HEADLINE

インタビュー

舞台『扉の向こう側』吉原光夫×岸祐二×泉見洋平インタビュー!「今日がスペシャルであることを感じて」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

現在上演中の、舞台『扉の向こう側』。ホテルのスイートルームのコネクティングドア(隣室に繋がる二重扉)を使ってタイムワープし、1990年代、2010年代、2030年代の40年間を行ったり来たりするなかで巻き起こる、ドタバタ・サスペンス・コメディ。イギリスを代表する喜劇作家アラン・エイクボーンにより書かれた本作に出演するのは、壮一帆、紺野まひる、岸祐二、泉見洋平、吉原光夫、一路真輝というミュージカル作品ではおなじみの面々。この豪華キャストたちがストレートプレイで顔を揃えるという話題作から、本番直前の稽古場で男性キャスト3人にインタビュー!

舞台『扉の向こう側』岸祐二×吉原光夫×泉見洋平インタビュー

関連記事:壮一帆、岸祐二ら豪華キャストによるタイムスリップ・コメディ『扉の向こう側』 大詰めの稽古場をレポート!

――この3人での共演は初めてですね!

岸:僕は、二人とはそれぞれ別の舞台で共演したことがあるんだけど。

泉見:そうですね。岸さんとは2007年の『レ・ミゼラブル』以来。この間のミュージカル『ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ』は同じ作品に出演しましたけど、共演はなかったですね。

吉原:僕も岸さんとは去年の『レミゼ』でご一緒しました。洋平さんとは初めてです。

岸:そうそう、二人とも『レミゼ』で一緒だったんだ。共演した年は違うけど。

舞台『扉の向こう側』岸祐二×吉原光夫×泉見洋平インタビュー_2

――それでは、初共演ということでそれぞれの第一印象を教えてください。

吉原:洋平さんは今回の共演が決まるまで、『ミス・サイゴン』のトゥイ役でしか観ていなかったので、ほとんどその印象でした。じつは、今回のキャスト発表があった時、洋平さんの名前はまだ入ってなかったんです。だから、スチール撮影で洋平さんと会った時にまさか共演者とは思わず、別の作品で来たんだと思ってしまって・・・失礼にもご挨拶しなかったんです。

泉見:僕は挨拶したのにもかかわらずね!僕はこの人に嫌われているんだって思ったよ(笑)。

吉原:わざわざ挨拶に来るなんて、丁寧な人だなと思ってたら、その後に参加するって聞いて、「うわ~だから挨拶されたんだ」って焦った。おかしいと思ってたんだけど・・・。

泉見:別の作品の人が同じスチールスタジオにいるわけないじゃない(笑)。

吉原:・・・すみません(笑)。

泉見:でも、そんなわだかまりはすぐに消えましたけどね。

舞台『扉の向こう側』岸祐二×吉原光夫×泉見洋平インタビュー_3

――そんな大物ぶりを発揮した吉原さんが、3人の中では一番年下という。

吉原:そうなんです。今回の現場では最年少です。

泉見:もはや最年長みたいな貫禄。

吉原:いやいやいや・・・でも、若いと主張するのはもう諦めました。

岸:こう見えても、中身は誰より少年なんだけどね(笑)。僕はね、洋平とは、第一印象というか、知り合ってからは長くて。でも、『ゴッホ』の時、本当に真面目な人なんだなというのに初めて気づいた。

泉見:え?それまで気づかなかったの?

岸:そうなんだよ(笑)。これまでは、わりと役者よりも歌手って印象が強くて、キラキラしたところしか見ていなかったから、繊細な人だと思ってたんだよね。でもそうじゃなかった。『ゴッホ』の稽古場で、一つずつ懸命に努力をして積み重ねてる姿を見て、すごく真面目な人なんだな、と。

泉見:不器用なんです。

舞台『扉の向こう側』岸祐二×吉原光夫×泉見洋平インタビュー_4

岸:なんでも器用にこなす人なのかなと思ってたから意外でした。光夫は・・・『レミゼ』の時に本質は見抜いていたかな。その当時は仲良く飲みに行くとかではなかったけど、彼のことは理解してた。

吉原:僕が(バルジャンとジャベールの)2役だったから、余裕が無くて皆さんと飲みに行くとかもできなかったんです。

岸:そうそう。僕はその時、『レミゼ』に「戻ってきた」感じだったんです。(アンジョルラス役等を演じたの後、2015年にジャベール役初演)けれど、他のキャストは新しく『レミゼ』に挑むっていう空気で、一人戸惑ってた時があったんですけど、光夫も含めて何人か心開いてくれる人がいて助かりました。今回久しぶりに会って、より彼のことを知って、可愛いやつだなと。演劇について僕よりはるかに知ってるし、真面目だし、勉強になるところがたくさんあります。

舞台『扉の向こう側』岸祐二×吉原光夫×泉見洋平インタビュー_5

吉原:そんなことないですよ!

岸:今日は、光夫のイメージを変えてあげます。“吉原光夫”イメージ向上委員会です(笑)。

吉原:・・・ありがとうございます(笑)。『レミゼ』の時、岸さんと僕は合わないんじゃないか、喧嘩するんじゃないかって会う前は言われてましたよね。

岸:あったね・・・そんなことまで言っちゃうの?(笑)

吉原:実際にお会いしたらそんなことはなかったので。お互い、バスケをストイックにやっていたという共通項がありましたし。

岸:ロックもね。

吉原:『レミゼ』の時は誘われても行けなかったですけど、この間、一緒にバスケしましたよね。僕の岸さんのイメージはそのまま“兄貴”ですね。

舞台『扉の向こう側』岸祐二×吉原光夫×泉見洋平インタビュー_6

――稽古も佳境に入っているかと思いますが、みなさんリラックスされていますよね。稽古場の雰囲気はいかがですか?

岸:みなさんはどう思っているかわかりませんが(笑)、いい雰囲気ですよ。宝塚でトップを経験した方たちとストレートプレイでご一緒させていただくなんて珍しいことなので、どういう空気になるんだろうかと思っていましたけど、一路さん、紺野さん、壮さん、3人ともすごく気さくな方たちで、楽しく稽古をやらせてもらっています。

泉見:ここ数日で通し稽古をやっているんですけど、日々進化しているといいますか、皆さんとディスカッションして常に空気が回っているというか。新しい作品を作ってるんだっていう充実感と、そのなかに身を置けることのありがたさ、幸せを感じる稽古場ですね。

吉原:僕は、稽古場の空気を悪くするので有名な俳優なんですけども。

岸:(笑)。

吉原:僕のことを知ってくれている岸さんがいることで、初対面の方々にも変な緊張感を与えることは・・・ちょびっとくらいしかなかったんじゃないかな(笑)。

舞台『扉の向こう側』岸祐二×吉原光夫×泉見洋平インタビュー_7

――稽古場の空気を悪くする、というのはご自身でも感じていらっしゃるんですか?(笑)

吉原:僕はなんだかとっつきにくいみたいです。「声かけにくい、ずっと怒ってるの?」みたいな。

岸:怖いっていうイメージだよね。

吉原:だから『レミゼ』とか・・・今だから言えますけど、2週間ぐらい誰からも話しかけられなかったですから(笑)。僕が入るとそういう感じなんですよ。でも今回は、岸さんが僕のこと知ってて話しかけてくれたことで、みなさん僕に壁を感じることなく、今はいい空気なんじゃないかなと思いますね。『扉の向こう側』はコメディなんですけど、冒頭は僕が演じる実業家のリースが過去の妻殺しを世間に告白しようとする、真に迫った感じのシーンからスタートするので、その空気作りが難しい。俳優にとって、コメディが一番難しいと思います。今回は、笑いの空気作りを大事にしていますね。

舞台『扉の向こう側』岸祐二×吉原光夫×泉見洋平インタビュー_8

吉原さんが語る“コメディの難しさ”とは!?さらに作品の内容にも迫っていきます

(文/金本美代)

扉の向こう側

作品情報扉の向こう側

イギリスを代表する喜劇作家、アラン・エイクボーンのドタバタ・サスペンス・コメディ。ミュージカル界で活躍する俳優たちが集結し贈る歌無しの完全なストレートプレイ!

  • 公演:
  • キャスト:壮一帆、紺野まひる、岸祐二、泉見洋平、吉原光夫、一路真輝

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のインタビュー

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP