HEADLINE

インタビュー

舞台(ステージ)『不機嫌なモノノケ庵』キャストリレーインタビュー!元木聖也編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年9月6日(火)から9月11日(日)まで東京・赤坂RED/THEATERにて上演される舞台(ステージ)『不機嫌なモノノケ庵』。TVアニメ化もされたワザワキリによる同名漫画を原作に、妖怪を見る能力に目覚めた高校生・芦屋花繪(あしやはなえ)と妖怪祓いを営む「物怪庵(もののけあん)」の主・安倍晴齋(あべのはるいつき)を、陳内将、入江甚儀、元木聖也、原嶋元久の4名全員が二役を演じ、全公演異なる組み合わせで上演する。公演に向け、4人にリレーインタビューを行った。第3回は元木聖也編。

『不機嫌なモノノケ庵』インタビュー_元木聖也

――タイトルの『不機嫌なモノノケ庵』にちなんで、最近不機嫌になった瞬間はありますか?

不機嫌になった瞬間・・・あんまり思いつかないかなあ(笑)。

――なんとなく温厚そうと言いますか、あまり怒らないんだろうな、というイメージがあります。

あの・・・、過去の事をあまりよく覚えてないんですよね(笑)。「けっこうヤバいね」ってよく言われるんですけど、学校のクラスが一緒だったとかも、全然覚えてなくて。(言われて)「あ、そうだっけ?」みたいな感じのタイプなので、(不機嫌になったことも)あったんだろうけど、覚えてないんです(笑)。

――例えば、暑くて不機嫌になってしまうなんてことは?

それは絶対ないですね。暑いものは暑いし、イライラしたりはしないですね。汗は出ちゃうもの、みたいな(笑)。そういうのも、そんなに不満に思わないです・・・暑かったら、涼しい所に行く。そういうタイプですね。

――ある意味、ものすごくポジティブですね・・・!

めっちゃポジティブですね、多分(笑)。

――そんな元木さんが思う、『不機嫌なモノノケ庵』の見どころとは?

初めて台本を読んだ時、これを二人でやるのか?!って思ったんです。登場人物が結構出てくるので、ここは声を変えてやるのかなっていうところがたくさんあったんですよ。それこそ、女の子役とか、頑固オヤジの役とか。だから、二人だけでいろんな役を、声を使い分けて演じる部分が、一番の見どころになるかなと思いました。

――芦屋と安倍だと、ご自身に近いのはどちらだと思います?

やはり芦屋の方が近いですね。あんまり不機嫌にならないから(笑)。だから、芦屋の気持ちはすごく分かります。今までも振り回される役を結構やってきているので、自分にとっては芦屋の方が馴染みやすいというか。(これまでの僕を)観てくれている方たちにも、馴染みやすいのは芦屋だと思います。

――今から開幕が楽しみですね。

楽しみにしていて下さい!

【リレー企画】
☆入江甚儀さん←元木聖也さん:回答☆
――ライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」のワールドツアーに参加されると聞きました。元木さんは元々運動神経がよかったのか、それとも、何かをきっかけに伸ばしていったのでしょうか。

自分でも不思議なんですけど、幼稚園、小学校ぐらいまでは中の上くらいの運動神経だったんです。足もそんなに速くなかったし。一通り普通に出来てはいたんですけど、めっちゃめちゃ出来るってわけじゃなかったんです。中学1年生まではそんな感じだったんですけど、2年生になってから急に体がすごく軽くなったんです・・・。何もしてないんですよ。でも、足も急に超速くなって、3年生になる頃には一番速くなっていました。その頃やっていた水泳でも、地区大会とかでずっと1位を獲ったりしていて。その頃から、スポーツに不得意がなくなりました。高校入って「パルクール」というスポーツに出会ってから、バク転とかも一発で出来るようになったんです。・・・だから、なんというか、急に運動神経がよくなりました(笑)。

トレーニングは、時間がある時は行く、という感じです。空いた時間が出来ると、練習に行って6時間くらいぶっ通しで、ずっと宙返りしてるんですけど。でも週何回とかは決めているわけではないですね。週0回の時もあるし、週3~4回の時もあるので、バラつきがありますね。

☆元木聖也さん→原嶋元久さん:質問☆
原嶋さんとは、ビジュアル撮影の時に初めてお会いしました。最近、原嶋さんが出演されていた『ママと僕たち』~たたかえ!!泣き虫BABYS~を観に行った時、改めてご挨拶したんですけど、最初にお会いした感じと、話す雰囲気が全然違うなって思ったんです。
初めてお会いした時は、クールな感じの印象だったんですけど、お話ししてみるとニコニコされていて、よい方だなぁって思って。私生活も、陰と陽がある感じなんでしょうか?それから、勘違いされてしまうこともあるのかな?って聞きたいですね。

『不機嫌なモノノケ庵』チラシ

◆公演情報
舞台(ステージ)『不機嫌なモノノケ庵』
9月6日(火)~9月11日(日) 東京・赤坂RED/THEATER
【脚本】錦織伊代
【演出】矢島弘一
【出演】陳内将、入江甚儀、元木聖也、原嶋元久

公式HP:http://mononokean-stage.jp/

(C) ワザワキリ/スクウェアエニックス・「不機嫌なモノノケ庵」製作委員会

  • 1

(文/エンタステージ編集部)

不機嫌なモノノケ庵

作品情報不機嫌なモノノケ庵

台本を持つ舞台なのか?ドタバタの朗読劇か?毎ステージ入れ替わる、二人の役者が織りなす全く新しいエンターテイメント!

  • 公演:
  • キャスト:陳内将、入江甚儀、元木聖也、原嶋元久、ほか

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のインタビュー

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP