HEADLINE

インタビュー

ミュージカル『1789 -バスティーユの恋人たち-』ロベスピエール役の古川雄大にインタビュー!「明日が分からない状況がロベスピエールと重なります」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

18世紀末のフランス。民衆は貧困にあえぎ、貴族は贅沢に溺れていた。父を貴族に殺された農夫・ロナンはパリへ飛び出し、革命派の三人、ロベスピエール、デムーラン、ダントンらと出会うことで新しい時代に希望を燃やしていく…。

2012年にフランスで上演され熱狂を呼んだフレンチロック・ミュージカルがいよいよ帝劇に登場!本作『1789 -バスティーユの恋人たち-』で革命家の一人・ロベスピエールを演じる古川雄大に話を聞いた。

『1789 -バスティーユの恋人たち-』古川雄大インタビュー

関連記事:小池徹平&加藤和樹W主演 !『1789-バスティーユの恋人たち-』製作記者会見

日本初演!『1789 -バスティーユの恋人たち-』に賭ける思い

――古川さんが演じるロベスピエールは革命後に数奇な運命をたどります。

確かにロベスピエールという人は、後に恐怖政治と呼ばれる政治に走るのですが『1789 -バスティーユの恋人たち-』ではその部分までは描かれません。ですから彼がその後どうなっていくのかということを強く意識して演じるというよりは、どこかで片鱗のようなものが見えてもいいかな…位に考えています。デムーランやダントン、ロナンとのチームワークをまず大事にしていきたいですね。

――演出の小池修一郎さんは古川さんにとってどんな方でしょう?

頭の回転がすごく速くて、独特の発想をお持ちなので、たまにどうして良いのか分からなくなる時はあります(笑)。IQで考えたら天才レベルの方だと思いますよ。多分、小池先生の頭の中にはもう『1789』ワールドがしっかり出来ているんじゃないかな。

『1789 -バスティーユの恋人たち-』古川雄大インタビュー_3

――製作発表の場では常に優しい笑顔でいらっしゃいましたが。

演出家として稽古場にいらっしゃるときはもっと怖いですよ(笑)。怖いと言っても怒鳴るとかそういうモードではなく、冷静にじっと見据える…みたいな感じで。稽古場ではバランスボールに座って、たまにゆらゆら揺れていらっしゃいます(笑)。

――ロベスピエールと古川さんとを繋ぐ“糸”はなんでしょう。

まだとことん役を掘り下げるというところまでは出来ていないのですが(注:11月下旬に取材)、フランス革命前の不安定な世の中を生き抜くロベスピエールの姿が、明日何が起きるか分からないエンターテインメントの世界にいる自分と重なるところはあるかもしれないです。どちらも真剣勝負ですし。

――“三人組”のあとのお二人、渡辺大輔さんと上原理生さんとはどんなお話を?

大ちゃん(渡辺大輔)とはテニミュ(=ミュージカル『テニスの王子様』)で共演して以来の付き合いで、元々とても仲が良いんです。上原さんとは製作発表の場で初めてお会いしたんですが、とてもフレンドリーに接していただけたので安心しました。「理生くんって呼んでもいいですか?」…こう言えるくらいまでは距離を詰められたかと。僕はどちらかというと人見知りで、初めての人とどうコミュニケーションを取ればいいか分からないタイプなんですが、上原さんみたいに明るいマインドで来て下さるととても気持ちが楽になります。この三人のチームワークは抜群のものになると思いますよ、断言します!

『1789 -バスティーユの恋人たち-』古川雄大インタビュー_4

――古川さんは長野のご出身ですが、中河内雅貴さんと同じダンススクールに通っていらしたとか。

実は昨日も飲みました(笑)。プライベートから仕事のことまで二人でいろいろ話すのですが、最後はほぼ「絶対一緒になにかやろうよ」で終わります(笑)。彼のダンスは本当にすごい!俳優として踊りが上手いというレベルではなく、プロのダンサーとして通用する実力だと思います。

――古川さんのダンスも華麗でキレがあって素晴らしいです。

いや、僕はまだ俳優が踊ってるってレベルで、マサ君(=中河内)には全然かなわないですよ。今回の『1789』もアクロバティックだったり、かなり華やかなダンスになると思うんですが…最近疲れやすくて、毎晩ストレッチをしないと体が持たないんです(笑)。以前は「ストレッチ?めんどくさいなー」ってモードだったのに。体のケアが大切な年頃になってきました(笑)。

――お衣裳もかなり重そうに見えましたが。

あの衣裳は良い生地を使ってあるということもあってかなり重いんです、上着部分の丈も長いですし。良い生地って重いんだな、って製作発表の時に改めて思いました(笑)。

2015年の『エリザベート』は新作のつもりで挑戦

――『1789 -バスティーユの恋人たち-』のあとには『エリザベート』の公演も控えています。

僕は2012年からルドルフ役で出演させていただいているんですが、2015年に関しては新作のつもりで参加させて頂きました。ルドルフは作品全体の中でもトータルで15分くらいしか出演場面がないんです。でもその15分で彼は常に感情を大きく動かしていて。そういう点でも2015年はある程度プランを立てた状態で舞台に立ちました。

『エリザベート』古川雄大(ルドルフ役)

(写真提供:東宝演劇部)

ルドルフは悲しみのなかにいるシシィに対して、最後の通牒を突きつける人物だと思うんです…悲劇の最終的なスイッチを押す役割というか。だから、ルドルフがどうしたら母(=シシィ)は一番つらいんだろうと考えて、そうなるように役を立ち上げていきました。15分間の見せ方も沢山考えて研究しましたね。

――トート役のお二人(城田優さん・井上芳雄さん)とは役についてのディスカッションなどありましたか?

多分、ほとんどなかったと思います。と言うのも、お二人とも「自由にやっていいよ」と仰ってくださる方たちなので。段取りや決めごとの確認はしましたが、トートとのシーンに関しては、その瞬間に動いた感情を大切にして素直に反応しようと思ってやっていました。

――『エリザベート』のルドルフ役は古川さんにとって大きな転機となりました。

本当にそうですね。長野でマサ君たちと踊っていた時は、まさか自分がミュージカルの舞台で歌うなんて考えてもいませんでした。小池先生に大きな挑戦の場をいただいたと思っています。

――『レディ・ベス』フェリペ役はとてもインパクトが強い役でしたね。

本来ならばヒーローの立場として存在するのはロビンなのですが、フェリペも出番自体はそんなに多くないものの、彼が登場するとベスの窮地が救われるという分かりやすい立ち位置で…パープルの照明、当たってましたね(笑)。

――『ファースト・デート』ではおネェのレジ―役にも挑戦したり。

最初にお話を伺った時はビックリしました(笑)。おネェ役はあれが初めてだったのですが、分かりやすい“定番のおネェ”にはしたくなくて。キャラクターが奇抜すぎて彼の内面がきちんと伝わっていないんじゃないかと悩んだりもしましたが、多くの方に「面白かった」と褒めていただけて安心しました。

『ファースト・デート』古川雄大(レジ―役)

(写真提供:東宝演劇部)

――『レディ・ベス』では相容れない立場だったメアリー役・未来優希さんとカップル設定のシーンもありましたね(笑)。

『ファースト・デート』は、本役以外にもいろんなキャラクターを演じるのですが、バーのカップル客の時はラブラブな二人にしようと未来さんと二人で細かい設定を考えました。「じゃあ“遠距離恋愛中の年の差カップルで、今夜久しぶりに会えた二人”で行こう」なんて(笑)。

――舞台上の古川さんを拝見していると「生活感がないなあ」といつも思います。オフの日の過ごし方を教えてください。

結構普通ですよ(笑)。カフェに行ったり、街をぶらぶらしたり…自宅でDVDを見たりしてます。映画も見ますが、僕、さまぁ~ずさんと内村光良さんが大好きで、お笑いのDVDといえばこの二組なんです。さまぁ~ずさんや内村さんのDVDを見てると「この人たちは人を幸せにする力があって凄いよなあ」って素直に感動します。気に入った場面は何度もリプレイするんですが、毎回同じ場所で笑っちゃったり(笑)。

――意外な一面のお話をありがとうございます!では最後に『1789 -バスティーユの恋人たち-』の開幕を楽しみにしている方たちに向けて古川さんからメッセージをお願いします。

音楽もダンスも衣裳もすべてにおいて、これまでにない新感覚のミュージカルになると思います。ラブもありますし、男くさいエッセンスもあります。革命家・ロベスピエールとして精一杯自分の役割を全う出来ればと思っております。ぜひ劇場にいらしてください。

『1789 -バスティーユの恋人たち-』古川雄大インタビュー_2

「昨日まで“悪魔”を演じてたんですよ」そんな言葉と共に取材場所に現れた古川雄大。すっとしたその佇まいでその場の空気を涼やかな風に変えた。

それまでもミュージカル『テニスの王子様』をはじめ、いくつかの舞台に出演していた古川の転機となった作品と言えば、やはり2012年の『エリザベート』皇太子・ルドルフ役だろう。妖しささえ感じさせる美しく繊細な役作りで人気を博した彼は、その後もミュージカルを中心に活躍の場を広げて行く。

『1789 -バスティーユの恋人たち-』では“三人組”の一人として革命の世に生きるロベスピエールを演じる古川がどんな新機軸と華麗なダンスを魅せてくれるのか。4月の開幕を楽しみに待ちたいと思う。

◆ミュージカル『1789 -バスティーユの恋人たち-』◆
2016年 4月11日(月)~5月15日(日) 帝国劇場
※4月9日(土)・10日(日)はプレビュー公演

(撮影/高橋将志)

  • 1

(文/上村由紀子)

1789-バスティーユの恋人たち-

作品情報1789-バスティーユの恋人たち-

革命が起きる―。新世紀のフレンチ・ロック・ミュージカル、開幕。

  • 公演:
  • キャスト:小池徹平、加藤和樹、花總まり、神田沙也加、夢咲ねね、ほか

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のインタビュー

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP