HEADLINE

インタビュー

少年社中『アマテラス』インタビュー第2弾!井俣太良&橋本祥平「自分たちが今一番やりたい作品」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年2月3日(金)に東京・紀伊国屋ホールにて開幕する、劇団少年社中 第33回公演『アマテラス』。第1弾の毛利亘宏&中村優一に続き、第2弾では井俣太良と橋本祥平にインタビューを行った。毛利が脚本・演出・作詞を手掛けるミュージカル『薄桜鬼』シリーズで、共演経験を持つ二人。今回改めて、お互いの印象や劇団公演での共演について話を聞いた。

少年社中『アマテラス』インタビュー第2弾井俣太良×橋本祥平

――まず、今回の作品の印象を教えてください。

井俣:少年社中としては、久しぶりの冒険活劇です。SFと神話、古事記の要素、その二つを絡めて、少年社中の王道でお届けするんだ!というのを感じましたね。設定を聞いただけですごくおもしろくて・・・これは絶対に、力強くていい作品になるだろうなという確信をしました。

橋本:シンプルにおもしろそう!というのが、最初の感想でした。神々とお供する動物たちというようなおとぎ話的な面もあり、違う世界を冒険をしたりと、いろいろな内容が詰まっているなと思いましたね。

――お二人は、これまでにもミュージカル『薄桜鬼』シリーズでご共演されていますが、お互いの印象は?

橋本:初めて共演させていただいたのは、『藤堂平助篇』(2015年)でしたよね。

井俣:そうだね。最初の印象は・・・「何、この子かわいい!」という感じでした(笑)。ものすごく人当たりがいいし、行儀もいいし、かといって大人しすぎるわけでもないんですよ。場を盛り上げるというよりは、勝手に盛り上がってるんですけど(笑)。それがまた、かわいいんですよ。芝居の面では、すごく実直で常に自分の課題を向き合いながら、しっかり一つ一つをものにしていく役者だなと思っています。休憩時間にも、いろいろやっている姿を見ると、頼もしくもあります。

橋本:僕にとって、太良さんぐらいの年齢の先輩は近寄りがたい存在に感じることも多いんですが、太良さんは全然そんなことはなくて、はじめから仲良く接してくれました。「この方は優しい人だ」と、安心できた一人目の先輩です。

少年社中『アマテラス』インタビュー第2弾井俣太良×橋本祥平_3

井俣:ミュージカル『薄桜鬼』では、彼は新キャストとして入ってきたので。ある意味、アウェイなところに入ってくるわけじゃないですか。本人は、相当緊張しているだろうし、そういうことを考えて、僕はいつも「よっ!」みたいな感じで入っていくんです(笑)。

橋本:このノリに本当に助けていただきました(笑)。

井俣:でも、場に馴染んできたら、そんなにベタベタしないです(笑)。バランスを見ながらね。

橋本:太良さんは、いろいろな方のお芝居を観てきていらっしゃるので、たくさんアドバイスをしていただいています。一緒に筋トレしたりとか。太良さんといえば、“筋肉馬鹿”みたいな(笑)。

井俣:いろいろと褒めてくれたのを全部忘れるぐらい“筋肉馬鹿”って言葉が目立ってるけど(笑)!

橋本:本当に頼りがいのある先輩です(笑)!

――ちなみに、橋本さんは“太良さん”と呼ばれていますが、井俣さんは橋本さんのことをどう呼んでいるんですか?

井俣:“祥平”とか、“ヘイヘイ”とか・・・その時の気分ですね。真剣な時は“祥平”、楽しげな時は“ヘイヘーイ”だったり。

橋本:呼びますね~。

井俣:オンとオフで分けているかな(笑)。

少年社中『アマテラス』インタビュー第2弾井俣太良×橋本祥平_4

――とても仲の良い感じが伝わってきます(笑)。

橋本:とても接しやすい方です。太良さんが僕らに寄ってきてくれているので…(笑)。

井俣:あんまり大人ぶらないように心がけているというのもあるんですけど、そうしているうちにだんだん幼児化していった・・・みたいな(笑)。意識的に、若手と目線を合わせるようにはしています。僕にしか言えないことがあると思ったら言うし。その意見に対して「そうですか」という人もいるし、「ふーん」っていう人もいると思うけど、何か引っかかってくれたらな、という立ち位置ですね。それから、僕自身も若い人たちから学びたいっていう気持ちがすごく強いです。実際に学ぶことがすごく多いので、勉強させてもらっている分、恩返しの気持ちでいろいろしてあげたいなって思っています。

――今回、井俣さんの所属する劇団公演で改めて共演されますが、どんな心境ですか?

橋本:僕はミュージカル『薄桜鬼』での太良さんしか知らないので、「少年社中での井俣太良はどんな人なんだろう?」と思いました。ミュージカル『薄桜鬼』の時より大人ぶっていたらどうしよう・・・って(笑)。

井俣:ははは、そんなに変わらないよ(笑)。“どこへ行っても変わらない”っていうのが僕のモットーだから!

橋本:それを聞いて安心しました(笑)。

井俣:祥平は、真面目でとてもいいヤツで、ファンシーな人っていうのがよく分かっているからね。ゲスト出演してくれることを知った時は「なんて心強いんだろう!」って思いました。芝居への姿勢がしっかりしているから、そういう人がうちの劇団に力を貸してくれるのはすごくありがたいし。長い稽古の間も、彼が場の空気を作っていろいろな意味で和ましてくれるだろうから、安心感をすごく感じています。

少年社中『アマテラス』インタビュー第2弾井俣太良×橋本祥平_5

――数々の舞台作品に出演されているお二人ですが、舞台上で特に意識していることはありますか?

橋本:舞台って基本的に毎日同じことをやるじゃないですか。だから、一回一回をいかに新鮮にできるかということを大事にしています。

井俣:そうだね。毎回同じことをやっているけれど、僕たちはそれを初めて体験したように演じないといけない。映像だと、その画角の中で表現できていればいいと思うんですけど、舞台は常に全体が見えている状態なので、顔の表情だけで演じるとかではなく、心も含めた身体全体で演じることを常に意識しています。そういう意識を下ろしていくと、身体と精神が一致する、みたいな感じですね。

――この作品で新たに挑戦したいことはありますか?

橋本:僕は“弱虫で勇気のない亀”という役どころなんですけど、そういう役をやること自体、自分の中では新しい挑戦ですし、この役を演じることで今後の引き出しが増えると感じています。せっかく少年社中さんの作品に出演させていただくので、いろいろな先輩の良いところを盗んで、太良さんにもたくさん相談してやっていきたいです。

井俣:僕は自分から「これに挑戦したい」とかは言わないタイプなので、“挑戦すること”に挑戦してみたいです。今回、劇団員が全員出るんですよ。そういう意味でも、しっかりと劇団としてできる公演ですし、久々にオリジナルの冒険活劇っていうのも、原点回帰の一つだと思います。昔やっていたものに今の自分たちを擦り合わせることで、おもしろいものが生まれるという確信はありますね。

少年社中『アマテラス』インタビュー第2弾井俣太良×橋本祥平_6

――最後に、舞台を楽しみにしているファンの方々にメッセージをお願いします!

橋本:2017年一発目の作品が、ずっと出たかった少年社中さんの作品でとても嬉しいです!2016年は2.5次元の作品をたくさんやらせていただいたんですけど、今回はオリジナルのストレートプレイ作品ということで、本当にワクワクしています。お芝居が大好きなので、そういう気持ちが少しでも伝わるように演じます!楽しみにしていてください。

井俣:少年社中という劇団がお客様のおかげでやってこれて、どんどん大きくなっていって・・・。そんな中で、自分たちが「今一番やりたい作品」を届けられることにすごく喜びを感じています。ゲストの方たちも、少年社中大好きっ子が多いのですごく安心できますし、いつもと違ったファミリー感が出せるんじゃないかなと思います。昔を思い出すような真っ直ぐさと青くささ、そこにちゃんと深みが出た王道のエンターテイメントをお届けできると思ういます。忘れてしまった“ワクワク”を、劇場へ確かめに来ていただきたいです!

少年社中『アマテラス』インタビュー第2弾!井俣太良×橋本祥平_2

◆公演情報
少年社中 第33回公演『アマテラス』

2月3日(金)~2月13日(月) 東京・紀伊國屋ホール
【脚本・演出】毛利亘宏
【出演】井俣太良、大竹えり、岩田有民、堀池直毅、加藤良子、廿浦裕介、長谷川太郎、杉山未央、山川ありそ、内山智絵、竹内尚文、川本裕之
中村優一、三上俊、高崎翔太、田上真里奈、橋本祥平、ザンヨウコ、高木俊、ラブオ

  • 1

(文/鈴木唯)

少年社中 第33回公演『アマテラス』

作品情報少年社中 第33回公演『アマテラス』

少年社中、劇団員が総出演! 新作公演は「神無き国の創世神話」。青年は、冒険の果てに何を見るのか―。

  • 公演:
  • キャスト:井俣太良、大竹えり、岩田有民、堀池直毅、加藤良子、廿浦裕介、長谷川太郎、杉山未央、 山川ありそ、内山智絵、竹内尚文、川本裕之、ほか

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のインタビュー

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP