HEADLINE

インタビュー

劇団四季ミュージカル『コーラスライン』 竹内一樹にインタビュー!「苦しくてボロボロになって立ち上がる過程を楽しみました」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブロードウェイの舞台に生きるコーラスダンサーたちの人生を描いた劇団四季のミュージカル『コーラスライン』。1979年から35年以上に渡って上演され、上演回数2000回を達成した四季のレパートリー作品だ。新作ミュージカルのオーディションで最終選考に残った17人のダンサーたち。演出家・ザックは彼らに自らの言葉で語るよう求める。「どうしてダンサーになろうと思ったんだ?」戸惑いながらも心情を語り出すダンサーたちの“人生”とは…。本作でボビー役を演じる一人、竹内一樹から「リアル・コーラスライン」な舞台裏の話を聞いた。

『コーラスライン』 竹内一樹インタビュー

関連記事:劇団四季『コーラスライン』観劇レポート!~これは私たちの物語~

◆4年振りに『コーラスライン』ボビー役と向き合う

――竹内さん、4年振りのボビー役ですね。

4年前に初めてボビーを演じると決まった時は、本当に自分にこの役が務まるのか正直不安もありました。『コーラスライン』は劇団四季が大切に上演してきた作品で、ボビーは錚々たる先輩方が演じられた役でもありますし。

他の多くの役柄はソロナンバーがあって、その中で心情を表現できるのですが、ボビーはほぼ“話術”で気持ちを伝えなくてはいけません。4年前は“台詞”という壁にまずぶつかって、何とかその壁を乗り越えようともがきました。

『コーラスライン』 竹内一樹インタビュー_2

――ボビーはある意味、とらえどころが少ない…難しい役だと思います。

僕も客席で初めて『コーラスライン』を観た時は、ボビーという人間の内面がどうなっているのか、彼の心情を必死で追っていました。例えばなにか悲しい事やつらい事があった時に、ボビーはそれを真正面からストレートに受け止めるのではなく、少し斜めの方向からかわすように受け容れていく人なんじゃないかと思うんです。彼がそういう風に生きているのは、家庭環境や父親との関係も影響しているのでしょうね。

――一緒にオーディションを受けているシーラとの関係性も改めて面白いと感じました。

シーラとはオーディション仲間です。年代も同じという設定ですし、二人の関係は“戦友”と表現して良いかもしれません。他にもザックを始め、アルやキャシー、グレッグもほぼ同じ年代です。皆、共に戦ってきた仲間なんですね。

――今回の公演では、コーラスダンサーたちの細かい人間関係がより明確に現れていた気がします。

それは嬉しいです!ありがとうございます。これまで『コーラスライン』に出演してきた先輩方から、17人のメンバーの中での細かい人間関係についてのお話はありました。僕の場合、4年前にボビーを演じた時は、ラインで隣に並んでいるビビと劇中でそんなに交流はしていないんです。今回の公演ではビビ役の出演経験者でもある礒津ひろみさんから「ボビーとビビもオーディションで顔を合わせたことがあって顔なじみ」と伺って、その辺りの関係性も心に置いて演技をするようにしています。

『コーラスライン』 竹内一樹インタビュー_3

――演出家・ザック役のお一人、荒川務さんもボビー役の経験者ですよね。

荒川さんからは本当にたくさんのアドバイスをいただきました。普段から親しくお話させていただいているのですが、今回もボビー役の先輩としてたくさんの“宝”を受け継いだ気がします。ボビーってちょっと斜め上っぽいところもありつつ、つらい経験を乗り越えてきた人なので、他者に対して思いやりもあるし、スマートで優しいところもあり…実は女性にモテるんじゃないかと思っているんですよ(笑)。

――4年の月日を経て再びラインに立って、心境の変化はありましたか?

4年前に初めてボビーを演じた時は分からないことだらけで、とにかく必死に役と台本とに向き合っていました。あれから時が経って、いろいろな経験をさせていただいて、自分では引き出しが増えたのではないかと感じています…視野も広がったと思いますし。

――ボビーは最初の振り落としで一旦落ちたと思って帰りかけるんですよね。そこでザックに戻されて列に並ぶ…あの時の佇まいを観て、とても繊細なキャラクターなのだと改めて認識しました。

彼はとても繊細です。そしてある意味切り替えも早い。あの場面は落ち込んだり疑問を感じたりというよりは、すぐ諦めて「次に行く」という気持ちで演じています。あとは、グレッグがちょっと恥ずかしい告白をする場面でさり気なく「僕もさ」と助け舟を出したり。分かりやすい形で人を助けるというよりは、誰かが心の傷を見せた時にすっと歩み寄って自然にサポートする…そういう人柄なのでしょうね。

――もし竹内さんが女性だったらどの役を演じてみたいですか?

ヴァルです!

『コーラスライン』 竹内一樹インタビュー_4

――即答いただきました(笑)!

僕はボビーとヴァルがすごく似ているように思うんです。二人ともたくさん悲しい思いをしてきた人間で、それを乗り越えようと努力してもがき、今は明るくポジティブに生きようとしています。ヴァルのそういう姿勢にボビー役を演じる身としてはとても共感するんですよ。

――そのボビーやヴァル、グレッグの「乗り越えた」感が「乗り越えられない」ポールとの対比にもなる訳ですね。ラインに立つ17人のダンサーを演じる俳優さんたちの間でお稽古中にディスカッション的なことはあったのでしょうか。

例えばシーラ、ビビ、マギーが「アット・ザ・バレエ」を歌う場面で、他のダンサーは彼女たちの後ろでバレエを踊るんですが、その時僕たちは“現在の自分”として踊るのか、それとも“シーラたちが通っていたバレエスタジオの仲間”として踊るのか、“過去の自分”として踊るのか…全員が統一見解を持ってあの場面にいられるよう、話し合ったりはしました。そういう時に長くこの作品に出ている先輩方からいろいろお話も伺えて、とてもありがたかったです。

――先ほど以前に比べて「引き出しが増えた」「視野が広がった」というお話がありましたが、なにかきっかけとなる作品が?

経験させていただいた作品全てが糧になっていると思いますが、やはり『リトルマーメイド』のエリック役をやらせていただいたのは大きかったです。

003817_12.jpg

【撮影:下坂敦俊 (C)Disney】

――以前、同じエリック役の上川(一哉)さんにお話を伺って驚いたのですが、海外スタッフからはお稽古場での靴の指定があったとか。

エリックは王子なので、稽古場でも王子らしくということで、ダンスシューズがNGだったんです。革靴を履くように指定され…最初はすごい衝撃でしたね(笑)。革靴の上にジャージというのも変ですので、稽古着も白いシャツにジャケットがメインでした。

――四季の場合は同じ役を何人かの俳優さんが演じられますが、上川さんとはどんな風にコミュニケーションを?

エリック役の稽古の時に、上川君が言われたことは僕が全て記録をして彼に伝えましたし、僕が稽古をしている時は彼が全く同じことをしてくれました。情報交換も沢山しましたよ。

★厳しい稽古を経て掴んだものとは? 竹内さんの人柄が見えるインタビュー後半はこちら★

(文/上村由紀子)

コーラスライン

作品情報コーラスライン

ブロードウェイの歴史を塗り替えた異色のバックステージ・ミュージカル!

  • 公演:

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のインタビュー

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP