HEADLINE

インタビュー

演劇集団キャラメルボックス 結成30年の集大成『BREATH(ブレス)』を上演中!演劇界を楽しみ続ける大人気劇団へインタビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

幅広い層から人気を集める、演劇集団キャラメルボックス。現在、劇団30周年となる2015年最後のクリスマス公演として、新作『BREATH(ブレス)』をサンシャイン劇場にて上演している。テーマソングをTUBEが書き下ろしたことでも話題になった本作から、メインキャストの多田直人と岡内美喜子の二人に、神戸公演、新潟公演を終えた感想や、30周年についての思いを聞いた。

『BREATH』多田直人&岡内美喜子インタビュー

関連記事:キャラメルボックス30周年の最後を飾る!クリスマスツアー『BREATH』東京公演開幕

――まずは、お二人の役どころについて教えてください。

岡内:私の演じる恭子は、劇場に勤める婚期を逃した等身大の女性です。そこにある日突然、高校の同級生の男の子が「覚えてる?」と現れて再会し……というお話です。

多田:僕が演じるのが、その相手役の一馬です。

岡内:一馬は芥山賞っていう小説賞をとった小説家で、ちょっと謎めいている。まぁ、とにかく変な人だよね。

多田:変な人ですね。一馬が主役だと言われてもピンとこないんじゃないかな~というくらい、変な人。普通のお芝居だったら一人の主役に感情移入して感動したり笑ってくれたりすると思うんですけど、僕の演じる一馬に感情移入してくれる人は一人もいないんじゃないかなあ……っていうくらい変な人です(笑)だから観ている人は、一馬に振り回されている恭子に感情移入するんじゃないかな。

岡内:そうかも(笑)

『BREATH』多田直人&岡内美喜子インタビュー_3

――その二人を中心に物語が進む……かと思いきや、今回の舞台は映画『ラブ・アクチュアリー』に着想を得て、何組もの男女を描いたオムニバス作品のようになっているそうですね。

多田:そうなんですよ。だから、チラシやポスターには僕と岡内さんの二人しか写っていないんですが、この二人の物語がメインなのかというと、実はそうではないんです。他の登場人物にもすごくストーリーがあるんですよ。
稽古が始まるまでは「今度は主演をやるのかあ」と思っていましたけど、台本を貰ったその日からは主演の責任感みたいなものを、良い意味で感じずにやれていますね。15人いる登場人物の一人として、この作品に関わっているという感じがしています。

岡内:登場人物それぞれに、キャラクターや見せ場があるんです!

――作品の見どころとしては、やはり15人それぞれの模様が描かれているところでしょうか?

岡内:そうですね。男女の恋愛はもちろん何組も描かれていますけど、それだけじゃなくて、“おばあちゃんと孫”とか、“お父さんと結婚前の娘”とか、会社での一コマとか、いろいろなシチュエーションがあるんです。様々な役どころの人が出てくるので、「他人の恋愛を観て楽しめるか分からない」という人も、「クリスマスにあえて男女の恋愛を見たくない」という人も、恋愛以外の部分でハッと思う箇所が必ずあるんじゃないかなあ。たとえば私も、娘の結婚を反対するお父さんに感情移入したりしています。いろいろ楽しめる要素が詰まっていると思いますよ!

『BREATH』多田直人&岡内美喜子インタビュー_6

――恋愛というよりも、いろんな形の愛情を描いているんですか?

岡内:そうですね。この『BREATH』というタイトルも、作・演出の成井豊が“愛”の物語をイメージした時に浮かんだ言葉だそうです。愛ということを考えた時に、「Every Breath You Take」という曲のイメージが湧いてきたそうです。たぶん、“息吹”のようなイメージなのかなあ。
多田:お客様それぞれが自由に、いろんな“愛”をイメージしてくれたらいいかな。

――恋愛に限らないので、カップルでなく女友達や親子で観ても楽しめそうですね。

岡内:もちろんです!

多田:いろいろなエピソードが絡み合っていくストーリー形式って、キャラメルボックスとしては新しい試みなんです。今までは、一人の主人公を軸にタイムトラベルをしたり幽霊が出てきたりとSFやファンタジーを交えつつ、登場人物がワーっと皆でしゃべって、早いテンポとコミカライズされたお芝居で盛り上がっていくという感じでした。
でも今回は15人の登場人物がいて、そこで7組のカップルが出来上がる。だから二人きりで会話するシーンがすごく多いんですよ。1対1で会話をして、その二人の会話や関係性の面白さをお客様に楽しんでいただく芝居はキャラメルボックスとしては珍しいし、新しいんじゃないかな。大人向けの劇団なら二人だけの関係性を見せるお芝居は当り前にやっていることだとは思うので、僕としては大人の階段をのぼっていくような感覚もあるかもしれません。

岡内:たしかに新しい部分もあるので、「今までのキャラメルが好きだったのにな……」と思う方もいるかもしれないです。でも新しい中にもファンタジー要素のあるパフォーマンスシーンやド派手な曲や照明っていう、キャラメルボックスらしいところも含まれているので……良いトコ取りしてます(笑)
観る人が観ると、やっぱり今までと変わらないねって思うかも!?

多田:結局キャラメルだ!ってね(笑)

『BREATH』多田直人&岡内美喜子インタビュー_5

インタビュー後半では、劇団創立30周年に対する想いや神戸・新潟での公演でのエピソードをたっぷりと語って頂きました!

(文/河野桃子)

BREATH

作品情報BREATH

キャラメルボックス30周年アニバーサリーイヤーの締めくくりは、15人の男女が織りなす、心温まるクリスマス・ラブストーリー。

  • 公演:
  • キャスト:多田直人、 岡内美喜子、 大森美紀子、西川浩幸、坂口理恵、菅野良一、畑中智行、三浦剛、阿部丈二、鍛治本大樹、ほか

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のインタビュー

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP