HEADLINE

インタビュー

ミュージカル『フランケンシュタイン』小西遼生にインタビュー!「アンリが“生”への執着を失ったところから、物語がうねるんです」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年の韓国版初演以来、空前の大ヒットとなったグランドミュージカル『フランケンシュタイン』がいよいよ日本に初上陸!2017年1月より日生劇場にて幕を開ける。

“天才”ビクター・フランケンシュタインと“鬼才”アンリ・デュプレとが織りなすドラマティックな展開と、主要キャストが一人二役を演じる構成が話題の本作。エンタステージではキャスト5人からそれぞれ日本初演にかける思いや意気込みをじっくり聞いた。

第4弾として登場いただくのは、アンリ・デュプレと怪物の二役を演じる小西遼生。彼が思うアンリ像や“友”の存在について迫る!

ミュージカル『フランケンシュタイン』小西遼生インタビュー

関連記事:ミュージカル『フランケンシュタイン』中川晃教にインタビュー!「ビクターはアンリに“恋”をしてると思うんです」

――歌稽古で楽譜と向き合われた際の印象をうかがえますか。

難しい曲揃いですね。本当にドラマティックなナンバーばかりで、もっと深めていかなくては・・・と思いながら、音楽と対峙しています。

――小西さんはこれまでにも『ブラックメリーポピンズ』と、『シャーロック ホームズ2 ~ブラッディ・ゲーム~』の二作品で韓国発のミュージカルにご出演なさっていますよね。

確かにこれまで二作品に出演させていただきましたが、作品が変わればテイストも違ってきますし、今回はまた新たな挑戦になると思っています。音楽的には『フランケンシュタイン』のハードルが段違いで高いんですよ。

アンリは葛藤しながら戦場で生きている人物

ミュージカル『フランケンシュタイン』小西遼生インタビュー_2

――現時点で、アンリ・デュプレと怪物という二役についてどう捉えていらっしゃいますか?

これから演出の板垣(恭一)さんを交えての本格的な稽古に入るんですが、まだ未知の部分も多くて。僕、稽古場に入る前に、あまり自分でカッチリ決めることが好きではないんです。そんなこともあって、歌稽古の段階では、かなりフラットな状態で参加するようにしています。

その上での話になるのですが、アンリはビクターほどではないにしろ、ある意味“天才”の一人です。彼が“生命”について発表した論文も、かなりぶっ飛んでいたりしますし。僕はアンリが生きることへの執着が薄くなっているところから、この物語が始まるような気がするんです。

――詳しくうかがいたいです。

この作品には“生命”という単語が多く出てきます。ビクター・フランケンシュタインもアンリも“生命”について思いを馳せ、研究をしているんです。ビクターはアンリの論文を読み「そんなに素晴らしい才能があるのに何故それを活かそうとしない!」と彼に詰め寄り、アンリは「それは生命に対しての冒涜だ」とビクターの言葉を否定します。

これって一見、規範や精神論的な議論をしているようにも見えるのですが、僕は生きることに強い思いと希望を持っているビクターと、その執着が薄くなっているアンリとの価値観の違いが現れている場面だと思うんです。

アンリの中には「一旦亡くした生命を取り戻すことに意味などない」という思いと「でも目の前で倒れていく兵士を放ってはおけない」という2つの思いが常に渦巻いていて、彼はその葛藤を抱えながら、戦場で生きているんですよね。

生きることに輝きを感じているビクターと、葛藤の中にいるアンリという二つの魂が出会ってしまったから、物語が大きくうねるような気がするんです。

ミュージカル『フランケンシュタイン』小西遼生インタビュー_3

――今のお話を聞いているだけでゾクゾクします!同じ作品の中で二役を演じられるのも今回が初めてですよね。

初めてです。ジョン・ケアード演出版の『レ・ミゼラブル』や『ジェーン・エア』では、劇中で7役くらいやりましたけど(笑)。こういう二役って、大体劇中で一人か二人ですよね・・・主要キャスト全員が二役って!これも大変そうですが、稽古が始まってどうなるのか、楽しみのひとつでもあります。

――他の方が二幕で演じるのはおおむねハジける系のキャラクターですが、アンリから怪物への変化はちょっとモードが違うような気もします。

確かに。他の役は一幕と二幕で全く別人物というか、キャラクターの振り切れ方が逆方向に行きますよね。アンリと怪物はある意味繋がった役柄ですので、そこもひとつのポイントになるのではないかと。

ビクター役のふたりと共演できるのが大きなモチベーション

ミュージカル『フランケンシュタイン』小西遼生インタビュー_4

――『フランケンシュタイン』のテーマのひとつが“友”だと感じました。ビクター役の中川晃教さん、柿澤勇人さんにはどんな印象をお持ちでしょう。

中川さんとは共演経験があり、柿澤君とは『スリル・ミー』で同じ役を演じたことがあります。おふたりともストイックに役や作品に向き合う俳優という印象です・・・あとは、アーティスト感が強いというか、天才肌というか。今回、このふたりと共演できることが、僕にとって大きなモチベーションのひとつなんです。

関連記事:ミュージカル『フランケンシュタイン』柿澤勇人にインタビュー!「”あの子は誤解されやすい”って歌詞を聞いた時、自分のことだ!って思いました」

――アンリと怪物をWキャストとして演じる加藤和樹さんとはもうお話になっていますか。

以前、映像で一緒になったことはありますが『フランケンシュタイン』に関しては、和樹君とまだ全然話は出来ていないですね・・・あるとすれば、これからかな。

ミュージカル『フランケンシュタイン』小西遼生インタビュー_5

関連記事:ミュージカル『フランケンシュタイン』加藤和樹にインタビュー!「男同士の絆をここまで描いた作品は他にないかも!」

――Wキャスト等、ひとつの役を複数で演じる場合、小西さんはどういう風に他キャストの方と向き合いますか?

作品や現場によっても違いますね・・・あとは演出家がどういう方針の方なのかにもよります。僕自身、特に決まった立ち位置があるわけではないので、比較的、フレキシブルに対応していくタイプではないかと。今回も、Wキャストであることが重要というよりは、僕も和樹君も、作品の中で自分が果たす役割を見つけ、そこに向かっていくことが最重要ですので、自分なりに頑張っていきたいと思います。ただ、彼がWキャストでいてくれるのはとても心強いですよ。

――本作のテーマのひとつ・・・“友”について、もう少しうかがわせてください。小西さんにとっての“友”はどういう存在の方でしょう。

そいつが頑張っている姿を見ると自分もパワーを貰える・・・そういう存在の友人はいます。彼は“歌うたい”いわゆる、シンガーソングライターですね。ライブ会場って、音が割れたりして、歌詞がちゃんと聞き取れないことも多いじゃないですか。でも、そいつのライブに行くと、初めて聞く曲でも、ちゃんと全部の歌詞が届いて、僕、大体泣いちゃうんですよ。そういう力を持った奴が友だちなのは幸せなことだと思っています。

舞台は総合芸術だと実感した2016年

ミュージカル『フランケンシュタイン』小西遼生インタビュー_6

――2016年は、再演作品へのご出演が続きました。

『ブラックメリーポピンズ』はアンナ役が中川翔子さんに変わったこともあり、初演とは全く違うものになったと思います。血は繋がっていない兄妹の話で、ほぼ全員出ずっぱりだったので、一人が変わると、舞台上の反応がすべて違ってくるんですよね。そういう意味でも初演をなぞらず、常に新鮮な気持ちで作品やハンスという役に向き合えました。

――『End of the RAINBOW』では、『フランケンシュタイン』でもご共演の鈴木壮麻さんと初演に続いてご一緒でしたね。

あれは・・・本当に胸にしみる作品でした・・・僕の中でも大事な舞台のひとつです。初演の時から、台詞一行一行について話し合い、自分たちで創っていく感じもとても強かったんです。そういう現場作りは、なかなか難しかったりもするんですが、ここで経験させていただいたことは大きな糧になりましたし、舞台上で何をやっても、絶対に誰かが受けて返してくれるという強い信頼関係もありました。そんな中でも壮麻さんが一番面白いことを仕掛けて来るんですよ(笑)。僕たちに「アドリブとか絶対にナシだからね」って言いながら、ご自分が率先してやっちゃう、みたいな(笑)。今回も特に二幕では自由に暴れてくれると思いますよ・・・楽しみです。

ミュージカル『フランケンシュタイン』小西遼生インタビュー_7

――そして再演とはいえ、かなり改訂があった『ガラスの仮面』では、女子部の憧れ・・・速水眞澄役でのご出演でした。

『ブラックメリーポピンズ』でもご一緒した一路真輝さんと初演に続いて共演させていただきましたが、今回は月影先生とあまり絡みがなくて・・・もしかしたら舞台上でがっちり台詞のやり取りをしていないくらいかもしれません。今回は再演とはいえ、ほぼ新作の勢いだった気がします(笑)・・・稽古も初演時より大変でしたし。おかげさまで、お客さまの反応もとても良く、それは嬉しかったですね。

今年出演した三作品はすべて再演だったのですが、改めて、舞台は総合芸術なのだな、と実感しながら舞台に立っていました。

――2017年は『フランケンシュタイン』からのスタートです!

今の時点では考えも及ばないチャレンジをたくさんしていきたいです。2016年は再演作品と向き合いましたが、今回の『フランケンシュタイン』は新作・・・それも日本初演ということで、モチベーションも上がっています。

自分から「こういう役をやりたい!」と押していくのではなく、思いもかけない方向から投げられるボールをキャッチして、つねに新しい挑戦をし続ける・・・そんな風にこれからも舞台と向き合っていきたいですね。

ミュージカル『フランケンシュタイン』小西遼生インタビュー_8

涼やかな空気を漂わせながら、実は芯に熱いものを秘めている人・・・それが小西遼生への変わらぬ印象だ。作品や役について真面目に語りながら、ふと覗かせる笑顔に心を掴まれる。

彼は衣裳の着こなしが非常に巧みな俳優でもある。シェイクスピアの『十二夜』で見せた中世貴族の出で立ちや『ガラスの仮面』速水眞澄の白スーツなど、難易度の高いそれも軽々と自分の一部にしてしまう。内面で作ったものを外側の空気としてふわっとまとう様子が非常に魅力的だ。

そんな小西が、自身三作目となる韓国発のミュージカルに挑んでいる。音楽的にも演技的にも難易度の高いアンリと怪物の二役・・・2017年のスタートとして、どんな新たな顔を見せてくれるのか・・・開幕を楽しみに待ちたい。

◆ミュージカル『フランケンシュタイン』
2017年1月8日(日)~1月29日(日)東京・日生劇場

(撮影/高橋将志)

  • 1

(文/上村由紀子)

フランケンシュタイン

作品情報フランケンシュタイン

ミュージカル界の最高キャストが集結! 美しき友情はやがて哀しき復讐へと変わる―。

  • 公演:
  • キャスト:中川晃教、柿澤勇人、加藤和樹、小西遼生、音月桂、鈴木壮麻、相島一之、濱田めぐみ.ほか

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のインタビュー

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP