HEADLINE

インタビュー

橋本さとし×岸祐二×河原雅彦インタビュー!ミュージカル『ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ』では「演劇のからくりの面白さ」が見られる!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年9月に上演される、韓国発の大ヒットミュージカル『ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ』の日本初演版公演が期待を集めている。実在のゴッホ兄弟がやりとりした手紙をもとにした二人芝居で、兄弟それぞれをトリプルキャストで演じる。兄であり画家のヴィンセント役は、橋本さとし、泉見洋平、野島直人。弟で画商のテオ役は岸祐二、上山竜治、入野自由だ。

今回のインタビューでは、兄弟役としてコンビを組む、橋本さとし、岸祐二、そして演出の河原雅彦に話を聞いた。

ミュージカル『ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ』インタビュー

関連記事:ついに楽曲公開!橋本さとし、岸祐二ら出演ミュージカル『ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ』歌唱稽古

二人芝居・実在の人物・・・・・・初めてづくしの舞台

――公演はトリプルキャストで、全5チームの組み合わせがありますね。

河原:役者が違うので、それぞれ表現の仕方が変わってくるでしょうね。舞台での2時間をどう生きるか・・・・・・いろんな人物の捉え方があります。役を深めていく中で、自然とカラーが出てくるでしょう。

岸 :とくにソロで歌うシーンでは個性が出そうですね。

河原:やはり舞台は俳優さんで変わりますからね。5チームそれぞれ、また韓国版とも違うものが観られると思います。

橋本:楽しみですね。僕がお客さんだったら全部の組み合わせを観ないと気が済まない。コンプリートしたくなる!

――橋本さんと岸さんだけは、固定の組み合わせなんですね。

橋本:バランスの問題かな?

岸 :さとしさんと(入野)自由の組み合わせだったら親子になっちゃう(笑)。実際のゴッホ兄弟が死んだ歳よりも僕らは遥かに上ですしね。

橋本:ヴィンセントは37歳だった。

岸 :ノジ(野島直人)が35歳だから、実年齢は一番近いですね。

橋本:泉見(洋平)は?

岸 :彼は僕とほぼ変わらないので・・・・・・。

橋本:嘘だ!?もっと若く見える!

ミュージカル『ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ』インタビュー_岸祐二

――回想シーンでは10代や20代の頃も演じることになりますが。

岸 :ゴッホが絵を始める前のシーンですね。

橋本:その部分は直人にやってもらおうか。

岸 :なんで自分の負担を減らそうとするんですか(笑)。

橋本:いや、できるかなって・・・・・・もはや二人芝居じゃなくなっちゃうか。

河原:(笑)。

――二人芝居、プレッシャーもありますか?

橋本:僕、二人芝居初めてなんだよね。ちょっと怖い。

岸 :僕は先日『アップル・ツリー』で50分の二人芝居をやりましたけど、今回は倍以上の長さだから気が抜けないですね。たぶん一人芝居の方がまだ楽なんですよ。一人だったら自分が話せばなんとかなるけど、二人だと相手にちゃんと台詞を渡さないといけないから、間違えることができない。それはすごく緊張しますね。音楽も今回は生演奏ではないので、流れてくる音楽からずれちゃいけない。難しいですね。

橋本:単純に、覚える量も多いですからね。だから、ちゃんと自分に染み込ませてから稽古に行かないと追いつかないだろうな。宿題の多い舞台です。

――二人芝居もそうですが、今回は実在の人物を演じるんですよね。どんな役作りを?

橋本:僕は基本的に、役に関係することを調べずに稽古をするんですよ。現実にあるものをなぞりたくないし、自分の中から生まれてくるものじゃない何かに引っ張られるのは、すごく嫌だから。でもゴッホ兄弟は実在の人物だから、誰もがそれぞれのイメージを持っている。だから今回、僕にしては珍しく「ゴッホの気持ちになろう」と、絵を見たり生い立ちを調べたりしていますね。資料がいっぱい残っているので、それを掘り下げていく作業はけっこう楽しいです。皆さんが共感できるキャラクターに、できるだけ自分のカラーを乗せられたらいいなと思っています。

ミュージカル『ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ』インタビュー_橋本さとし

岸 :僕も同じですね。本来は、時代背景とかを調べるのはあまり好きじゃないんです。でも、ゴッホ兄弟について調べたり、その作品に触れたりしています。僕も絵を描くのが好きなので、ヴィンセントがどうやって絵を描いているのか、そこにどんな時代背景があるのかを知るのはとても楽しいです。

とはいえ、過去の事実や、韓国版の原作がどうだったかということはあまり気にしていません。台本に描かれている人物やイメージを受け取ることが大事なので、韓国版の映像を観たうえで「自分がやるならこうしよう」と思うものを選択していきます。

橋本:役について事前に調べたりするのは、役者人生で初めてだよ。

河原:あと、ヒマワリの種も蒔いたんでしょう?

橋本:そう。絵は描けないから、とりあえずヒマワリの種を植えてみた。

岸 :ヴィンセントはヒマワリを植えてはいないんですけどね、描いただけで(笑)。

河原:まあでも、大きな一歩ですね。

橋本:2週間くらい前に植えたらもう15cmくらいに育ってるよ。ヒマワリがちょっとずつ大きくなっていくのが楽しくて毎日見てる。「これが咲く頃には本番が始まるんだな~」って。

岸 :絵を描くこととあまり関係ないじゃないですか。

橋本:ヒマワリの成長とともに、本番に向けて俺も花を咲かせるぞ~って。

岸 :なるほど、そういうことか。

河原:季節を感じるという発想は日本人らしくていいね。でも、枯れたりしてね。

橋本:それは落ち込むよ!枯れたらもう僕、ヒマワリ描けない。

河原:それは頑張ってよ(笑)。

ミュージカル『ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ』インタビュー_河原雅彦

インタビュー後半では、いよいよ作品の内容に迫ります!

(文/河野桃子)

ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ

作品情報ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ

韓国創作ミュージカル『ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ』が、満を持して日本版上演!

  • 公演:
  • キャスト:橋本さとし、岸祐二、泉見洋平、野島直人、上山竜治、入野自由、ほか

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のインタビュー

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP