HEADLINE

インタビュー

『ジャージー・ボーイズ』&『ミス・サイゴン』藤岡正明にインタビュー!「トミーを演じる時に意識したのは“劣等感”でした」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2005年にブロードウェイで開幕し、トニー賞・最優秀ミュージカル賞を始め、グラミー賞、ローレンス・オリヴィエ賞など全世界で57部門もの賞を獲得したミュージカル『ジャージー・ボーイズ』。

ニュージャージー州の貧しい片田舎で出会った若者たちが、コーラスグループ「ザ・フォー・シーズンズ」としてデビューし、華やかな音楽業界で経験した栄光と挫折とは――。

千穐楽まで残すところあとわずか!熱い舞台に立ち続ける藤岡正明(トミー役/RED)に、本作・・・そして自身のコンサートや新役を演じる『ミス・サイゴン』について話を聞いた。

『ジャージー・ボーイズ』&『ミス・サイゴン』藤岡正明インタビュー

関連記事:ミュージカル『ジャージー・ボーイズ』吉原光夫にインタビュー!「“演劇”に妥協をしたら人生終わりと思ってます」

4人のバンド感をきっちり表現したかった

――『ジャージー・ボーイズ』上演期間も残りわずかとなってしまいました!

始まってみればあっという間でしたね。稽古中は大変なことも多くて、何度も「これ、本当に大丈夫なのかな?」って不安になったりもしましたが(笑)。

藤田(俊太郎)演出の現場は『ビューティフルゲーム』に続いて2回目なんですが、今回も良い意味で遠回りをするというか・・・みんなで色々な方向性を探りながら、作品を作っていくという感じでした。ディスカッションの回数も、他作品に比べると多かったと思います。『ジャージー・ボーイズ』って“きっかけ”の数も思いのほか多いんですよ。そんなこともあり、稽古中は「大丈夫か?」モードになったりもしつつ(笑)、幕が開いて、多くのお客さまから好評を頂けて本当に良かったな、と。

――個人的にはトミーに一番感情移入しながら拝見していました。

本当ですか!?実は僕、これまで“良い人”の役が多くて、トミーのようにちょっと“憎まれ役”的なキャラクターを演じるのは初めてなんです。だから役を立ち上げていく過程ではかなり悩みました。

ただ、自分ひとりで役を作り過ぎてしまうと「ザ・フォー・シーズンズ」としてのバランスが崩れるような気もしたんです。今回、自分なりのこだわりとして“バンド感”を4人できっちり表現したいと思っていましたし。だから、稽古にはあえてニュートラルな状態で挑むように心がけました。他の3人との新鮮なやり取りの中から「ザ・フォー・シーズンズ」のメンバーとしてのトミーの姿をお見せ出来たら良いな、と。

『ジャージー・ボーイズ』&『ミス・サイゴン』藤岡正明インタビュー_2

――REDチームは演劇的にも“濃い”メンバーが揃っていますよね。

なかなかの曲者揃いですよね(笑)。今回良かったのは、作品としての決まりごとはしっかり踏襲しつつ、それ以外の部分で、相手の台詞や感情の動きにビビッドに反応できる俳優が集まったことだと思います。(台詞や感情の)パスをなるべくビビッドに、そしてシャープに回していきたいという思いは全員の共通認識だったんじゃないかと。だからこそ、毎公演新鮮な気持ちで「ザ・フォー・シーズンズ」として舞台に立てているんじゃないかと思っています。

――WHITEチームの舞台はご覧になりましたか?

観ました。全然違う色合いで面白かったです!同じ台本、同じ音楽の作品をWHITEがやるとこうなるのか・・・と思って観つつ、なるほど!と思うところは参考にしたりもしました。

――同じくトミーを演じられている中河内雅貴さんについては?

中河内とはこれまで共演経験もありますし、Wキャストをやるのも初めてではないので信頼感はありますね。タイプはそんなに重なっていないと思うのですが、芯の部分や質感がどこか似ているのかもしれないです・・・でも、熱さで言えば、中河内の方が上ですよ(笑)。

関連記事:ミュージカル『ジャージー・ボーイズ』福井晶一と中河内雅貴にインタビュー!「Wキャストって・・・実はいろいろ複雑なんです(笑)!」

――舞台で藤岡さんを拝見していると、良い意味で、貴公子や王子キャラとは一味違う線の太さを感じます。

確かに労働者的な役柄も多いですね(笑)。でも、育ちの良いお坊ちゃまの役も演じてはいるんですよ(笑)。

――『レ・ミゼラブル』のマリウスですね。

そうです(笑)・・・その後にやらせていただいた『ミス・サイゴン』のクリスは、自分なりに色々考えて“線の細さ”を打ち破る方向で演じましたが。

『ミス・サイゴン』では新しいトゥイ像を創っていきたい

『ジャージー・ボーイズ』&『ミス・サイゴン』藤岡正明インタビュー_3

――その『ミス・サイゴン』、2016年版ではクリスからトゥイに役を変えてのご出演です。製作発表では「以前は二人から愛されていたのに、今回は誰からも愛されず・・・」とコメントしていらっしゃいました(笑)。

実は今回のオーディションは他の役で受けていたんです。が、審査が進むうちに、向こう(海外)のキャスティングディレクターから「ぜひ、トゥイを聞いてみたい」というリクエストがありました。その瞬間、僕、ちょっと苦い顔をしたかもしれません(笑)。なぜなら、トゥイに関してはこの時までノーマークでしたから。でも、スタッフさんがそういうリクエストをしてくださったということは、僕の中にトゥイの要素があるんだろうと思って、その場で何曲か歌ったんです。

関連記事:市村正親、完全復活でブロードウェイデビュー!?そしてユカイは「ロックンロール!」ミュージカル『ミス・サイゴン』製作発表レポート!

――海外スタッフのオーディションではたまに聞くお話ですが、当事者の俳優さんはビックリしますよね。

本当ですよ(笑)。僕が以前演じていたクリスにとってトゥイは恋敵だったこともあり、役の上でもトゥイにはちょっとした敵対心がありました(笑)・・・何だかおどろおどろしい奴だな、って(笑)。また、当時トゥイを演じていた泉見(洋平)さんの印象が強過ぎて、なかなかこの役と自分を重ねることが出来なかったんです。

でも、今回、トゥイとして舞台に立たせていただくことになって、僕なりに役を立ち上げていきたいと思いますし、自分の中のどの部分をトゥイに結び付けていくか、イメージも出来つつありますので、そのあたりは演出家とディスカッションしながら稽古に臨みたいですね。

――現時点で、藤岡さんがどういう方向でトゥイを立ち上げていこうとなさっているのか気になります。

まず、これまで誰も演じていない“トゥイ像”を作りたいと思っています。『ミス・サイゴン』の中でも、特にトゥイは“西洋人から見た東洋人”として描かれているキャラクターだと思うんです。ですから今回は“東洋人が演じるまぎれもない東洋人”として、しっかり芯の通ったひとりの人間を表現したいですね。そして、キムから愛されなかった分、お客さまからは思いっきり愛していただけるキャラクターになるよう役と向き合っていきたいです。

音楽の世界とミュージカルの舞台とを繋ぐ

『ジャージー・ボーイズ』&『ミス・サイゴン』藤岡正明インタビュー_5

――実はクリスよりトゥイに魅かれる女性も多いような気がします・・・藤岡さんのトゥイ、楽しみです!そして8月にはミュージカルコンサートも開催されますね。

『M's Musical Museum Vol.3』というタイトルでやらせていただきます!昨年、ゲスト出演させていただいた井上芳雄さんの『僕らのミュージカル・ソング コンサート』で歌って目覚めた(笑)『ウィキッド』の「For Good」や、闇が広がるあのナンバーなど、普段僕が演じる役柄とは一味違う曲にもチャレンジするつもりですし、『ジャージー・ボーイズ』の中からも、フランキー・ヴァリの例の名曲を歌わせていただこうかな、と。

――『ジャージー・ボーイズ』からフランキー・ヴァリの名曲と言えば・・・「君の瞳に恋してる」ですね?

正解です(笑)。フランキー・ヴァリの“トワング”と呼ばれるあの歌唱法・・・正直、僕にとっては不得手な歌い方なんです。でも、せっかく素晴らしい作品に出会えたわけですし、僕が歌ったら、また違う味わいになるんじゃないかと・・・まあ、これはアッキー(中川晃教)への宣戦布告なんですけど(笑)。

――中川さんとはとても仲が良いと伺っています(笑)。

もうめちゃめちゃ仲は良いですよ(笑)。デビュー時期もほぼ一緒で、その頃ライブイベントで同じステージに立ったりもしているんです。ミュージカルの世界に入ったのはアッキーの方が先で、しばらく共演もなかったんですけど、2011年の『Underground Parade』で久しぶりに一緒になって以来、共演も増え、付き合いもより深くなった感じですね。

『ジャージー・ボーイズ』&『ミス・サイゴン』藤岡正明インタビュー_4

――おふたりはお互い、ストレートにものが言い合える間柄という印象です。

確かにそうですね(笑)。アッキーは僕の色んな面を知り尽くしていると思いますし、僕に対しては投げかける言葉に一切遠慮もないです・・・まあ、それは僕の方も同じなんですが(笑)。だから『ジャージー~』の舞台上でトミーとしてフランキーをどつく・・・みたいな場面にも躊躇はまったくないですね(笑)。

どうして僕たちふたりがこんなに親しくなったんだろう・・・って考えると、それはやっぱり“音楽”の力なんですよ。お互いミュージシャンとしてデビューして、音楽への思いやこだわりが強いまま俳優の仕事もするようになって・・・ふたりで音楽の話になると止まらないですもん。

僕は来日版の『ジャージー・ボーイズ』を観た時から、日本でフランキー・ヴァリの役をやれるのは中川晃教しかいないと思っていました。そのアッキーと一緒にこういう作品に出演出来るのはものすごく幸せなことだな、と。

関連記事:ミュージカル『ジャージー・ボーイズ』中川晃教にインタビュー!「フランキー・ヴァリという役に“呼ばれた”と思っています」

――そのおふたりの関係性が、舞台上にもしっかり現れていると思いました。

この作品の中で僕が一番大切にしたかったのが「愛すべきザ・フォー・シーズンズ」として4人が舞台に立つ、ということだったんです。その中で自分が演じるトミーがどういう風にグループの中に存在すればいいのか・・・その一つの糸が“劣等感”でした。

トミーは自分がグループを作ったという自負もあるのに、途中から入って来た“天才”ボビー(=ボブ・ゴーディオ)に、ある意味、色んなものを奪われてしまいますよね。トミーからしたら、ボビーはいきなりやってきた転校生みたいな存在なんです。年も下なのに音楽に関しては誰よりも詳しくて、ビジネスセンスもある。そして自分が最初に才能を見出して一緒にやってきた幼なじみのフランキーもボビーとふたりで関係を築いていこうとする・・・この時、トミーの胸の中には凄まじい劣等感が渦巻いていたと思います。客席に向かって語りかける時や、グループが上手く回っている時は大きなことを言っていますが、トミーの心の中にはいつも劣等感があって、それが彼の行動の大きな要因になっているんじゃないかと稽古の中で気づき、その気持ちを頼りに役を立ち上げていきました。

――そう伺うと、ますますトミーという人物が愛おしくなります。

多くのお客さまがそう思って下さればいいのですが(笑)。『ジャージー・ボーイズ』や、春に出演した『グランドホテル』も、ミュージカルでありながら、演劇的な要素が大きくて、歌のみが前面に出る作品ではなかったんですが、8月の『M's Musical Museum Vol.3』では、バリエーションに富んだミュージカルナンバーをガンガン歌わせていただきます!僕がコンサートやライブという形で舞台に立つのはおそらくこれが今年最後になると思いますので、ぜひ会場に足をお運びいただければ嬉しいです。

そして『ジャージー・ボーイズ』公演日数も残り少なくなってきましたが、必ず再演があると信じています!その時はまた絶対に「ザ・フォー・シーズンズ」の一員・・・トミーとして舞台に立ちたいですね。

『ジャージー・ボーイズ』&『ミス・サイゴン』藤岡正明インタビュー_6

線の細い“イケメン俳優”たちが多く活躍する舞台の世界で、藤岡正明が持つ良い意味での泥くささや線の太さ、たくましさは貴重である。特にミュージカルの現場で、彼ほど地に足を付けて日々を生きる人間の姿をリアルに見せられるプレイヤーは他にいないのではないだろうか。

『ジャージー・ボーイズ』のトミーも、決してスマートではなく、グループのためを思いながら、動く方向性を誤って、次第に孤立していくという役どころ。藤岡の非常に人間臭い役作りに何度も心を揺さぶられた。そんな彼が10月開幕の『ミス・サイゴン』で、どんな“新しい”トゥイ像を立ち上げるのか・・・こちらも楽しみでならない。

『ジャージー・ボーイズ』で「ザ・フォー・シーズンズ」を演じる7人のメンバー全員のインタビューor対談をお届けしてきた企画も今回でラスト。幕が開き、ここまで一気に客席と舞台上の熱量が共に上がった作品も珍しい。この熱が冷めないうちに、同じキャストで本作が再演されることを望むばかりである。

◆ミュージカル『ジャージー・ボーイズ』
7月31日(日)までシアタークリエにて上演中

◆『M's Musical Museum Vol.3』
渋谷Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE
2016年8月6日(土)昼 14:00開場 14:30開演/夜 18:30開場 19:00開演
2016年8月7日(日)昼 12:30開場 13:00開演/夜 17:00開場 17:30開演

◆ミュージカル『ミス・サイゴン』
2016年10月19日(水)~11月23日(水・祝)帝国劇場
プレビュー公演10月15日(土)~18日(火)
※東京公演千穐楽後に全国ツアー公演あり

  • 1

(文/上村由紀子)

ジャージー・ボーイズ

作品情報ジャージー・ボーイズ

フランキー・ヴァリ&ザ・フォーシーズンズ 実話に基づいた感動のストーリー!

  • 公演:
  • キャスト:中川晃教、藤岡正明、中河内雅貴、海宝直人、矢崎広、福井晶一、吉原光夫、ほか

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のインタビュー

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP