HEADLINE

インタビュー

舞台『世界』赤堀雅秋×早乙女太一インタビュー!「今まで見たことのない一面が見られると思います」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

赤堀雅秋×シアターコクーンの第3弾『世界』が2017年1月11日(水)より東京・Bunkamura シアターコクーンにて上演される。繊細な人物造形と歴史や血縁に縛られるリアルな人間関係で溢れるほどの生々しい感情を炙り出してきた赤堀だが、本作では、地方都市で町工場を営む家族を中心に、ミニマムな生活から逃れられない人間関係が生み出すやるせなさを描いている。

舞台『世界』赤堀雅秋×早乙女太一インタビュー

出演者には、風間杜夫、大倉孝二、早乙女太一、梅沢昌代といった実力派俳優から本作が舞台初出演となる広瀬アリスなど、バラエティーに富んだ顔ぶれが揃った。作・演出を手掛ける赤堀と、本作への参加を「挑戦」だと語る早乙女に、作品に対するそれぞれの姿勢を赤裸々に語ってもらった。

――本日はよろしくお願いします。

赤堀:まだ内容の決まっていない部分もあるので、ボクがペラペラ言い訳のように喋ってしまうと思いますが、ご了承ください(笑)。
(※インタビューが行われたのは稽古が始まる前)

――わかりました。それでは、今決まっている範囲で構わないので、この『世界』という作品がどんなお話になるのか教えてください。

赤堀:いきなり痛いところにきましたね(笑)。・・・街に住む人々をスケッチするように描きたいと思っているので、あらすじらしいものもないんですよ。風間杜夫さん演じる足立義男という町工場を経営するしょうもない中年を中心とした話で、その工場の経営をほとんど任されている義男の息子役の大倉孝二くんがいたり、その工場で働いている早乙女さんがいたり。登場人物たちは、それぞれ抱えている想いを押し殺しながら、臭いものには蓋をした生活を送っているんです。そんな中、義男の奥さんを演じる梅沢昌代さんが、今さらながら離婚を切り出すところから物語が動きだす予定になっています。

――早乙女さんは、赤堀さんの作品をご覧になったことは?

舞台『世界』赤堀雅秋×早乙女太一インタビュー_5

早乙女:・・・ないんです(笑)。

赤堀:観なさいよ、映画とかもあるんだからさ(笑)!

早乙女:映画はあります!

――先ほど、赤堀さんが「スケッチのように描写したい」と言われていましたが、そういった自然な演技を求められる作品に出演されたことはありますか?

早乙女:あまりないですね。どちらかというと、いつも着飾っていますから(笑)。なので、この機会をいただけたことがすごく嬉しいです。自信はありませんが・・・。

赤堀:大丈夫。常に僕も自信ないから(笑)。

「大切なことはいつも面倒臭いもの」(赤堀)

――まだお会いになったばかりだと思いますが、赤堀さんから見た早乙女さんの印象を教えてください。

赤堀:早乙女さんの印象は、やっぱり殺陣かな。その姿は驚愕するほどかっこよくて、男の僕から見ても惚れ惚れするほど程なんですけど・・・今回の公演では、かっこいい姿は見られないかもしれません。どうしたら誰も見たことない「早乙女太一」を描けるのかなって思いながら書いているので、これまでとは違う、新しい早乙女さんの一面をお見せできると、ま、僕は勝手に思ってます。

――早乙女さんの役は町工場の従業員とおっしゃっていましたが、具体的にはどんな役どころなのでしょうか?

舞台『世界』赤堀雅秋×早乙女太一インタビュー_4

赤堀:表面的には、ま、ゲスの極みです(笑)。

早乙女:お、おおぉ・・・(笑)。自分はすごくシンプルで、社会的装いのない登場人物なのかなって思っていました。

赤堀:人間の弱さやズルさを凝縮した人物を描けたらと思っていて。生きていることに実感がなく、現実逃避していて、自己弁護のボキャブラリーを豊富に持つ。そんな若者です。人と人が正面から向き合ってお互いに踏み込んでいくのって、ヒリヒリするくらい面倒くさいことだと思うんです。でも、大切なことっていつも面倒くさいものでもあるんですよね。

今まで不毛なコミュニケーションで人間関係から逃げてきた人たちがヒリッとするような面倒くささに触れる、そんな瞬間を描こうと考えています。結果、それで物事が解決したり、人物が成長したりするような青春ドラマではなくてね。

「とにかく自分にとっては未知の世界」(早乙女)

――早乙女さんは、赤堀さんに対してどんな印象をお持ちですか?

早乙女:本人の前なので、良いことしか言えないです(笑)。

赤堀:多少なら悪くてもいいよ(笑)。

早乙女:僕、まだ赤堀さんと出会ってからまだ日が浅いんですけど、赤堀さん自体にフィルターがないというか、おっしゃることがとても分かりやすいんです。最近、周りくどく説明する人が多い気がしていて、聞く方もどう聞いたら良いのか分からなくなってしまうことがあるんですが、赤堀さんは装うことなく話してくださるので、良く理解できるんですよね。

赤堀:まだ台本が固まってないからオロオロしてるだけなんだけどね(笑)。

――『世界』では風間さんをはじめ、大倉さん、早乙女さんと実力派から、舞台初出演の広瀬さんなど様々なタイプの俳優さんが出演されますが、赤堀さんは今回の稽古場で俳優の皆さんに何を求めるのでしょうか?

赤堀:何だろう・・・いわゆる上手い芝居を見せてもらいたいという訳ではないと思います。仮に「好きです」という台詞があったとして、その人がどういう生理で台詞を言うのかを体感したいんですよ。‟良い芝居で感動的に”ということではなくて、早乙女太一という人は、僕とは全く違う人生を歩んできた中で、役としてどんな発話をするのかということが気になるし、大事にしていきたいと思ってます。正解、不正解の次元ではなく。
もちろん演出家として導いていく部分は多分にあるんだけど、それが初舞台の広瀬さんであっても、百戦錬磨の風間さんであっても、求めるものは同一線上にあると思います。

――早乙女さんは、稽古場に持って行こうと思っている課題はありますか?

早乙女:とにかく自分にとっては未知の世界なので、凝り固まらないでその時に感じたこと、思ったことを恐れず“挑戦したい”と考えています。あまり考えて稽古場に行っても、それが間違っていたらリセットする作業をしなくてはいけないので。『世界』にはまれるよう、あまり考えすぎずに稽古場に行くようにしたいと思っています。

求められる世界/今、描くべき世界

――赤堀さんの作品は、時に目を背けたくなるほど生々しい人間の営みが描かれますが、それが笑えたり、スカッとしたりとエンターテイメントに昇華されますよね。作品を創る上で、特に大切にされていることはなんでしょうか?

赤堀:作品はエンターテイメントなのでお客さんに喜んでもらうことが大前提にあるんです。でも、劇作家として何を描くべきなのか、何を表出したいのかということの方が、今は大事だと思っていて。今回も、真摯に自分が今描きたいことを描ければ、シアターコクーンさんから切られてもいいかなとさえ思う(笑)。とはいえ、無自覚にサービス精神を発揮してしまうこともあるんですけどね。やっぱり人からは好かれたいので(笑)。

舞台『世界』赤堀雅秋×早乙女太一インタビュー_3

――早乙女さんも演技の中で求められることと、自分の意思で葛藤することはりますか?

赤堀:それはあるでしょ? 

早乙女:ありますね(笑)。僕、根っこがひねくれているので「かっこつけて」って言われたらかっこつけたくなくなったりしちゃうんですよ。とはいえ、基本的には求められたらちゃんとしますけどね(笑)。でも、今回はそういう演出はないだろうなって思います。

赤堀:かっこつけてもらうんだけど、それがむしろすごくかっこ悪く見えてしまう・・・という演出はするかもしれない。いや、するなぁ(笑)。

早乙女:(笑)。

――赤堀さんが描く「人の生活」には不幸と絶望、そして幸福が繰り返されますよね。ちなみに、最近の出来事でお二人が幸せを感じた瞬間を教えていただけますか?

早乙女:幸せを感じた瞬間・・・なんですかねえ。僕、娘が二人いるんですけど、本当にかわいくて。ただ、オムツを替えるのが苦手なんですよ。でも、やらなくちゃいけないことじゃないですか。いつも必死の思いでオムツを替えるんです(笑)。そうしたら、子供が嬉しそうに寄ってきてくれたりするんです。そうすると、大変だったこともころっと忘れて幸せを感じてしまいますね。

舞台『世界』赤堀雅秋×早乙女太一インタビュー_2

赤堀:いい話だなぁ。

早乙女:赤堀さんは?

赤堀:ないっすね。

早乙女:ないんですか(笑)?!

赤堀:ないね~。

――お酒を飲まれている時とかは?

赤堀:いやあ、もう飲めば飲むほど嫌になりますよ。明日疲れるのが分かってるのに、なんで飲んでるんだろうって。大倉くんとは家が近いのでよく一緒に飲むんですけど、いつも「なんで飲んでるんだろ・・・」って、ぼやき合ってます。荒川良々とかもよくインタビューで「終演後の酒はうまいんじゃないですか?」って聞かれるらしいんですけど、本人は「そんなつもりで飲んでない」って言ってた(笑)。

――そうだったんですね(笑)。『世界』の中では“幸せ”は描かれるのでしょうか?

赤堀:分かりやすい希望とか幸せを描くつもりはありませんが、明日も生きようかなって0,1ミリくらい思ってもらえる作品に出来たら嬉しいです。ただ常々、観ていただくお客さんの数だけ、見え方が違う作品を作りたいとは思っています。1万人のお客さんがいたら1万通りの考え方があっていいと思うので。極端な話ですけど、冬の快晴を見て、気持ち良いと思う人もいれば、絶望する人もいると思うんです。僕もそういう話が描けたらと思っています。

――貴重なお話ありがとうございました。公演楽しみにしています。

赤堀:まず脚本書かないとだ・・・。

早乙女:楽しみにしています(笑)。

舞台『世界』赤堀雅秋×早乙女太一インタビュー_6

◆公演情報
『世界』
【東京公演】1月11日(水)~1月28日(土) Bunkamura シアターコクーン
【大阪公演】2月4日(土)・2月5日(日) 森ノ宮ピロティホール

  • 1

(文/大宮ガスト)

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のインタビュー

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP