HEADLINE

インタビュー

ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』ベンヴォーリオ役の矢崎広にインタビュー!「とんでもないことになったぞ、と思いました(笑)」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

誰もが知っているシェイクスピアの戯曲「ロミオとジュリエット」がフレンチロックミュージカルとして現代に降臨!宝塚歌劇団での初演以来、さまざまなキャストで再演を重ねている本作が、2017年1月、赤坂ACTシアターにて再び幕を開ける。

エンタステージではキャスト5人のインタビューを敢行!第一弾として、ロミオの親友・ベンヴォーリオ役(Wキャスト)を演じる矢崎広に話を聞いた。ストレートプレイ、ミュージカルの双方で活躍する彼が常に現場で心がけていることとは―。

ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』矢崎広インタビュー

関連記事:古川雄大&小野賢章の成長に小池修一郎も驚き!ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』製作発表会見

――オーディションを経てのベンヴォーリオ役です。決まった時のお気持ちを教えてください。

実は今回、自分でも本当に合格できるとは思っていなくて。腕試しというか、これまでやって来たことがどこまで通用するのかやってみよう・・・・・・というチャレンジ精神のほうが大きかったんです。ですから、ベンヴォーリオ役でと正式にお話をいただいた時は、嬉しさとともに驚きもありました。うわあ、これはとんでもないことになったぞ、って(笑)。

――今年はミュージカルでも大活躍なさった印象です!

ありがとうございます(笑)。夏に『ジャージーボーイズ』、秋からは『スカーレット・ピンパーネル』に出させていただいての『ロミオ&ジュリエット』ですから、ますます気合いを入れないと、って思います。

ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』矢崎広インタビュー_2

――小池修一郎さん演出作品には初参加になりますが。

ようやくご一緒させていただける、という感じです。小池先生とはまだ個別にじっくりお話できてはいないのですが(注:取材時)、製作発表の時に「矢崎くんは舞台経験も豊富だし、心配はしていない」と言っていただいたのが素直に嬉しかったです。「頑張らないと!」と、若干のプレッシャーとともに、身が引き締まる思いもありますが(笑)。

――Wキャストの馬場徹さんとはどんなお話を?

もともと出身(の劇団)が同じということもありますし、早乙女太一君と三人でガッツリ舞台をやった経験もありますので、良い意味での安心感がありますね。多分、馬場君が演じるベンヴォーリオと、僕のアプローチでは方向性も違ってくると思いますので、それはお客さまにとっても面白いんじゃないかと。ライバルとしてバチバチになるというよりは、互いに切磋琢磨していける相手だと思っています。作品や役については、稽古が本格的になってから話す機会も増えるんじゃないかな。

ベンヴォーリオが生き残った意味を考え、役を立ち上げる

ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』矢崎広インタビュー_3

――現時点で矢崎さんが思うベンヴォーリオ像についてうかがいたいです。

今はまだ頭の中でイメージしている段階なのですが、ベンヴォーリオはロミオとマーキューシオの間で化学反応を起こしていく役だと思うんです。自分が前に出て何かをやろうとする時もあるし、ロミオを前に押し出したり、ふたりに対して寄ってみたり、逆に引いた目線でいたりと、いろいろな見せ方が出来る役なんじゃないかと。そういうところに面白さを感じますね。さらに、ベンヴォーリオはふたりの親友が死んだあとに、ひとりで生き残るわけですが、なぜ彼はこの世界に残るのか・・・・・・その意味を突き詰めて考えていくと、ベンヴォーリオの人物像がより鮮明に浮かび上がる気がします。

――『ロミオ&ジュリエット』はフレンチロックミュージカルですが、歌に関してはどうでしょう。

いやあ、難しいです(笑)。また、ロックの表現って特殊じゃないですか。高音のシャウトなんて、かなり大変だと思いますので、きっちり自分の中に入れていきたいですね。通常のミュージカル歌唱とは違うところも多いんです。

ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』矢崎広インタビュー_4

関連記事:【動画】『ロミオ&ジュリエット』ミニライブ!古川雄大、大野拓朗らイケメンキャストがステージに舞う

――今年も『ドッグファイト』の大阪公演を皮切りに、多くの舞台に立たれました。

今年は自分でもびっくりするくらいに、稽古と本番が交互にやってくる感じでした。いろいろな作品に参加させていただくたびに、僕はいつも「このカンパニーの中で自分は何ができるだろう、作品の中で自分の役割は何なんだろう」ってところをまず考えるんです。そうすると、その場にすっといられる気がするんですね。

『ドッグファイト』だと、屋良(朝幸)くんがこう来て、それに対してマサ(中河内雅貴)くんがこう動いたから、僕が演じるバーンスタインはこういうキャラクターだな、と、役を立ち上げていきましたし『ジャージーボーイズ』でも、REDの4人の中でどうボブ・ゴーディオとして存在すればいいのかを考えてその場に立つようにしました。それは若手俳優が多く出演した『スカーレット・ピンパーネル』でも同じです。

今、自分で話していて改めて気づいたんですが、きっとベンヴォーリオともそういう立ち位置で向き合っていくことになると思います。『ロミオ&ジュリエット』は、みんなが引っ張って行ってくれるミュージカルだと思いますし、作品の中で、ベンヴォーリオが前に出る場面はありますが、居方として“これがベンヴォーリオだ!”って自らガンガン出していくというよりは、ロミオとマーキューシオとの関係性の中から、ベンヴォーリオの人物像が立ちあがってくるのではないかと。

ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』矢崎広インタビュー_5

――矢崎さんご出演の舞台を拝見して、役柄によって毎回全く違う印象を受ける理由が今のお話で少し分かったような気がします。

ありがとうございます(笑)。僕、すごいスロースターターなんですよ。カンパニーのみんなが役をどう演じるのかを見て、その中で自分はどう動けば良いのかを考えますから。

――そうなると、今回のWキャストは組み合わせが固定ではない分、いろいろなバージョンがありそうですね。

確かにそうですね。稽古が本格的に始まれば、同じ役を演じる馬場(徹)くんの演技も間近で見られるわけですし、そういう点でも触発されることは多そうです。今回はロミオ、マーキューシオ、ベンヴォーリオの組み合わせが公演日によって変わるんですが、僕、Wキャストでそのパターンは初めてなんです。相手が変われば同じ場面でも芝居は絶対に変化しますし、そこで演技のキャッチボールがどのくらい出来るのかもチャレンジポイントのひとつですね。

相手の演技を“受ける”ことを常に意識する

ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』矢崎広インタビュー_6

――今、チャレンジについてのお話がありましたが『ロミオ&ジュリエット』で、他にどんな挑戦があるのか、もう少しうかがっても良いですか。

いや、たくさんありますよ(笑)。ロックミュージカルに出演させていただくのも初めてですし、今回はダンスの振り付けも変わって、どうやら分量も増えるらしいです。あとは自分の持ち味というか、このカンパニーの中でどんな色を出せるのか、新たな発見をしていけたらと思っています。もし僕に強味のようなものがあるとすれば、徹底的に作品の中の自分の役の役割を考えて、そこを追求していくことだと思いますので。

――そこにはちょっと“演出家”的な目線も入ります?

どうなんでしょう・・・・・・自分でそこを意識したことはないですが、もしかしたらどこかに潜んでいるのかもしれませんね(笑)。作品が大きなパズルだとしたら、みんながそこにハマっていく中で、自分はどのピースなのかをとことん分析し、考えて演じるようにしています。

――だから矢崎さんの“受け”の演技はいつも魅力的に映るんですね。

だといいのですが(笑)。相手の芝居を受けていくことに関しては、自分なりのこだわりというか、芝居をする上で大切なことだという意識はすごく強いです。僕が出演作によって、全く違う印象を残すと言ってくださる方たちは、そこを見てくれているのかもしれません。

ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』矢崎広インタビュー_7

――ますます2017年版のベンヴォーリオ誕生の瞬間が楽しみになってきました!

以前、AAAの西島隆弘さんと共演した時に、彼からグループ内での役割について話を聞いて、それがすごく興味深かったんです。グループの中には血気盛んに大人たちに立ち向かっていくメンバーもいるから、自分は一歩引いたところでみんなを見て、必要なら前に出る、って。

『ロミオ&ジュリエット』では“理想”に向かって、まずロミオが突っ走ります。そこに熱い気持ちで乗るマーキューシオと、ふたりの間に立って、少しだけクールな視線で周りの大人たちの状況も見るベンヴォーリオ・・・・・・現時点で、僕の中でイメージするのは三人のこんな関係性です。ベンヴォーリオがある種冷静に状況を分析するところは、僕との共通点のひとつでもあります。もしかしたら、その点が小池先生が仰っていた、ベンヴォーリオの若頭的な立場や、兄貴分的な気質に繋がっていくのかもしれないですね。

2016年はストレートプレイに加えて、海外ミュージカル作品の舞台にも立たせていただきました。そこでの経験を胸に、2017年の幕開け作品となる『ロミオ&ジュリエット』で、また新たな道を突き進んでいきたいと思います!

ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』矢崎広インタビュー_8

決して饒舌に語る人ではない。毎回、自らの中にひそむ言葉を探し、じっくり考えながら、丁寧にこちらの問いに呼応する。

今年は矢崎広にとって“飛躍の一年”になったと思う。これまで主にストレートプレイで実力を発揮してきた彼が、メジャーなミュージカルの舞台でも、その存在感をしっかり魅せつけたからだ。

舞台上の彼はいつもとてもチャーミングに映る。そしてその魅力の裏には“相手の芝居を受ける”“自分の役割を考える”作業を緻密に行う孤独な姿も見え隠れする。2017年のスタートとともに開幕する『ロミオ&ジュリエット』で、矢崎広がどんなベンヴォーリオ像を構築し、新たな一歩を刻むのか・・・“ロミジュリ 新・若頭”の誕生を楽しみに待ちたい。

◆ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』
2017年1月15日(日)~2月14日(火)東京・赤坂ACTシアター
2017年2月22日(水)~3月5日(日)大阪・梅田芸術劇場 メインホール

(撮影/高橋将志)

  • 1

(文/上村由紀子)

ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』

作品情報ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』

愛か死か。失われた世界に燃え上がるひとすじの恋

  • 公演:
  • キャスト:古川雄大、大野拓朗、生田絵梨花、木下晴香、馬場徹、矢崎広、平間壮一、小野賢章、渡辺大輔、広瀬友祐、大貫勇輔、宮尾俊太郎、香寿たつき、シルビア・グラブ、坂元健児、安部裕、秋園美緒、川久保拓司、岸祐二、岡幸二郎、ほか

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のインタビュー

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP