HEADLINE

インタビュー

『フランク・ワイルドホーン&フレンズ ジャパンツアー』フランク・ワイルドホーンと和央ようかにインタビュー!「僕たちの出会いはとても“クレイジー(笑)”な現場だったんだ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年12月に東京と大阪の二カ所で開催される『フランク・ワイルドホーン&フレンズ ジャパンツアー』。『ジキル&ハイド』『ドラキュラ』『シラノ』『スコット&ゼルダ』『デスノート The musical』などを手掛けた作曲家、フランク・ワイルドホーンと彼が信頼するアーティスト&ミュージシャンが集結するゴージャスなコンサートだ。本コンサートのホスト役、ワイルドホーン氏と、公私ともに彼のパートナーとなった元・宝塚歌劇団宙組トップスター、和央ようかに話を聞いた。

フランク・ワイルドホーン、和央ようか1

関連記事:【動画】元宝塚・和央ようかと婚約者フランク・ワイルドホーンの初共演!

――日本での最新上演作『スコット&ゼルダ』、本当に素晴らしかったです。ご自身の作品が日本で愛される理由はどこにあると思われますか?

ワイルドホーン(以下FW):僕が仕事をさせて貰っているいくつかのカンパニーと、素晴らしいリレーションシップを築けているということがまず挙げられるね。でも、その“素晴らしい関係”がなぜ築けているのかは言葉で論理的に説明できるものではないんだ・・・恋愛と同じようにね。僕の音楽が日本の観客の皆さんの魂に届いているとしたら、それは本当にうれしいことだし、感謝の気持ちで一杯だよ。

フランク・ワイルドホーン、和央ようか2

――お二人の出会いは和央さんの宝塚退団公演『NEVER SAY GOODBYE』の時と伺っています。

和央:ブロードウェイでも著名な作曲家であるワイルドホーンさんが、私たち宝塚歌劇団のために作品を書いて下さるということで、とても光栄でしたし恐縮もしました。実際にお稽古に入ってみると、全ての曲が生き生きと輝いていて、ドラマティックでありながら、とても歌いやすいことに驚いたりもしましたね。

作品の舞台がスペインということもあって、スパニッシュなアレンジのナンバーも多かったのですが、メンバー全員がこの楽曲を歌えることに興奮していたと思います。今でも当時のメンバーが集まると、必ずその時の話になるんです。

FW:あの時のプロジェクトはある意味クレイジーだったね(笑)。作曲家の僕はアメリカ人だし、作・演出のシュウ(=小池修一郎氏)は日本人、物語の舞台は内戦時のスペインで、それを演じるのは男性役も含めて全員女性の宝塚歌劇団・・・今、こうして話していても“どうかしてる”企画だと思うよ(笑)。だけど本当に素晴らしい体験だったし、公演も最高だった。でも何より最高なのは、この作品がきっかけとなって、たかこ(=和央ようかの愛称)と出会えたことだけどね。

――その後、和央さん主演の『ドラキュラ』でさらに関係が深まっていくのですね。

和央:『ドラキュラ』再演の時からですね。

FW:そうそう、たかこが英語をマスターした時からだね(笑)。

フランク・ワイルドホーン、和央ようか3

――和央さんはワイルドホーンさんとのコミュニケーションのために英語を?

和央:『NEVER SAY GOODBYE』で一緒にお仕事をした時から「友達でいようね」と言っていただいて、メールのやり取りは続けていたのですが、当時英語が得意でなかった私は、短い文章でも返信するのにすごく時間が掛かってしまっていたんです。でも彼のレスポンスはいつもとても早くて。会う度に「英語を勉強して」と何回も言われて、「もう、分かってますから~」って(笑)。

そんな時、ちょうど『ドラキュラ』再演の前にまとまった時間が作れたので、英語の勉強をするため、NYで短期留学をしました。そのNY滞在中に連絡をいただき、現地でも彼と会いました。

FW:彼女がここまで英語を話せるようになるまでたった2年しか経っていないんだ。たかこは謙遜しているけど、NYでは洗練されたアーティストたちにいつも取り囲まれているんだよ。それは素晴らしいことだよね。

コンサートで生まれる華やかなケミストリー

フランク・ワイルドホーン、和央ようか4

――12月に日本で行われるコンサートではヨーロッパ、ブロードウェイ、そして日本と大きな化学反応が生まれそうです。

FW:これは僕の哲学なんだけど、音楽には境界線がない。だから僕が楽曲を作ったのと同じパッションを持ってシンガーが歌ってくれれば、世界中どこの国でも同じように曲に宿った思いを観客に届ける事が出来るんだ。今回のコンサートに参加してくれるアーティストたちは全員スペシャルな歌い手ばかり。本当に素敵なケミストリーが生まれると思うよ。

――ワイルドホーンさんの楽曲を歌うには“スタミナ”が必要だと良く言われますが。

FW:僕はずっとスターと呼ばれるアーティストたちに楽曲を提供して来て、彼らを輝かせるためにはどんな音楽を作ったらいいのか常に考えてきたんだ。人を感動させ、心を動かすのはそんなに簡単なことじゃない。アーティストは芸術家であると同時にアスリートでもあるべきで、僕の曲を歌うのにパワーやスタミナが必要と言われるのはそういう事かもしれないね。


★『デスノート The Musical』に真のプロデューサーがいた!?作品を生み出すヒントなど、興味深いお話は後半へ続きます!★

(文/上村由紀子)

RELATED TOPICS

関連記事

注目のキーワード

今エンタステージで話題のキーワード一覧

RANKING

アクセスランキング

HOT ENTRY

注目のインタビュー

INTERVIEW

独占インタビュー

TOP