HEADLINE

インタビュー

新国立劇場が贈る鄭義信 三部作vol.2『たとえば野に咲く花のように』 ともさかりえ×村川絵梨インタビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

現在、新国立劇場で上演中の鄭義信・三部作。一作目の『焼肉ドラゴン』に続き、4月6日(水)より『たとえば野に咲く花のように』が幕を開ける。4人の男女を中心に、愛するものに愛されない人々の恋を描く本作。朝鮮戦争を背景にしつつ、人はいつの時代も恋をし、生きていく——。
物語の中心となる、二人の対照的な女性を演じる、ともさかりえと村川絵梨に話を聞いた。

『たとえば野に咲く花のように』インタビュー

関連記事:待望の再々演!“記録する演劇” 鄭義信 三部作vol.1『焼肉ドラゴン』観劇レポート

満喜とあかね―正反対の女性を演じる二人

――稽古は2月の中旬から始まったそうですね。どんな雰囲気ですか?

村川:和気あいあいとしています。みんなでホンワカと笑ってますね。

ともさか:そうですね。稽古場での過ごし方って役者さんによって全然違うんですけど、それぞれの得意なことや苦手なことをお互いに笑いあえる、風通しがよくて、いい稽古場だなと思います。

――お二人の役についてお聞きしたいです。どちらも恋する女性ですが、正反対のタイプですよね。

『たとえば野に咲く花のように』インタビュー_7

ともさか:ええ。満喜(まき)は、祖国を捨てて日本で暮らす朝鮮人です。戦地から帰ってこない恋人への思いを6年も抱えながら生きています。山口馬木也さん演じる康雄に何度も言い寄よられても、帰らない恋人のことをずっと思っている。

村川:カッコ良いですよね。芯が強くて、ミステリアスで、とても素敵です。

ともさか:でもなんだか笑えてきちゃうんですよね。カッコつけてると面白くなっちゃって(笑)。きっと私と満喜はまったく似てないんでしょうね。私なら恋人が6年も帰ってこなかったら、さっさと次の人にいっちゃいそう。でも、置かれた状況と時代が違うと待つのかなあ。今の私たちには、恋人が戦地に行くなんて想像がつかないですよね。満喜は6年経っても帰ってこない彼にまだ愛があるのか・・・あまりセリフが多い役ではないので、今、自分の中で想像を組み立てているところです。

村川:私の演じるあかねは、満喜とはまったくの真逆なんです。満喜は言葉数が少なくてすごく芯が強い人だけど、あかねは反対。とてもよく喋るんですけど、芯が弱い。婚約者の康雄さんに過去に救ってもらったことがあり、ずっと執着していて、康雄が満喜を好きになっても、婚約を破棄されても、康雄を愛して愛してやまないんです。お酒にも依存しちゃうし、何かに縋らないと生きていけない。男性から見たら絶対彼女にしたくないタイプだと思います(笑)。はたからみたら真っ直ぐに見えるけど、すごく脆い。弱い部分があるから逆に強気になってしまう儚さを持っているんです。私はあかねとは真逆のタイプなので、あかねみたいになりたいって憧れることもあります(笑)。

――お二人とも、役とご自身は似ていないと感じているんですね。お互いの印象などはどうですか?

『たとえば野に咲く花のように』インタビュー_4

村川:そうですね。ともさかさんはずっとテレビで見ていて、すごく強いイメージがあったんですけど、ご本人はホワンとしていて吸い寄せられてく感じがします。満喜とは違いますね。

ともさか:絵梨ちゃんも、あかねと違ってお姉さんキャラだよね。みんなが甘えたくなるような包容力があるんですよ。

村川:急にみなさんに「姐さん」とか言われて、本当にビックリですよ!

ともさか:絵梨ちゃんがお酒を飲んでるところを見ると、「ホントすみませんでした。ついていきます!」っていう気持ちになる(笑)。

村川:そのネタをいつも言われる!別にお酒は強くないんですけど(笑)。

ともさか:お酒を飲んでる姿がカッコイイんですよ。会う前の絵梨ちゃんはもっと甘いイメージだったので、いい意味で裏切られました。存在しているだけで可愛いから、あかねとして嫌な事や意地悪を言っても、なんか可愛いくて憎めないような、根っからの愛らしさがある。今、稽古場で隣の席に座っているんですけど、すぐ絵梨ちゃんに触りたくなっちゃうんです。

村川:(ともさかが)いつも猫みたいに触ってくるので、ドキドキしちゃうんですよ~!ともさかさんは普段がホワ~ンとしてるのに、舞台に立つと佇んでるだけで雰囲気があって、ともさかさんの周りからいろんな色が出てるように見えるんです。あと、芝居が始まるとピシッ!と切り替わるところがカッコイイ。「スイッチが入るの早っ!」って思います。

『たとえば野に咲く花のように』インタビュー_10

ともさか:そう見える?自分では割と時間がかかっちゃうタイプだと思ってるんだけど・・・。ダメ出しをもらった時とか、自分の中で消化して、じゃあやってみようとなるまでに時間が必要なんです。でも絵梨ちゃんは「こうやってみて」って言われたことに対してすぐ対応できるからすごい。いろんな事をキャッチする力に長けてるんだと思う。

どうにでもなれるという自由な感じがして、先の展開はわかっているんだけど、次に絵梨ちゃん何やってくれるんだろう?って楽しめちゃう。特にあかねはちょっと有り得ないような事ばっかりしでかしますしね(笑)。

★お互いの役どころや印象について楽しそうにお話いただいたお二人。後半では、『たとえば野に咲く花のように』稽古場の様子や共演者のあの人に注目が・・・!★

(文/河野桃子)

たとえば野に咲く花のように

作品情報たとえば野に咲く花のように

鄭義信 三部作の一挙再演第2弾! 朝鮮戦争さなかの九州のとある港町を舞台に描かれる、男女4人の究極の「愛」。

  • 公演:
  • キャスト:ともさかりえ、山口馬木也、村川絵梨、石田卓也、ほか

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のインタビュー

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP