HEADLINE

インタビュー

ミュージカル『フランケンシュタイン』濱田めぐみにインタビュー!「エヴァはこれまで演じた中で一番“ヤバい”人物」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年の韓国版初演以来、空前の大ヒットとなったグランドミュージカル『フランケンシュタイン』がいよいよ日本に初上陸!2017年1月より日生劇場にて幕を開ける。

“天才”ビクター・フランケンシュタインと“鬼才”アンリ・デュプレとが織りなすドラマティックな展開と、主要キャストが一人二役を演じる構成が話題の本作。エンタステージではキャスト5人からそれぞれ日本初演にかける思いや意気込みをじっくり聞いた。

本企画・ラストに登場いただくのは、ビクターの姉・エレンと、見世物小屋の女主人・エヴァの二役を演じる濱田めぐみ。彼女が見る“ふたりのビクター”とは―。

ミュージカル『フランケンシュタイン』濱田めぐみインタビュー

関連記事:ミュージカル『フランケンシュタイン』小西遼生にインタビュー!「アンリが“生”への執着を失ったところから、物語がうねるんです」

エヴァは未知の世界の役どころ

――今回、濱田さんが演じられるのは、ビクターを献身的に支える姉・エレンと、見世物小屋の女主人・エヴァの二役です。

まったく違うキャラクターですよね(笑)。ここまできっちり分かれている二役をひとりが演じるってなかなかないと思います。エレンのキーワードとなる“慈愛”や“献身”の反対語って・・・何なんでしょう?

――難しいですが、“狂気”とか“暴力”なのかもしれません。

『フランケンシュタイン』でエレンとエヴァの二役を演じるにあたって、そのあたりがキーポイントになるような気がしています。現時点で私はエヴァを血の通った人間だと捉えられないんです。例えば、人が他者に暴力をふるう時、ベースには怒りや憎しみの感情があるはずですが、エヴァにはそれすらないというか。

二幕で怪物がエヴァの犬をかみ殺す場面があるんですが、その時にエヴァは「わたしの犬をかみ殺しやがった」と歌うんですね。だけどすぐ「でもあいつを殺しちゃダメだよ、あいつは金になるからね」と。もし、本当に犬を心の底から可愛がっていたなら、怪物のことが憎くてたまらないはずなのに、エヴァはデジタルのように“気持ち”を“お金”に切り替えてしまう。その冷血さというか、憎しみの感情すらない状態が逆にとても恐ろしいなあ、と。

これは本格的な稽古に入ってからもっと深く造形していくことになると思いつつ、エヴァには憎しみ、苦しみ、孤独・・・そんな感情が、生まれつき一切ないような気がしています・・・彼女からまったく“温度”を感じないんですよね。

――とても興味深いです。ということは、今回はエレンではなく、エヴァから先に構築していく感じでしょうか。

エレンは・・・もう、出来てます(笑)。『マーダー・バラッド』で中川(晃教)くんと共演したのですが、ビクターと同じ“天才”である彼を見ていると、自然にエレンの感情が自分の中に湧き上がって来るんですよ。だから、エレンに関しては頑張って役を作ろうとしなくても大丈夫なんです。

――最初にエヴァのキャラクターを見た時に、濱田さんが以前ご出演なさった『アリス・イン・ワンダーランド』のマッドハッターが浮かんだのですが、今のお話を聞いて、全く違う方向性だと感じました。

そう!最初は私も「帽子屋再来?!」なんて思ったんですが(笑)、実際にエヴァという人を深く掘り下げて考えていくと、実は全然違うんじゃないかって。こういう役を“悪女”として演じるやり方も勿論あるんです。だけど私はちょっと彼女に対する視点がそれとは違うんですよね・・・もしかしたら、エヴァはこれまで私が演じてきた中で一番“ヤバイ人”かもしれません。

中川晃教と柿澤勇人・・・ふたりのビクター

ミュージカル『フランケンシュタイン』濱田めぐみインタビュー_2

関連記事:ミュージカル『フランケンシュタイン』中川晃教にインタビュー!「ビクターはアンリに“恋”をしてると思うんです」

――先ほどお話に出ましたビクター役の中川晃教さんとは二作続けてのご共演になりますね。

もう、弟ですね(笑)。『マーダー~』では姉弟の関係性ではないので、舞台上では違いましたが、オフステージや稽古場では完全に姉として彼を見守っていた感じです・・・私、かなり詳しい「中川晃教取扱説明書」も頭の中に持っていますから(笑)。

――“天才”おふたりの会話も気になります。

それがね、あまり会話にならないんです(笑)。多分、言葉にしなくてもお互い通じ合う部分が多いんでしょうね。「ぬ?」「ぬ」「ぬぅー」みたいな感じ(笑)。同じ場所で同じものを見た時に、心に映る風景や感想も同じなんだな、と思います・・・本当にそのまま“姉弟”なんですよ。

――同じくビクター役の柿澤勇人さんは劇団四季の後輩でもありますよね。

劇団時代は共演経験がなかった柿澤(勇人)くんですが、その後『アリス・イン・ワンダーランド』『デスノート』『サンセット大通り』で同じ舞台に立っています。

柿澤くんは“風”のような人。お互い舞台上で役としてバッと出会ってやり取りをし、互いの方向にそれぞれバッと去っていく・・・みたいな。彼とはいわゆるディスカッション的な流れで注文をしあうこともないですし・・・すごく自然体なプレイヤーなんだな、っていつも思います。

関連記事:ミュージカル『フランケンシュタイン』柿澤勇人にインタビュー!「”あの子は誤解されやすい”って歌詞を聞いた時、自分のことだ!って思いました」

――面白いです・・・そうなると、まったく違うふたりのビクターが誕生しそうですね。

真逆になるんじゃないかな・・・くらいに思ってます。現時点でのイメージですが、何かあるとエレンの胸に飛び込んできて子どものように泣くのが中川くんのビクターで、自由なのにどこか狂気もあって、エレンの方から心配で追い掛けてしまうのが柿澤くんのビクター。ただ、これは私の印象なので、ふたりが稽古場で創るものとはまた違うかもしれませんが。

――そこに同じ家の人間として執事・ルンゲ役の鈴木壮麻さんが絡んでいく。

今から稽古場のテンションが想像できて楽しみです(笑)。ビジュアル撮影の時、壮麻さんのお隣の鏡前(かがみまえ)を使っていたのですが、ルンゲの時は超絶イケメン執事なのに、二幕のイゴール役では顔が真っ白に塗られていて「せ、先輩っ!!」みたいな(笑)。

――あのビジュアルはインパクト大でした(笑)。濱田さん、韓国発のミュージカルへのご出演は初めてですよね。

初めてです・・・ものすごく熱いし直情的ですよね・・・どストレートというか。ここまで芯の太いストーリーが真ん中にきっちり通っていると、役者も迷いが少ない気がします。今回はミュージカルに慣れている方も多いので、土台がしっかりある上で、いろいろなことがやれると思いますよ。

20周年コンサートから駆け抜けた一年

ミュージカル『フランケンシュタイン』濱田めぐみインタビュー_3

関連記事:ミュージカル『フランケンシュタイン』加藤和樹にインタビュー!「男同士の絆をここまで描いた作品は他にないかも!」

――今年一年も大活躍でした!20周年記念コンサートからスタートして『ジキル&ハイド』『Tell Me on a Sunday』『王家の紋章』『マーダー・バラッド』・・・駆け抜けましたね。

ああ・・・今、言っていただいて、やっと今年の全貌を思い出してきました(笑)。『王家の紋章』では浦井(健治)くんにたくさん助けてもらったんです・・・ものすごく“幹の太い”人なのだと改めて実感しました。舞台上の設定では、アイシスは弟・メンフィスに常に冷たくあしらわれるじゃないですか・・・あれ、演技とはいえ、やはり毎日続くとツラいんです(笑)。そんな中、舞台袖では浦井くんが毎日「姉上、今日も頑張ろう!」「姉上、今日も最高だった!」って笑顔でフォローしてくれて・・・ありがたかったですね。

『マーダー・バラッド』は90分間ノンストップで歌が続くという、なかなかハードな作品でした。内容的にも「不倫」「殺人」みたいなモードだし(笑)。私はナレーター役として存在していたのですが、あまりに自分が存在する世界とかけ離れていて、幕が開いてからも、あの世界観に入り込むのはなかなか大変な作業でした。

劇団四季時代に『李香蘭』でストーリーテラーである川島芳子役を長い間やらせてもらった経験が『マーダー~』で役立ちました。川島芳子を演じて、主軸になる出来事を一定の距離を保って見守る・・・みたいなことが引き出しのどこかにちゃんとあったから、ナレーター役を務められたのだと思います。

――2017年は濱田さんにとってどんな一年になりそうでしょう。

ひとつひとつの舞台の成果を明確にしていきたいと思っています。流れでバーッと過ごしてしまうのではなく、今まで以上にきっちり作品と向き合って、自分の中に確かな形で刻んでいきたいですね。初めて舞台に立った時から、一度も適当に流した状態で演技をしたことはないですが、わずかでもそっちに振れそうになるのさえ絶対に嫌なんです。それには肉体的、精神的にも常にベストな状態に自分を持って行く作業が必要です。

2017年は『王家の紋章』『デスノート』と再演作品も決まっていますが、初演と同じことをなぞるのではなく、新しい世界をお見せしたいです。『デスノート』では、ペアを組む死神・リューク役が吉田鋼太郎さんから石井一孝さんに変わりますし。

そして新作『フランケンシュタイン』では、エレンとエヴァの二役に挑戦します。ドラマティックな音楽と濃密な物語が絡み合うミュージカル・・・これからすべての力を注いで、二つの役と向き合っていきます!

ミュージカル『フランケンシュタイン』濱田めぐみインタビュー_4

これまで多くのプレイヤーと対峙し、その話をうかがってきたが、この人ほど舞台上に存在する際と、そうでない時の佇まいが違う俳優を私は知らない。

今年も濱田めぐみはさまざまな役を生き抜いた。初めて人を愛することを知る娼婦・ルーシー、ロンドンからNYに渡り、恋愛に悩む若い女性・エマ、古代エジプトの王である弟に叶わぬ思いを燃やす女王・アイシス、多くの時間、傍観者として事態を見守るナレーター・・・さらに自身のデビュー20周年記念コンサートでは、1曲ごとに違う空気をまとい、すべてのナンバーでドラマを魅せた。

取材や劇場で彼女と向かい合うたび“北島マヤと姫川亜弓とをMIXした人”だと感じる。天才でありながら、誰よりも深い場所で努力を重ね、常に100%の状態で舞台に立つ・・・そんなプレイヤーだと。

2017年、彼女が最初に挑戦するのが『フランケンシュタイン』エレンとエヴァの二役だ。本人が「これまで演じた中で一番ヤバい」と語るエヴァと、慈愛に満ちたエレン・・・リアル“ガラスの仮面”な濱田めぐみが初めてみせる二役に早く会いたいと思う。

◆ミュージカル『フランケンシュタイン』
2017年1月8日(日)~1月29日(日)東京・日生劇場

(撮影/高橋将志)

  • 1

(文/上村由紀子)

フランケンシュタイン

作品情報フランケンシュタイン

ミュージカル界の最高キャストが集結! 美しき友情はやがて哀しき復讐へと変わる―。

  • 公演:
  • キャスト:中川晃教、柿澤勇人、加藤和樹、小西遼生、音月桂、鈴木壮麻、相島一之、濱田めぐみ.ほか

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のインタビュー

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP