HEADLINE

インタビュー

ミュージカル『ジャージー・ボーイズ』福井晶一と中河内雅貴にインタビュー!「Wキャストって・・・実はいろいろ複雑なんです(笑)!」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2005年にブロードウェイで開幕し、トニー賞・最優秀ミュージカル賞を始め、グラミー賞、ローレンス・オリヴィエ賞など全世界で57部門もの賞を獲得したミュージカル『ジャージー・ボーイズ』。伝説の舞台が、この夏、いよいよ日本で開幕する!

ニュージャージー州の貧しい片田舎で出会った若者たちが、コーラスグループ「ザ・フォー・シーズンズ」としてデビューし、華やかな音楽業界で経験した栄光と挫折とは――。

本作で初共演を果たす福井晶一(WHITE/ニック役)と、中河内雅貴(WHITE/トミー役)のふたりに話を聞いた。

ミュージカル『ジャージー・ボーイズ』福井晶一×中河内雅貴インタビュー

関連記事:ミュージカル『ジャージー・ボーイズ』海宝直人と矢崎広にインタビュー!「実は僕たち、10年前に出会っていたんです」

――プレビュー初日、迫って来てます!

福井:もうそんな時期ですか・・・今回は2チームあるので稽古時間もタイトになっていますし、結構ドキドキですよ。

中河内:本当、ドキドキですよね(笑)。自分の感覚としては、本読みもあわせてちゃんと通せたのは2、3回という印象です。台詞ももちろん入れてはいますが、いざ立ってみるときっかけも多いし、他に集中しなくちゃいけないことも出て来るし・・・たまに色々飛びます(笑)。

福井:ここからがーっと上げていきます、大丈夫です(笑)!

ミュージカル『ジャージー・ボーイズ』福井晶一×中河内雅貴インタビュー_8

――おふたりは初共演ですよね。

福井:昨年のブロードウェイミュージカルライブでご一緒しましたが、舞台上での絡みはほぼなかったので、ちゃんと一つの作品で共演するのは初めてです。BWMLの時は中河内君のダンスのキレがすごくて、勢いのある華やかな若手だな・・・と思っていたのですが、今回の稽古に入って、真面目で一生懸命で、改めてトミーにぴったりだと思いました。

中河内:福井さんはとにかく温厚で優しいんです!稽古中に僕が色んなことを言っても、いつも温かく大きな心で受け止めてくださいます。お芝居でもちゃんとこちらの思いを受けていただけるので、安心してトミーとして飛び込んでいけます・・・同じチームにいさせていただくのがとても心地良いですね。僕にとってはニックそのものという存在です。

福井:WHITEチームは最初の頃からまとまってるよね。無理に役作りをしなくても、お互いがちゃんと役をまとってその場にいる感じ。

中河内:だから稽古の時に、自分がやりたいことをまずやってみると、それがすんなり通って成立させて貰えるんですよ。

ニックとトミー、ふたりの深い関係性

ミュージカル『ジャージー・ボーイズ』福井晶一×中河内雅貴インタビュー_2

――トミーとニックは『ジャージー・ボーイズ』の中では全くタイプが違うキャラクターですが、とても濃い関係のように思います。

福井:グループ4人の中ではこの二人の関係が一番長いんですよ。幼少時から一緒に過ごしてきたという設定ですし。細かいことは言わなくても、互いの気持ちがある程度は分かる兄弟みたいな間柄なんじゃないかな。ニックはトミーに対して厳しい態度も取るんですが、それは何とか彼に分かってもらいたい、変な方向に行って欲しくないというニックなりの愛情なんです。

中河内:福井さんのニックがトミーに対してどういう感情を持っているかを、今、初めて聞いたんですが、そのモードはすでに芝居の中でひしひしと感じていました。ニックがいてくれるから、トミーは彼にたずなを握って貰った上で、自由に飛び回れるんでしょうね。

――ちょっと“奥さん”みたいですね(笑)。

福井:確かに(笑)。そうやってニックはトミーのことをしっかり支えて来たのに、その思いがきちんと彼に届いていない事態が積み重なって、最後は爆発してしまうんです。

ミュージカル『ジャージー・ボーイズ』福井晶一×中河内雅貴インタビュー_9

――『ジャージー・ボーイズ』は印象的なナンバーも多いですが、お歌いになってみていかがでしょう。

中河内:コーラスが決まると本当に気持ち良いですよ。アッキー(中川晃教)さんがREDの稽古に入っている時に、ちょっと3人で声を合わせたことがあったんですけど、ハーモニーがバッチリはまって何だか感動しました。

福井:(物語の中の)グループとしてもそうですし、作品の中のハーモニーも含めて、チームワークありきの作品だと思います。コーラスって誰かが崩れれば他の皆も一緒に崩れるじゃないですか。だから互いを補って皆で上がっていければな、と。コーラスが決まった時は超気持ち良いですよ!そこにアッキーの天使の歌声が乗ると更にたまらない!・・・みたいな(笑)。

関連記事:ミュージカル『ジャージー・ボーイズ』中川晃教にインタビュー!「フランキー・ヴァリという役に“呼ばれた”と思っています」

――早く聞きたいです!お二人が演じるキャラクターについても伺わせて下さい。福井さん演じるニックは、自分の気持ちをなかなか表に出さない人物ですよね。

福井:これは稽古に入ってみて改めて気づいたことなんですが、ニックって初めからこのグループに対して、実はあまり執着がないような気がします。もちろん、フランキーやボブのように才能ある人達がグループに入って、グループ全体が底上げされ、売れていくことは嬉しいんですが、他の皆ほどグループの成功一筋にものを考えている人物ではないんです。どこか一歩引いたところで他のメンバーやそれを取り巻く状況を見ている・・・ニックはそんな存在なのかと。だから最後に、自分が本当に行くべき場所がどこなのかをちゃんと見極めるんでしょうね。

僕自身も結構ニックと似ているところがあって、稽古場でも自分の意見をガンガン出していくというよりは、皆のことを少し離れた場所から見ていたりします・・・うん、そういうところはニックと非常に近いですね(笑)。

ミュージカル『ジャージー・ボーイズ』福井晶一×中河内雅貴インタビュー_5

――中河内さんはトミーとご自身とが繋がる部分はありますか?

中河内:強いインスピレーションを感じて“やりたい!”と思ったことを、結果に関わらず最後までやり通すところはトミーと似ていますね。あとは、自分のためというよりは、カンパニーのため、グループのために自らが何をやるべきかを考えて動くところもトミーと同じかもしれません。

福井:トミーとニックって実は立場が似ているんだよね。最初は自分たちが作ったグループなのに、後から入って来た才能豊かなメンバーのために、自分たちの居場所がなくなってしまうところとか。もしかしたら、二人がツアー中ずっと同じ部屋だったり、一緒にいる時間が長かったっていうのもそういう共感が二人の間にあったからかもしれないよね。

中河内:僕は今回のカンパニーで、多くの方とこれまでも共演しているんですが、同じWHITEチームの福井さんと海宝(直人)君とは初共演なんです。稽古を重ねたり、今、福井さんのお話を伺ったりして、それがとても良い化学反応を起こしている気がします・・・新鮮にトミーの気持ちになってグループの中にいられるというか。

Wキャストのワクワクとモヤモヤ

ミュージカル『ジャージー・ボーイズ』福井晶一×中河内雅貴インタビュー_4

――今回WHITEとREDの2チームで公演が行われますが、Wキャストの方の演技はやはり気になるものでしょうか。

福井:吉原光夫と同じ役をやるのは正直複雑ですよ(笑)。

――それはどうして?

福井:だって、あんなに個性的な俳優っていないじゃないですか。更に彼は自分で劇団も主宰していて、演出もやる訳ですよ。

中河内:ご自分のことをすごく客観的に見られる方ですし、作品の分析力も凄いんです。

福井:演出の藤田さんともこれまで仕事をしていて、すでに信頼関係が出来ているしね。光夫はその信頼関係があるから、思った事をストレートに演出家に伝えていけるんですよ。で、僕はニックのようにそれを少し離れた場所から見ているんです(笑)。まあ、こんな風に話せるのは、昔からよく知っている親しい間柄だからなんですけど(笑)。

――福井さんと吉原さんは劇団時代からの仲ですものね。中河内さんはいかがですか。

中河内:Wキャストって・・・正直苦手です(笑)。実は僕、これまでも藤岡(正明)さんとのWキャストがかなり多いんです。やんちゃなところとか熱いところが似ているんでしょうか(笑)。

しかも、藤岡さんとWの時って歌がメインの作品ばかりなんです・・・ダンス要素少な目の。だからその度に悔しくなるんですけど、僕にとってはその悔しさが前に進む大きな原動力なんです。もうこうなると、相手が・・・っていうよりは自分との戦いです。Wキャストの相手にばかり気持ちがいくと、ナーバスなモードに入ってしまうので、ちゃんと前を向いていかないといけないですね。『ジャージー・ボーイズ』のために、自分が重ねた努力を信じます。

ミュージカル『ジャージー・ボーイズ』福井晶一×中河内雅貴インタビュー_7

――お二人くらいのキャリアがあっても、そういうモードに入ることがあるんですね。

中河内:ありますよ!人間ですから(笑)。

福井:Wキャストにも勿論メリットはあるんですよ。相手の芝居を見て気づかされることも多いですし。その反面、心が掻き乱されたりもします。僕は今、そんな気持ちをあえて貯め込んで、ニックの演技に活かそうかな、と(笑)。

中河内:なるほど、それはいいですね!

――そういうストレートなお話をしていただけたということは『ジャージー・ボーイズ』のお稽古場は風通しも良くて、本当の意味でカンパニーが信頼し合っているんだと思います。お稽古も佳境ですが、お二人のリフレッシュ法を教えていただけますか。

中河内:僕は稽古が煮詰まってくると自宅で料理をします。24時間作品のことばかり考えていると、頭がウニみたいになっちゃうので(笑)。最近だと、スーパーで見つけた青梅を買ってきて、梅酒を漬けました。

福井:そんなことするんだ!

中河内:実は昨年もワインを使って梅酒を作ってみたんですが、使った梅がシロップ用のやつだったみたいで、失敗しちゃったんです。だから今年は気合いを入れて青梅の下ごしらえをして、ブランデーとはちみつ、ブランデーと氷砂糖で二種類仕込みましたよ(笑)。

福井:実は僕、お酒をあまり飲まないんだよね。だから雰囲気が良くて落ち着けるカフェを探して美味しいコーヒーを飲むのがリフレッシュ法かな。

ミュージカル『ジャージー・ボーイズ』福井晶一×中河内雅貴インタビュー_6

――清澄白河を歩かれたとか。

福井:この前初めて行ってみたんですけど、雰囲気もあっていい街ですよね。元は倉庫だったところを改造してコーヒー豆の焙煎をやってるところがたくさんあるんです。カフェで落ち着いてコーヒーを飲むのもいいんですが、街なかでテーブルをポン、と出してコーヒーをドリップしているお店もあって、そういうところで「今日はどの豆がいいの?」なんてマスターと会話をしながら一杯飲んで仕事に行く・・・そういうのも良い気分転換になりますよ。

中河内:・・・大人だなあ。

――梅酒とコーヒー、いいですね!最後にお互いの“羨ましい”ポイントを教えていただけますか。

中河内:いっぱいありますよ!・・・車をお持ちだったり・・・

福井:それ、所有物だから(笑)!僕は中河内君を「あれだけガンガン踊れたら気持ち良いだろうな」っていつも羨ましく見てますね。

中河内:僕は福井さんの“落ち着いた佇まいで存在感を醸し出す雰囲気”に憧れます・・・羨ましいです!僕にとって理想の大人の男性像です。

ミュージカル『ジャージー・ボーイズ』福井晶一×中河内雅貴インタビュー_3

劇団四季在団時には『キャッツ』『アイーダ』『美女と野獣』等で重要な役を務め、退団後は『レ・ミゼラブル』等のミュージカルで活躍を続ける福井晶一と、『CLUB SEVEN』シリーズ、『GEM CLUB』『スコット&ゼルダ』『ドッグファイト』等でキレのあるダンスとともに抜群の存在感を示す中河内雅貴の二人が、いよいよこの夏、『ジャージー・ボーイズ』日本初演で本格的な初共演を果たす。

インタビュー中も場を明るく盛り上げる中河内と、それを温かく見守る福井の姿に、WHITE版トミーとニックのひとつの関係性が見えた気がした。

俳優にとって、なかなか手ごわい問題でもあるWキャストについて、ポジティブ&率直に語ってくれた二人の“男気”と“クリエイターとしての覚悟”に胸打たれつつ、目前に迫った『ジャージー・ボーイズ』日本初演の開幕を楽しみに待ちたいと思う。

◆ミュージカル『ジャージー・ボーイズ』
2016年7月1日(金)~7月31日(日)
(プレビュー公演)6月29日(水)~6月30日(木)
シアタークリエ(東京・日比谷)

  • 1

(文/上村由紀子)

ジャージー・ボーイズ

作品情報ジャージー・ボーイズ

フランキー・ヴァリ&ザ・フォーシーズンズ 実話に基づいた感動のストーリー!

  • 公演:
  • キャスト:中川晃教、藤岡正明、中河内雅貴、海宝直人、矢崎広、福井晶一、吉原光夫、ほか

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のインタビュー

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP