HEADLINE

インタビュー

山田ジャパン公演『ソリティアが無くなったらこの世は終わり』山田能龍×いしだ壱成×与座よしあき インタビュー!「笑いの中に潜む闇に誰でも代入できる“X”がある」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いとうあさこを筆頭にした個性派揃いの劇団“山田ジャパン”の次回公演『ソリティアが無くなったらこの世は終わり』が、2016年5月11日(水)より東京・CBGKシブゲキ!!にて上演される。本作は、主宰の山田能龍が作・演出を手がけ、2010年に初演され、オールドファンから再演を熱望されていた作品。出演者には、劇団員のほか、5年振りの山田ジャパン出演となるいしだ壱成や、山田が兼ねてから出演を熱望していた与座よしあきなどが集結。脚本も大幅にリライトし、パワーアップした再演について、山田、いしだ、与座の三人に話を聞いた。

004835.jpg

関連記事:いとうあさこが所属する劇団山田ジャパン次回公演『ソリティアが無くなったらこの世は終わり』5月上演

「山田さんは人としても演出家としてもスピッてる」(いしだ)

――いしださんは山田ジャパンに5年ぶりの客演、与座さんは山田ジャパン初参加となるわけですが、それぞれの出演の経緯を教えてください。

山田:いしださんに関しては、2011年に上演した『いいえヴィンテージです。』という作品に出演していただいた時の縁が大前提にあります。その公演では直前に東日本大震災があって、世間の風潮も相まってなんでも“不謹慎”に見えてしまうという事態が起きたんですよね。もちろん、僕たちもメンバーそれぞれの哲学をすり合わせながら上演に関して深く検討を重ねまして。その上で、なんとか自分たちの納得できる公演を打つことができた。だから、メンバー同士の絆が特に深まった公演だったんですよ。
なので、公演が終わってからもいしださんとはSNS上などで年に一度くらいのペースで連絡を取るなど“甘噛み”をして関係が途絶えないようにしていたんです。この再演が決まった時、いしださんのことが思い浮かんで、ダメ元でオファーをしたところ、本当に忙しいスケジュールなのにもかかわらず快諾いただきました。

いしだ:実は、僕も山田さんは気になる存在でして(笑)。Twitterなどでもつい山田さんのタイムラインを追っちゃったり、リプライしてちょっかいを出したりしていました。

――お互い気になる存在なんですね。いしださんにとって山田さんのどういうところが魅力ですか?

山田ジャパンインタビュー_5

いしだ:そうですね・・・やけにスピリチュアルなところ、ですかね(笑)。

一同:はっはっはっは(笑)。

山田:自覚はありませんが(笑)。そういうのを“スピッてる”って言うんですよね?

いしだ:はい、山田さんはいつもスピってます(笑)。

――与座さんも、その山田さんの“スピッてる”感じ、わかりますか?

与座:僕の体調にもよりますけど・・・、感じますね(笑)。

――いしださんのおっしゃる“スピってる”というのは、もう少し詳しくお聞きするとどういう感じなんでしょうか?

いしだ:言葉がすごく的確だったり。オーラとか持っている空気がどんどん研ぎ澄まされているような感じがするんですよ。本人は自覚していないみたいなんですけど。

山田:これお芝居の取材だよね(笑)?

いしだ:いやいや、演出家としての手腕とリンクする能力ですから。

山田ジャパンインタビュー_8

――与座さんの出演の経緯も教えてください。

山田:与座さんに関しては僕がずっとファンで・・・、絶えず甘噛みしてたんです。お会いする度に「与座さん出てくださいよ」って言ってたんですけど、「もちろん~」とか言ってすぐ忘れちゃうんですよ。

山田ジャパンインタビュー_7

与座:ハハハ(笑)。

山田:今回、いしださんと全く対になる役として、与座さんに出演していただけたらめちゃめちゃ面白いだろうと確信して、甘噛みではなく、思いっきりかぶりつきのオファーをしたんです。それで、念願叶って出演していただけることになりました。

――与座さんは、山田ジャパンに対してどのような印象をお持ちでしたか?

与座:僕と同じ事務所のいとうあさこが山田ジャパンの劇団員なので、彼女から山田さんのことをちょくちょく聞いていたんですよ。お会いする度に、山田さんは作家としても、人としてもアップデートされている感じがあって。なんというか・・・ミルフィーユ状に重なっていく魅力を感じていました。
今回は、ガブッと噛みつかれて、山田さんの熱が移ってしまいました(笑)。

★後半では、『ソリティアがなくなったらこの世は終わり』の内容に踏み込んで語って頂きました!★

(文/大宮ガスト)

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のインタビュー

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP