔太/阿澄佳奈 
富田麻帆、大河元気、田野アサミ、藤原祐規、田上真里奈、
坂口湧久/鈴木知憲(Wキャスト)、西山丈也、松本祐一、はねゆり/
藤田 玲(特別出演)/
ZAQ、植田圭輔 ほか

(C)ATLUS (C)SEGA / P3 the WM Project 2016

(撮影/櫻井宏充)

  • 1

(文/櫻井宏充)

PERSONA3 the Weird Masquerade 第4弾「藍の誓約」最終章「碧空の彼方へ」

作品情報PERSONA3 the Weird Masquerade 第4弾「藍の誓約」最終章「碧空の彼方へ」

ついに“終焉の刻”が迫る・・・永劫の記憶の、その先へ! それは、深く尊く、あらがえない聖なる誓い―

  • 公演:
  • キャスト:蒼井翔太、阿澄佳奈、 富田麻帆、大河元気、田野アサミ、藤原祐規、田上真里奈、坂口湧久、鈴木知憲、西山丈也、松本祐一、はねゆり、藤田玲、ZAQ、植田圭輔、ほか

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のインタビュー

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP