HEADLINE

インタビュー

ミュージカル『スカーレット・ピンパーネル』主演の石丸幹二にインタビュー「“複数の顔を持つ”ひとりの男を演じます」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1789年のフランス革命勃発後、パリの街はジャコバン党に支配され、元貴族たちは次々と彼らに処刑されていた。そんな状況を打開しようと立ち上がったイギリス人貴族のパーシー・ブレイクニー。彼は仲間たちとともに「スカーレット・ピンパーネル」を結成し、無実の人々を救おうと決意する―。

東京公演初日を間近に控えた某日、主演を務める石丸幹二に話を聞いた。

ミュージカル『スカーレット・ピンパーネル』石丸幹二インタビュー

関連記事:ミュージカル『スカーレット・ピンパーネル』矢崎広にインタビュー!「すべてを出し尽くしながらやっている感じです」

仲間とより近い位置にいるリーダー像を構築

――『スカーレット・ピンパーネル』初日はもう目の前です!

すぐそこまで近づいてきましたね。今回は台詞量も多かったですし、新しく挑戦することもあって、稽古に入る前はどのあたりでゴールが来るのか見えない部分もありましたが、この2、3日でやっと霧が晴れて、目の前がぱーっと広がったような気がします。これから初日までさらにブラッシュアップしていくつもりです。

――本作は“大人キャスト”と“若手キャスト”のコラボレーションも見どころのひとつだと思います。ピンパーネル団のメンバーとはどんな関係をお築きになりましたか?

稽古を進めていく中で、お互いのキャラクターや作品のシチュエーションを改めて確認し、そこから関係性を作っていったのですが、今回はパーシーとピンパーネル団のメンバーとの年齢差があまりないという設定になったんです。ですから、ほぼ同世代の仲間として、パーシーもピンパーネル団に存在しています。そこを意識して演じるようになってから、より彼らとの関係性も深めていけたと思います。

――お稽古前のインタビューで、ピンパーネル団の皆さんは石丸さんに憧れているとおっしゃっていました。

本当(笑)?今もその気持ちでいてくれたらいいのですが(笑)。今回は、私の方が彼らの世代に寄せた役作りをしたところもあるんですよ。年齢的にかなり上のリーダーではなく、仲間の一人としてリーダー役を担っているという感じでしょうか。

関連記事:『スカーレット・ピンパーネル』相葉裕樹にインタビュー!「末っ子モードからの“手下キャラ”かもしれません」

――ショーヴラン役の石井一孝さんとの共演も楽しみだとおっしゃっていましたね。

同じ世界にいて、同世代でありながら、これまではなかなか共演する機会がなかったんです。今回ご一緒して、彼の持つパワーやエネルギーに良い刺激を貰いながら、稽古をしています。これから幕が開いて、役としての関係性もどんどん深まっていくでしょうね。

――ミュージカル作品では、安蘭けいさんとも初共演です。

これまで多くの作品に出演されているキャリアと、彼女自身の人生経験とがあいまって、本当に素敵なマルグリットを演じていらっしゃると思います。複雑にカッティングされたダイヤモンドのような光を放つ方ですので、私も負けないように光を放って、お互いを輝かせていきたいです。とは言え、パーシーは劇中で、マルグリットにかなり痛い言葉も投げつけてしまうんですけど(笑)。

演出家の示唆でキャラクターが深まった

ミュージカル『スカーレット・ピンパーネル』石丸幹二インタビュー_2

――これまで何度か石丸さんにお話をうかがう中で“人間臭さ”という単語がひとつのキーワードになっていると感じています。本作では変装姿も含め、いくつかのキャラクターを表現なさるわけですが、どういう点を意識して演じていらっしゃいますか?

この作品で私は“複数の顔を持つ”ひとりの人間を演じます。当初は、マルグリットの夫・パーシーとしての顔、周囲の目を欺くピンパーネルとしての顔、ピンパーネル団のリーダーとしての顔、そしてある変装をして敵を翻弄するグラパンと、これらのキャラクターを想定していたのですが、演出のゲイブ(ガブリエル・バリー氏)と稽古を進めるにつれ、さらに新たな顔がいくつか加わっていきました。

――ぜひ具体的にうかがいたいです。

パーシーはピンパーネルとして覚醒する前と後とで変化するんです。マルグリットにも、ピンパーネル団のメンバーにも見せない“スカーレット・ピンパーネル”の内面とも言える顔が生まれるんですね。この男を演じるのは本当に難しい。じつは、一番難しいと感じているのは、パーシーの造形なんです。本心を隠してお馬鹿な振りをしつつ、世間や周囲の人々をどこか乾いた視線で見つめている・・・・・・。これらすべての顔に命を吹き込み、リアリティを持たせることができれば、彼の多面性=人間臭さをお客さまに感じてもらえるんじゃないかと思います。

――先ほど、通し稽古を一部拝見したのですが、石丸さんが出ていらっしゃるだけでノーブルな佇まいが伝わってきました。ワイルドホーンさんが書き下ろした新曲も素晴らしかったです。

あのナンバーは仲間に向けて歌う曲です。他にソロで歌わせていただく3曲は、自分の内面に向けて歌っているのですが、新曲に関しては仲間という他者に投げかけているナンバーですので、他の曲とは違う色合いが出せるのではないかと思っています。ワイルドホーンがとても良い曲を書いてくれたと歌うたびに実感しますね。

ミュージカル『スカーレット・ピンパーネル』石丸幹二インタビュー_3

――ワイルドホーンさんも来日されたそうですね。

そうなんです。立ち稽古に入る前の歌稽古や音楽稽古にしっかり付き合ってくれました。楽曲も個々の俳優に合わせてキーを移動したり、アレンジを変えたりして、とても柔軟に対応してくれたんです。改めて大事だと思いました、作曲家が現役でいるということが(笑)。

――確かに(笑)! これがモーツァルトだったら、スコアを書き直してはもらえません。ワイルドホーンさんはお稽古場でご自身の楽曲をどんどん変化させていかれるんですよね。

ワイルドホーンは歌い手に対してとても愛情を持っている作曲家なんです。私たち俳優の声質まで見極めてくれるんですよ。今回はメロディーラインに手を加えたナンバーもあります。さらに彼は、日本語の語感を読み取ってより自然な流れになるよう対応してくれて、本当にありがたいと思いました。これまで培ってきた信頼感が、今回も活かされたと思います。

――演出のガブリエル・バリーさんとは初めてのお仕事になりましたが。

彼は演出家であり演じ手でもあるんです。俳優の経験がある、もしくは俳優と演出業とを両立させている方は、俳優の生理や感覚が身を以て分かっていらっしゃるので、そこに助けられることも多いです。また彼は、自分が演じて見せるのではなく、アドバイスをぽんと投げた状態で、こちらの答えを引き出してくれる・・・・・・そんな演出スタイルで私たちに向き合ってくれました。その場面の背景や、彼自身が持つ演技論的なこともレクチャーしながら、最終的には辛抱強く、俳優自身の中からインスピレーションがわき上がって来るのを待ってくれたんです。そのことにとても助けられました。

また、彼がこだわったことのひとつが“俳優の肉体の使い方”です。フランス革命直後の貴族と、今を生きている私たちとでは、リラックスする時の身体の状態ひとつ取っても形が全然違いますよね。そこに強く意識を置くことを求められました。バロック調の踊りの先生が来てくださったり、フェンシング等、殺陣の方が指導に入ってくださったりして、絶妙のタイミングでそれらを身体にしみこませていったという感じでしょうか。

“スカピン”から繋がる新たな挑戦

ミュージカル『スカーレット・ピンパーネル』石丸幹二インタビュー_4

――最近では映像でのご活躍もさらに増えています。『沈まぬ太陽』『営業部長 吉良奈津子』『とと姉ちゃん』では、ひとくせある役を演じられました。

どれも難しかったですし、なかなか濃い役どころだったと思います。映像の現場が続いて、こうして舞台の稽古に入りますと、改めて表現方法の違いを実感しますね。舞台では“大きく、深く”お見せしないと、劇場全体に届かないのですが、映像でそれをやると、フレームからはみ出てしまいますし(笑)。

――そして『スカーレット・ピンパーネル』のあとには『キャバレー』のMC役という新たな挑戦が控えています。ニュースを聞いた時には驚きました!

私も最初にお話を聞いた時には驚きました(笑)。それで、演出の松尾スズキさんに「本当に私で良いのでしょうか?」とお話もさせていただいたのですが、前回の松尾さん版とはまったく違うMC役を新たに立ち上げてくださるということですので、このチャレンジも頑張りたいと思います。『スカーレット・ピンパーネル』の世界観と見比べていただくと、よりお楽しみいただけるのではないかと思いますよ。

――ありがとうございます!本作で“複数の顔を持つ”石丸さんを拝見するのを楽しみにしています。

今回、新たなバージョンとして誕生する『スカーレット・ピンパーネル』ですが、きっと皆さまの想像を超えるものをお見せ出来ると信じています。誰もが胸躍る冒険活劇ですし、華やかな衣裳も見どころのひとつです。私が劇中で歌う楽曲も、それぞれ違う心情を現していますので、じっくり聞いていただきつつ、マルグリットとの大人の関係にも注目していただければ幸いです。終演後はきっと元気になって劇場を出ていただけると思いますよ。ご期待ください!

ミュージカル『スカーレット・ピンパーネル』石丸幹二インタビュー_5

初日を目前に控えた都内の稽古場。オーケストラのメンバーが入り、可動式のセットが組まれたその空間で、新生『スカーレット・ピンパーネル』は産声を上げようとしていた。パーシー・ブレイクニ―役の石丸幹二は、芯に立ち、ノーブルな雰囲気を活かして、冒険活劇であり、人間ドラマでもある本作に熱い命を吹き込んでいく。

通し稽古終了後、インタビュー会場に現れた石丸は、どこかスッキリした顔で明るく、柔らかに作品や役について語る。その表情は目の前の光を今にも掴もうとしている人のそれだった。彼には作品の全体像がもうすっかり見えているのだろう。

新たなバージョンとして私たちの前に姿を現す『スカーレット・ピンパーネル』。そのベールが華やかに舞う瞬間を見逃さないようにしたいと思う。

◆ミュージカル『スカーレット・ピンパーネル』
2016年10月19日(水)~10月26日(水) 東京・赤坂ACTシアター
2016年10月30日(日)~11月7日(月) 大阪・梅田芸術劇場メインホール
2016年11月24日(木)~11月29日(火) 東京・東京国際フォーラム ホールC

(撮影/高橋将志)

  • 1

(文/上村由紀子)

スカーレット・ピンパーネル

作品情報スカーレット・ピンパーネル

「知恵で奴らを出し抜くのだ!」恐怖政治の嵐吹き荒れるパリの街、権力に挑む情熱と勇気!

  • 公演:
  • キャスト:石丸幹二、安蘭けい、石井一孝、平方元基、佐藤隆紀、矢崎広、上口耕平、相葉裕樹、植原卓也、太田基裕、駒木根隆介、廣瀬智紀、則松亜海、ほか

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のインタビュー

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP