HEADLINE

インタビュー

劇団鹿殺し『キルミーアゲイン』菜月チョビ&大東駿介インタビュー!「これからのスタートに向けて腹を決めた第一作目です」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年に活動15周年を迎える、劇団鹿殺し。その記念公演第一弾『キルミーアゲイン』が、2016年1月9日(土)~20日(水)に本多劇場で上演される。「これが鹿殺しの新しいスタートです」と語る同劇団座長の菜月チョビ、そして今作にゲスト出演をする俳優・大東駿介。二人に本作への意気込みを伺った。

劇団鹿殺し『キルミーアゲイン』インタビュー

関連記事:2016年は劇団鹿殺し活動15周年!記念公演第一弾『キルミーアゲイン』2016年1月上演決定!

――お二人の出会いは?

大東:今回の出演が決まる前、鹿殺しさんの舞台を観に行った時にご挨拶した時かな?

菜月:そうそう、今年6月の本公演『彼女の起源』を観に来てくれて、その時に劇場で会いましたね。でもずっと大東君の出演した舞台は観ていて、「大東君っていいよね~」と言っていたんです。その後、2014年に劇団員の丸尾(丸一郎)が大東君にお会いして「鹿殺しに合いそうだ」と言うので、絶対に出てもらおうと狙っていたんです。今回の『キルミーアゲイン』が決まった時に、「大東君は本多劇場も似合いそうだし、鹿殺し15周年で区切りもいいよね」と丸尾と相談して、出演を依頼しました。

――『キルミーアゲイン』とはなんとも扇情的なタイトルですが、どんな物語なんですか?

大東:台本はまだ3分の1くらいしかもらっていないので、なんとも言えないのですが……。

菜月:大東君は作家の役です。上京した作家が、田舎に帰ってきたところから物語が始まります。その村の人たちでお芝居を作ることになって、彼が作家として台本を書いたり演出をしていくなかで、その村で育った思い出や現在の悩みが浮き彫りになってくる……という話です。ちなみに私の役はまだ台本に登場していないですが、どうやら妖怪っぽいものになりそうです。でも最近も丸尾と「本当に?」って話していたので、変わるかもしれません(笑)

劇団鹿殺し『キルミーアゲイン』インタビュー_2

――想像が広がります(笑)。稽古次第では、ストーリーにも影響があるんですか?

大東:きっと稽古中に僕がどういう人なのか見られていて、それを受けて台本が変わっていくのではないかと思います。

菜月:そうですね。オーディション参加の方もいますから、まずは台本ができているところまで一度読んでもらって様子を見ますね。それを受けて、「この人はこんな姿勢だから、こういう役がいいんじゃないか」とか、台本を書き直して固めていきます。

大東:今まで経験した舞台だと、まずもらった台本全体をよく読んで、さらに一つひとつ台詞の意味を読み取って役を形作っていくのが基本だと思っていました。でも、今はまだ台本ができていないから、自分が演じる役がどんな人間なのかわからない。だから今は言われた通りにやろうと思っています。最終的に台本が完成した時に、それまで考えながらやってきた事が、ダムが開いたみたいにザーっと器に流れ込んで役が出来上がるのかな、なんて思いながら稽古しています。

菜月:完璧です!(笑)。そういう感じでやってくれる方じゃないと、鹿殺しには合わないかも。丸尾(脚本)も私(演出)も、普段のその人からにじみ出るドラマチックさや哀愁から想像を膨らませて、「この役の人はこういうドラマに向かっていきそうだな」と物語を作っていくから、答えは一緒に探していければいいかな。

――役者さんに合わせて作られていく物語なんですね。稽古が始まってみて、どうですか?

大東:新鮮です。過去に出演した舞台では、脚本家は書く、役者は演じる、演出家は演出をする……というふうにそれぞれの役割がはっきりと分かれていたんですが、今回は演出家も脚本家も音楽監督も真横にいて、一緒に芝居をしています。それに、稽古が始まった段階で台本がほとんどできていないのも初めてで、面白いです。皆で試行錯誤しながらすべてが生まれる瞬間を目の当たりにするという環境が、すごく楽しいです。

菜月:面白がってくれていて良かった! 稽古が始まる前に「とことんやりますよ!」と意気込みを語ってくれていたけれど、初めての体験が多いだろうしどうだろう、と不安もあったんです。でも大東君が初めて稽古に来てくれた時に、この環境を楽しんでもらえてるんだなと安心しました。

大東:音楽稽古をしていましたね。

菜月:そう。鹿殺しではミュージシャンではなく、出演者の中でたまたま楽器ができる人たちでどんなことができるだろうと試行錯誤していくんです。そんな状態を見て、大東君は面白そうにしてくれていましたね。

劇団鹿殺し『キルミーアゲイン』インタビュー_3

大東:その音楽稽古の時に、すごく安心感を感じたんですよ。というのは、僕が「もうこんなに良い曲ができているんだ」と思った時に、誰かが「良い曲だけど、何が残るかって言ったら、分からへん」と突っ込んだんです。そうすると誰かが「今までやってない事をやりたい」と言い、またそれに対して他の人が「“今までやっていない事をやる”という事に意識がいきすぎてワケのわからない事になったら、それはちょっと違うんじゃないか?」と、どんどん厳しい意見が出てくる。

菜月:どんどん自分の首を絞めてくという(笑)。全員が、それはもっとこうなんじゃないか……と突き詰めすぎるんです。

大東:そうそう。発言の内容は的を射ていながらも、自分達が後ですごく大変になるような意見なんですよね。その様子を見てすごく安心したんです。
もし誰かが「どうしようどうしよう」とソワソワしていたら、僕も「本番に間に合うのかな?」と不安になると思うんです。でも、どんな芝居になるのか誰も掴めていないのに、一人も浮ついた人がいない。この人達はここに留まろうとか、今が最高だとかまったく思っていなくて、もっと良いものを生み出したいんだって感じました。今、稽古場で起こっているすべてを拾い上げて皆で試行錯誤している感じがして、舞台を作っているという実感があります。

菜月:しんどいんだけど、それが楽しい。音楽稽古にしてもアーティストとしてセッションを気軽に楽しむという感じはなくて、「稽古でどのレベルまで到達できるか」「もっと良いものができないか」と全員が突っ込み合っていくので、自分たちがどんどん辛くなっていく。

大東:突っ込まれた人はちょっとイライラしちゃったり(笑)

菜月:そう。1日でかなり完成度の高い曲を作ってくれたのに、すぐに「それで何が残るの」とか突っ込むから、さすがに可哀そう(笑)

大東:でもすごく面白かったですよ!出来上がった曲に対して「ちょっとメロディー違うんじゃない?」と1回ゼロに叩き返したり、互いにヒートアップしていく。ハッキリ言えるってすごく良い関係性だと思います。それに、誰かを追い詰めるために言っているわけではなくて、発言した自分達が追い詰められていくわけですし。

菜月:そう、「それ言ったってことはお前もやるんやで~」ってね(笑)

インタビュー後半では、鹿殺しに対する菜月さんの新たな決意、そして15周年という節目の作品に参加する大東さんの意気込みが語られます。

(文/河野桃子)

キルミーアゲイン

作品情報キルミーアゲイン

  • 公演:
  • キャスト:菜月チョビ、丸尾一郎、オレノグラフィティ、橘輝、鷺沼恵美子、浅野康之、峰ゆとり、近藤茶、木村アヤナ、メガマスミ、椙山聡美、東駿介、河野まさと、細貝圭ほか

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のインタビュー

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP