HEADLINE

インタビュー

ミュージカル『エドウィン・ドルードの謎』保坂知寿と今拓哉にインタビュー!「その場で流れが決まる場面は“男気じゃんけん”のつもりでやってます!」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年4月4日(月)にシアタークリエで開幕した舞台『エドウィン・ドルードの謎』。トニー賞を5部門受賞し、観客の“投票”で288通りもの結末が訪れるという異色のミュージカル・コメディだ。日本版の上演台本と演出を担当するのは鬼才・福田雄一。本作でアヘン窟の女主人、プリンセス・パファーを演じる保坂知寿と、聖歌隊の指揮者、ジャスパー役の今拓哉に話を聞いた。開幕後ならではのエピソードも炸裂する二人のトークはどうなるのか!?

ミュージカル『エドウィン・ドルードの謎』保坂知寿×今拓哉インタビュー

関連記事:山口祐一郎、壮一帆、平野綾らが縦横無尽にハジけまくる!ミュージカル『エドウィン・ドルードの謎』開幕レポート!

稽古場では毎日がプレゼン!それなのに…放置?

――シアター1010のゲネプロに続いて、シアタークリエでの公演も拝見しましたが、客席の熱量が凄いことになっていると思いました。

保坂:ありがたいことです…まだ開幕して間もないのに。

今:皆さん、チャレンジャーですよね…新作って幕が開くまで内容が分からないでしょ。それなのに前売りの時点でほとんどチケットが売り切れになって!今日はスイスからのお客さまもいらしたようですね。

――前説の段階で劇場内もざわついていました(笑)。こういうアドリブや笑いのテイストが多い作品は、通常のミュージカルに比べてお稽古の様子も違ったりしますよね。

今:それはもう…毎日が福田(雄一)さんへのプレゼン状態でした。

保坂:台本をいただいて、各自それを読み込んで稽古場に入ってからは、ほとんど放置状態でしたね(笑)。通し稽古ではそれぞれが考えてきた芝居を毎回福田さんに見せるんです。で、福田さんは誰よりも笑ってくれるんですが、その場では特に良い、悪いのジャッジもなくて。私は以前『フル・モンティ』でご一緒していたので、何となく稽古の雰囲気も分かっていたものの、今さんは不安だったみたいで(笑)。

今:そう!一度保坂さんに「これ、いつまで続くんですか?」って聞いたくらい(笑)。本当に放置状態で…だって福田さんは僕たちがやっていることを見てとにかく笑い続けているんですよ。それで段々自分がやっていることが正解なのかそうでないのか不安になっていって。

保坂:福田さんはこちらが1回やったことは絶対全部覚えているんです。それでいろいろなアプローチを探っていくんですが、笑いのアイディアは泉のように湧き出るものじゃないし…かと言って、一度ウケたことを毎回繰り返す訳にもいかないので、稽古期間中はかなりのプレッシャーでした。

今:久々の脳内超フル回転で…“演劇青年”だった頃の気持ちを思い出しましたよ(笑)。

ミュージカル『エドウィン・ドルードの謎』保坂知寿×今拓哉インタビュー_3

――こういう作品を小劇場の俳優さんたちで上演したら、きっと軽々とやれちゃうと思うんです。そこを敢えてミュージカルの王道を歩いてきた方たちがトライされることに一つの“肝”があるんじゃないかと。

保坂:それは福田さんの狙いの1つだったと思います。これまでミュージカルを多くご覧になっていた方が『エドウィン・ドルードの謎』を観たら「え、そんなことやっちゃうの?」って絶対驚くと思いますし(笑)。

今:福田さんの中には「これまで彼らに誰もやらせなかったことを僕がやる!」って思いもあったと思いますよ。

保坂:稽古場でも本当にオープンな方で、出演者全員をきちんと見てくれましたし、皆に見せ場を作るんだ!ってテンションはひしひしと感じました。

今:誰に対しても態度が変わらないんですよね。福田さんはお肉が大好きなので、皆が疲れてくるとお肉を食べに連れて行ってくれたり、お肉の差し入れをして下さったり…愛ですね。

保坂: え、そこ(笑)…肉?

ミュージカル『エドウィン・ドルードの謎』保坂知寿×今拓哉インタビュー_9

――お二人への福田さんからの“愛”は客席にいても強く伝わりました!今作ではその場にならないと決まらないことも多いですが、舞台上で1番ドキドキするのはどの場面でしょう?

保坂:うーん、どこかなあ…例えばお客様の投票や拍手で流れが決まる場面は“ロワイヤル音楽堂出演者”の“保坂知寿”としては「やりたくて仕方がない!」って姿勢でいる訳ですよ。

今:その場で決まる場面に関してはほとんど“男気じゃんけん”の心境です(笑)。内心はドキドキしていても、とにかく攻めの姿勢で行ってやる!みたいな。福田さんからは「台詞は間違っても噛んでも全然問題ないです。でも必ず笑いに転化して下さい」と、優しいんだか怖いんだかわからないお言葉もいただいてますし。

――“誰が犯人か”は、観客に配られる投票用紙で決定しますが、あの集計ってガチですよね?

今:100%ガチですよ!スタッフさんはもちろん、関係者も手が空いてたら集計作業に参加してます(笑)。たまに主演女優も一緒に数えてますから。

――壮(一帆)さんが?

今:エドウィン役の彼女としては、誰が自分を手に掛けたのかが気になるらしいんですね(笑)。それで集計結果が分かると舞台裏でスタンバイしている僕らのところにふらーっと来て「なるほど、今日の犯人はアイツか…ふふっ」みたいに素敵なプレッシャーをかけてくれたりします(笑)。

ミュージカル『エドウィン・ドルードの謎』保坂知寿×今拓哉インタビュー_2

――舞台裏で犯人決定投票の集計が行われている中、舞台上ではプリンセス・パファー役の保坂さんがローザ(平野綾さん)との深いお芝居をなさっています。

保坂:最初は「集計の時間稼ぎ~」なんてふざけていたんですが、プリンセス・パファーはチタ・リヴェラさんが演じられた役なんです。あのシーンは作品の中でもちょっと他とは空気感が違うので、少し戸惑いもあって福田さんに「ここは真面目にやって大丈夫なんでしょうか?」って聞きました。福田さんからは「大丈夫です、この場面はストレートにやってください」と言って頂いたので、そのつもりで演じています。

――今さん演じるジャスパーは、今日の公演でプリンセス・パファーとカップルになり…ヤラれてましたね。

今:はい、とあるシーンでパファーに手錠をはめられ、ムチで打たれました(笑)。実は今日、両親が観劇していたんですが、保坂さんファンの父は「保坂さんに叱られていたね」という言葉を残して帰りました…本当はアレはジャスパーにとっての“悦び”なんですが、それを両親に説明する時間はなく…“叱られた”ということで(笑)。

保坂:大切な息子さんに大変失礼なことをしてしまいましたと、お父様にお伝えください(笑)。

ミュージカル『エドウィン・ドルードの謎』保坂知寿×今拓哉インタビュー_4

インタビュー後半では、お二人と縁の深い山口祐一郎さんとのエピソードについても語っていただきました。

(文/上村由紀子)

エドウィン・ドルードの謎

作品情報エドウィン・ドルードの謎

結末はなんと288通り!ヒットメーカー・福田雄一とミュージカル界を代表する俳優・山口祐一郎、奇跡のコラボレーション!

  • 公演:
  • キャスト:山口祐一郎、壮一帆、平野綾、保坂知寿、ほか

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のインタビュー

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP