HEADLINE

インタビュー

『漂流劇 ひょっこりひょうたん島』井上芳雄にインタビュー!「演劇の“奥深い扉”を開けようとしています!」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1960年代にNHKでオンエアされ、個性豊かなキャラクターと奇想天外なストーリー、誰もが口ずさめるキャッチーなメロディーで一世を風靡した人形劇『ひょっこりひょうたん島』。昭和の時代、多くの人に愛された物語が46年の時を経て“漂流劇”として生まれ変わる! 本作でミステリアスな顔を持つ保安官“マシンガン・ダンディ”を演じる井上芳雄に話を聞いた。

『ひょっこりひょうたん島』井上芳雄インタビュー

関連記事:あの人形劇がついに舞台に!『漂流劇 ひょっこりひょうたん島』に井上芳雄、安蘭けいが出演

ワークショップ=できれば避けたい?

――『漂流劇 ひょっこりひょうたん島』のお稽古場ではワークショップが行われているそうですね。

もう稽古が始まって20日くらいになるのですが、最初のうちはかなりワークショップの比重が大きかったと思います。僕は『パッション』(新国立劇場)本番と並行しての稽古参加でしたので、全てに出られたわけではないのですが。

――ワークショップから作品を生み出していくという現場は井上さんにとっても珍しいのでは?

ほぼ初めてですね・・・ミュージカルではまずないやり方だと思いますし。元々、ワークショップというものがあまり得意ではなく、出来れば避けて通りたいくらいなのですが(笑)、そうも言っていられませんので、稽古場でいろいろ吸収出来ればと。特に今回は「こういう演劇の作り方もあるんだ!」と、新しい体験をさせて頂いている感がとても強いです。

『ひょっこりひょうたん島』井上芳雄インタビュー_2

――ほとんどが初共演の方ばかりですし。

ミュージカルですと、歌もダンスもある程度メソッドというか、下地のようなものがあって、それを身に着けてから役の人物を演じるというのが基本なのですが、今回はさまざまなジャンルで活躍する方たちとご一緒ですので発見も多いですね。

例えば「ちょっと動いてみて」という演出サイドからの投げかけに対して、僕の動きはどこかダンスのようになってしまうんですよ(笑)。そんな時にふと横を見ると、思いもかけない体の使い方をしている方もいらして「おおっ!」と。共演者の方のそういう姿を目の当たりにすると「自由でいいなあ、素敵だなあ」と思います。今回の現場ではこれまでの発想と変えていかないといけないんだな、と実感することばかりです。

――本番では新しい井上さんの姿を拝見できそうです。

どうでしょう・・・そうなったらいいなあ(笑)。『漂流劇 ひょっこりひょうたん島』に関しては、これまでの自分の概念や常識を一回とっぱらってみることが必要なんだと思って稽古に参加しています。

『ひょっこりひょうたん島』井上芳雄インタビュー_4

――『パッション』のインタビューでお話を伺った時に、「演技をするのがつらい時期もあった」と仰って下さった井上さんのお話への反響が凄かったです。

おお、そうなんですね(笑)。今回は更に一段階上に昇るための挑戦です…足を滑らせないようにしないと(笑)。僕にとっては全く新しいタイプの作品ですし、俳優が全員こういう体験をする訳ではないと思いつつ、前向きにトライしていきたいです・・・新分野にチャレンジすることは嫌いじゃありませんし。演劇の奥深い扉を開けようとしている感覚もありますね。どうせ扉を開けるならその世界にきっちり染まって、何かしら「宝」を持ち帰る勢いでいきたいな、と。

――ワークショップで場面を作る中、俳優さん同士でディスカッションをしたりということもありそうですね。

それはかなりありますね。そういう時に大森(博史)さんを中心に、オンシアター自由劇場時代から演出の串田(和美)さんと一緒にやってきた方たちがリードして下さるのはありがたいです。と言っても、皆さん「えー まだワークショップやるの(笑)?」なんてお茶目な感じで、全然ギスギスしていないのがまたいいんですけど。

『ひょっこりひょうたん島』井上芳雄__5

――串田さんの演出はどんな感じでしょう?

基本、自由に何でもやらせて下さるスタイルです。だからこそ、自分で考えてアイディアを提示していく局面も多く、そこがある意味怖い部分ではあるのですが。今回、ルーマニアから若い女性の振付担当の方も参加していて、彼女のウォーミングアップがまた面白いんです…ダンスというよりは動き、ムーブメント的なモードで。そういう新しいタイプの動きも演技に取り入れていける現場ですので、ミュージカルでは出来ないこともいろいろやれそうです。

――今回はミュージシャンの方が舞台上で演奏なさるそうですが、井上さんの歌声は聞けそうですか?

どうでしょう・・・その辺りもこれからどんどん詰まっていくと思います。ただ「これ、マシンガン・ダンディの歌になると思うから」と言われている曲もありますので、何かしら歌わせて頂くことにはなると思いますよ。

――井上さんが考える「マシンガン・ダンディ像」も伺いたいです。

謎めいた人物ですね。ひょうたん島の人たちはみんな仲が良くて、いつもワイワイ楽しそうにしているのですが、彼らとはちょっと距離を置いたところでクールな佇まいを見せる…マシンガン・ダンディはそんな存在でしょうか。彼は元々はギャングなのですが、過去に何か傷のようなものもありそうです。いろいろなことを背負いながら、今は島を守る保安官としてその場にいる・・・僕としては、ちょっとハムレットをイメージしている所もあります。

『ひょっこりひょうたん島』井上芳雄インタビュー_6

★様々なジャンルから集まったキャスト陣による『ひょっこりひょうたん島』。後半では、今年も大忙しだった井上さんの今年の活動を交えたお話を伺っています!★

(文/上村由紀子)

漂流劇 ひょっこりひょうたん島

作品情報漂流劇 ひょっこりひょうたん島

あの大人気人形劇を串田演出で初めて舞台に ひょうたん島とともに"あのころ"へ旅に出る

  • 公演:
  • キャスト:井上芳雄、安蘭けい、山下リオ、小松和重、山田真歩、ほか

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のインタビュー

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP