HEADLINE

インタビュー

つかこうへい幻の作品『引退屋リリー』開幕直前インタビュー!「俳優・馬場徹がいなければ、上演されることはなかった」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

つかこうへい幻の未発表作、と言われる『引退屋リリー』が、つかの七回忌にあたる今年、初めて上演される。作品の存在が明らかにされてから27年、演じられる人間が見つからず上演できなかったという難役に、つかこうへい最後の愛弟子・馬場徹が挑む。

『引退屋リリー』インタビュー

その馬場に加え、アメリカの人気テレビドラマシリーズ『HEROES(ヒーローズ・リボーン)』に、日本人としてただ一人レギュラー出演し、本作で初舞台を踏む祐真(すけざね)キキ、長年つかとタッグを組んで来た演出家・プロデューサーの岡村俊一の3人に話を伺った。

関連記事:ついにベールを脱ぐ!つかこうへい七回忌特別公演 新作未発表戯曲『引退屋リリー』稽古場レポート

――長年上演されなかったつかこうへいの未発表作品の上演として期待されていますね。

『引退屋リリー』インタビュー_3

岡村:未発表とはありますが、1989年に『引退屋リリー』の存在が発表されてから今までの間に、実はいろんな形で皆さんの目に触れているんですよ。似たモチーフのものが小説やドラマの断片になっているんです。つか作品って、「これって『蒲田行進曲』のなかにあった話だよね」「『熱海殺人事件』に出てくるシーンだよね」というのが別のエッセイに入っていることがよくある。今回の『引退屋リリー』も、小説やエッセイなどに紛れ込んでいったものを集約して、つかさんの考え方に乗っ取り、ひとつにまとめていったものになっています。でもまぁ、最初はどうなるんだろうなあって思ったよね。

馬場:それが率直な感想ですよね。僕も最初、どうなるんだろうと思いました。つかさんの作風は少なからず経験している中で、どう創っていけばいいのかなと模索しました。初めて上演する作品ですし、ずっとこれでいいのかなと不安はありました。でも初演ということで、今後再演する際の軸となれる作品にしたいです。「あの初演はすごかったなあ~」って言ってもらえるようにと。

キキ:初演で失敗したら恥ずかしいですよね・・・。

馬場:「あの人たち凄かったなあ~」って思ってもらいたいですよね。単純にエネルギッシュだったとか、物理的なものでいいんです。パワーを伝えないといけないという使命感みたいなものはありますね。つかさんの芝居って感情の振り幅が激しくて、一公演終わるとみんなげっそりするから・・・。

岡村:毎日、燃え尽きた灰みたいになるよね。

『引退屋リリー』インタビュー_5

馬場:毎回「明日のジョー」みたいになるんですよね(笑)。舞台上で常に気を張っていないと、その環境に置いていかれちゃうんですよ。作品を一番ちゃんと観てくれているのはお客さんなので、舞台上で一瞬でも気を抜くと見透かされちゃう。常に敏感に、発信し続けていないといけないから、すごく消耗するんですよね。

キキ:確かに・・・やってて、目の下の隈がどんどん濃くなってきた気がする(笑)。

――キキさんにとっては初舞台なんですよね。

キキ:そうなんです。映像の経験しかなかったので、舞台ってこんなに毎日稽古するんだ!というのも驚きです。やってみると、映像も舞台も演技の軸になるものは変わらないんですけど。舞台は2時間集中していなきゃいけないから疲れますけど、役者としては楽しいなって思います。今はまだ不安やプレッシャーは感じてないんですが、本番でどうなるかはわからないですね・・・。まだ舞台に立つ実感がないので、実際にお客さんの前で演じられるのが楽しみです。

――今作は「演じられる役者見つからない」と長年上演されてこなかったんですよね?

岡村:上演するなら亡くなった方への大きなイベントである七回忌しかないなと思いました。今回上演に踏み切ったのは、主人公である二階堂刑事を馬場が演じるという前提ありきです。馬場がいなかったら、上演を決断をしていないかもしれない。それは馬場の役者としての能力でもあるし、今まで一緒に作品を作ってきた信頼もあるから実現できたんです。

――岡村さんから見て、お二人の役者としての魅力はどんなところでしょう?

岡村:馬場については、こういう人ってなかなかいないんですよ!彼の凄さは、顔がいいなんて話ではなく、言葉をどのニュアンスにも曲げられるというところです。言葉の意味は一つと思っている人が多いけれど、台詞という言葉は、あらゆる方角に曲げられる立体的なものなんです。それを操る術を持つ20代の役者は日本には数少なくて、馬場がその一人であることは間違いない。そうでないとつか作品の大量のセリフを噛まずに言えないよ!馬場には、つかこうへいを租借する能力があるんですよね。ずーっと喋ってるのに2時間で1回くらいしか噛まないですから。

『引退屋リリー』インタビュー_4

キキ:私は昨日は10回噛みました(笑)。

岡村:最初はそうなるよね(笑)。お客さんって役者の頭の中を見ているんですよ。脳の中にどのくらい許容量があり、忍耐力があるかを見抜く力を一番持っているのはお客さんなんです。お客さんは基本的なミスに敏感だから、稽古でもわざと噛む噛まないをすごくチェックするんです。すると噛まないように一生懸命喋らなくちゃいけなくなる。その状態の俳優って、脳を立体的に動かしていく中で言葉が出ている・・・みたいな状態だと思うんです。その「脳力」を持つ俳優という意味で、馬場はやっぱり凄いですね。これが30代になったら別の可能性も増えるかもしれないし、40代だったらもっと老練な奥行きも出るかもしれないね。

――その「脳力」は訓練で身に付くんでしょうか?

岡村:そうだねえ・・・これは予想なんだけど、たぶん馬場は子どもの頃、部屋にこもってゲームするより、童話や大人のドラマが好きな子どもだったんじゃないかって思う。最近の子はゲームばかりやっている子が多くて、戦って敵を倒してクリアして・・・みたいなシンプルなもので遊んでるんです。そこで、この子の脳内はどうなってるんだろうと考えると、脳の中にドラマがないんですよ。でも馬場の脳にはストーリーや情景が湧いていると思うんだけど・・・合ってる?

キキ:めっちゃ探ってる(笑)。

馬場:ポケモンやったり、外で遊んだりも普通にしていましたよ(笑)。でも、まだ小さくて漢字もあまり読めないのに字幕映画をよく見ていましたね。

『引退屋リリー』インタビュー_2

岡村:字幕を読んでたのか!それは関係あるのかも・・・字幕って実は脳にいいんだよなあ。

馬場:吹き替えをあまり見たことがないんですよね。セリフが分からないなりに、一生懸命俳優の演技を見ていましたね。水木金土日は映画の日って決めてましたから。水曜洋画劇場、木曜映画劇場、金曜ロードショー、ゴールデン洋画劇場、日曜洋画劇場・・・。映画のない月曜と火曜は母にビデオを借りてきてもらって。毎日深夜まで洋画を観ていましたね。地上派のドラマもよく見てました。

キキ:へえ~!

『引退屋リリー』インタビュー_6

――役者としてのキキさんはどうですか?

岡村:気が強い!

馬場:(笑)。

キキ:気は強いかも・・・でも気が強くないと役者はできないですよ!

岡村:負けず嫌いというかね。罵り合うシーンでも、言い負けないですからね。でもそれは非常に重要。動けて、気風がよくて、決断力が早くて、能動的な「やります!」がないととキツい。リリーという役は難しいと思いますが、キキちゃんは会ってその日にキャスティングを決めました。

キキ:もう挑戦でしかないです。自分のスキルを上げるタイミングだなと思っています。

馬場:相手役の僕としては、少しでもやりやすい環境をつくってあげたいなと。彼女はしっかり考えている人なので、その考えを信じつつ、縁の下の力持ちのような存在でいてあげられたらいいなあ。キキちゃんがリリーを演じることは、すごく面白いと思うんですよ。彼女の口からそれが出るか!っていうものが出たり。

岡村:あるね(笑)。

馬場:台詞は決まってるんだけど、その瞬間に感じたことをリアルに表現した時に、彼女の内面からにじみ出てくるものは相当おもしろいですよ。

インタビュー後半では、つか作品の持つ魅力や生前のエピソードについて語っていただきました!

(文/河野桃子)

引退屋リリー

作品情報引退屋リリー

存在を明らかにされながらも一度も正式に上演されることはなかった、つかこうへいの未発表戯曲がついに上演!

  • 公演:
  • キャスト:馬場徹、祐真キキ、宮崎秋人、町田慎吾、鈴木裕樹、吉田智則、山崎銀之丞

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のインタビュー

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP