HEADLINE

インタビュー

『ドラゴンクエスト ライブスペクタクルツアー』アリーナ役・中川翔子インタビュー!「一緒に冒険の伝説を作りましょう!」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年夏に全国ツアーが行われる話題沸騰中の大規模アリーナショー『ドラゴンクエスト ライブスペクタクルツアー』。このツアーに、ゲーム「ドラゴンクエストIV」の人気キャラクターであり武闘家としても高い素質を持つおてんば姫アリーナが登場する。今回は、このアリーナを演じる中川翔子に、公演に向けての意気込みや、ドラゴンクエストへの想いなど色々と語ってもらった。

『ドラゴンクエスト ライブスペクタクルツアー』中川翔子インタビュー

関連記事:夢を具現化する超一流クリエイターたち!『ドラゴンクエスト ライブスペクタクルツアー』金谷かほり&レイ・ウィンクラーにインタビュー

――今回のアリーナ役はどのように決まったのでしょうか?

実は2015年の夏の終わりぐらいから、お話を頂いていたんです。ドラゴンクエスト30周年アニバーサリーの年に、日本で初めてのスペクタクルツアーとして全てアリーナクラスの会場で40万人を動員するという企画で。しかもアリーナ役として出演させて頂けるという。出てくる言葉の規模の大きさに、これは誰かの夢なんじゃないかと思って。ちょっとメダパニの呪文で、混乱状態だったんですよ(笑)。

――それが実感として感じられたのはいつだったのでしょうか?

2015年の秋にテレビ番組『一億人の大質問!?笑ってコラえて!』のスタッフの皆さん、プロデューサーの依田さん、そして演出家の金谷さんとで、ラスベガスにシルク・ドゥ・ソレイユのショーを観に行ったんです。その時に、そのショーのようなことは今まで日本では存在していなくて、そのショーよりも、もっとスゴイことをドラゴンクエストでやりたいと、実際にラスベガスでお話をうかがったんです。それで、やっと本当のことなんだと確信しました。30周年のアニバーサリーという年に、スゴイ伝説が紡がれるんだと、そこで実感がわいたんですよね。

――アリーナという役を頂いた時はどう思われましたか?

最初にアリーナ役というお話を頂いた時は、まだライブスペクタクルショーの内容が定まっていない時だったので、アリーナ役というのはどういうことなんだろうかと思いました。ドラゴンクエストのゲームのCMでは各キャラクターを外国の俳優さんたちが演じていましたし。「ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城」というゲームで、アリーナのボイスを演じさせてもらっていたのですが、ショーではボイスと違って全身で演じる、つまりアクションがメインになるということで、高いハードルだとも思いました。

『ドラゴンクエスト ライブスペクタクルツアー』中川翔子インタビュー_2

――アリーナ役に決定したのが2015年の夏ということで、その話を黙っているのは大変じゃなかったですか?

誰にも言っちゃいけない秘密を抱えて生きるというのは、とても大変でした(笑)。やっぱり嬉しさのあまり、ドキドキ、ニヤニヤしちゃうところはあるんですけど。レッスンの開始まで待っている時期は、過去の「ドラゴンクエスト」シリーズのゲームをひたすら遊んで、セリフを書き起こしたりしていました(笑)。

――2016年1月の『笑ってコラえて』の番組内でライブスペクタクルツアーの全貌が発表されていましたが、テレビ番組と連携するなど、とても大きなプロジェクトなんですよね。

『笑ってコラえて』のスタッフの皆さんも毎日会議を重ねていらっしゃいます。そして、プロデューサーの依田さんが人生をかけて立ち上げたプロジェクトなんです。40万人動員というスケールであったり、ドラゴンクエストが好きで、観たいという人たちの思いで早くも追加公演が決定したり、ニュース番組でも発表されたりと、本当にスゴイことになっていますよね。

――今回のショーのストーリーは「ドラゴンクエストⅢ」(以下、「DQⅢ」)がベースになっているんですね。

そうなんです。「DQⅢ」は勇者がいて、魔王がいて、魔法使いや僧侶がいてという、一番ドラゴンクエストの基本ともなりえる作品がベースなんですよ。

――私も「DQⅢ」が一番ハマったので、ストーリーとかは共感しやすいですね。

「DQⅢ」が発売された時に小学生だった皆さんって、今は30代、40代の方かなと思うんですよね。私は「DQⅤ」から入ったんですけど、もっと下の子は「ドラゴンクエストモンスターズ」から入っていたりとか、30年の中で色々なドラゴンクエストとの出会いがあると思うんですよね。よく、ドラゴンクエストの生みの親である堀井雄二さんが「人生はRPG」とおっしゃっていたのが心に残っていて…。

――というと?

例えば、リアルに人生を歩んでいく中で、私は父である中川勝彦と話した記憶というのがあまり多くないんですけど、仕事で行く先々の場所で、「お父さんと仕事していましたよ」とか「お父さんと会ったことがあります」とか声を掛けて頂くことが多かったんですよ。これって、「DQⅢ」の勇者が父親のオルテガの旅の足跡を見つけているような感じがしたんです。それとは別に、アリーナも自分の父親を心配していたり、大切な仲間のクリフトのことを心配したりとか、そういう誰かを思う気持ちだったり、「DQⅤ」のストーリーのような理不尽でつらい悲しみが襲ってくるとか。でも、そこで感じた思いとかは無駄じゃなくて、きっとその先の輝く人生の未来につながる経験値になるとか。そんなドラクエイズムを心に抱くと、すごくポジティブに乗り越えていけるんですよ。なので、いつか子供が生まれたらドラゴンクエストを遊ばせたいなと思います。

『ドラゴンクエスト ライブスペクタクルツアー』中川翔子インタビュー_3

――まさに人生を左右する作品ですね。

私はもともと、青春をエンジョイしていたらこの人生になっていなかった、というのもあるんです。ありがたいことに、上手く生きられなかった時にゲームやアニメや漫画などの好きなもので、ドラゴンクエストでいう“てつのよろい”として心を守っていたんです(笑)。それが未来を助けてくれたというのもあるんですけど、だからドラゴンクエストを遊んでいて良かったなと思うんです。ただ、インドア派だったのでアクションというのが人生になかったんです。だから今回のアリーナ役としてアクションをしなければならないということは大変ですね。

――カンフー好きであったり、過去には特撮番組に出演されていましたが、本格的なアクションは今回が初めてでしょうか?

特撮は好きですし、ヌンチャクとかはやっていたんですけど(笑)本格的なアクションは初めてなんです。ボイスとも違うし、自分ではなくて誰もが思い描くアリーナじゃなきゃいけないんですよね。堀井さんがおっしゃった「ファミコンでドット絵だったアリーナはおてんば姫で、冒険の中でこんな会話をしてるんじゃないかとか、それぞれ遊びながらプレイヤープレーヤーが勝手に想像していたことであって、結構ファミコン版ではセリフって少ないんだよね。鳥山さんの描いたイメージイラストを見て、みんなが想像して遊んでくれているんだよ」という言葉がとても印象的でした。それでアリーナを演じると決まった時から、自分の考え方、生き方を変えようと思って。まずはバレエのアクションがあるので、肉体改造は絶対なんです。それにバレエのレッスンとか、トレーニングも。

――バレエのレッスンも?

アクションが出来る方って子供の頃からバレエを習っている方が多くて、演出の金谷さんがバレエ好きというのもあるのですが、それがすごくアクションの軸になると聞いた時からトレーニングもしているんですが、まず肉体改造しています。それとメンタル面なんですけど、アリーナも最初はレベル1から始まるんですよ。

――今回のショーにも、ゲームのようなレベルの概念があるんですか?

上演中にレベルが上がっていく仕組みがあるんです。私はレベル30(※自分の年齢をレベルと表現)からのレベル1なんですが(笑)トレーニングも、やってみると全部がライブスペクタクルショーのための経験値になると思うと楽しくて。昨日できなかった角度に足が曲がるようになったとか、体がより柔軟になったとか、そういうのもレベルを上げている感じがするんです。アリーナも最初はレベル1だったのに、最後は“かいしんのいちげき”を繰り出せるように成長するので、すごくカッコ良くて憧れのキャラクターなんです。

『ドラゴンクエスト ライブスペクタクルツアー』中川翔子インタビュー_4

――今回のショーのアクションでは“かいしんのいちげき”みたいなものも表現されるんですか?

まだハッキリとはしてませんが、色々とあるんじゃないかと思います。私自身も『笑ってコラえて』の放送で、初めて知ることがいっぱいあるんですよ。最新の360度どこからでも見渡せるスクリーンや、どんな風に立ち回るかとか、ワイヤーで空を飛んだりとかもあると思います。映像とシンクロして、アリーナの“ばくれつけん”とか“閃光烈火拳”の技をやりたいですね(笑)。ドラゴンクエストのあるあるって色々とあるじゃないですか、知っている人はニヤッとできるような。実際に目の前で起きると、ニヤッどころじゃすまないというか、そういうことも沢山あるので、呪文のエフェクトや特技もやりたいです。“てつのつめ”も装備したいですね(笑)公開されているビジュアルではグローブしか装備してないですけど。MPを使わずに肉弾戦でいくキャラクターなので“ガンガンいこうぜ”でいきたいですけど、トレーニングではケガをしないように、そこは“いのちをだいじに”でいきます(笑)。

インタビュー後半では、しょこたんのドラクエ熱がさらにヒートアップ!

(文/櫻井宏充)

ドラゴンクエスト ライブスペクタクルツアー

作品情報ドラゴンクエスト ライブスペクタクルツアー

勇者は、あなただ―主役は、観客自身! 国内外のトップクリエイターが集結して贈る日本初のオリジナルアリーナショー!!

  • 公演:
  • キャスト:松浦司、風間俊介、中川翔子、芋洗坂係長、我善導、ほか

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のインタビュー

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP